ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

死去  


9月11日 木曜日 午前1時38分。

父さんが亡くなりました。



関連記事

category: 雑記 - 少しまじめに語る

thread: 病気 - janre: 育児

コメント

ありがとう

bennymamaさん、ありがとう…

私の周囲の人よりも遠い存在であるはずのbennymamaさんが、
誰よりも優しい言葉をかけてくれるなんて…、涙腺が緩みますよ^^


いっぱい悩みました。苦しみました。そして、いっぱい泣きました。
これまでに感じたことのない、とても大きな喪失感。
親を失うってことは、ものすごくエネルギーがいるのですね…

でも、そういう親子関係を気づいてこれて、私は心から嬉しい。
亡くなった今でも尊敬できる父さんを、私は誇りに思います。


しかし、悲しみに捕らわれてばかりいては、前へと進めません。

飛行機で戻ってきた夜に、おかさんから言葉を貰いました。
「あなたの家族は、いつもそばにいるからね」 と…^^
そう、おかさんが、ちゅぱおが、ちゅぱみがそばにいる。

これほど頼もしいものはありません。本当に自慢の家族です。

父さんがそうしてくれたように、私は自分の家族をしっかり支え、
そして喜怒哀楽の心に満ち溢れた、素敵な家庭を育まないと!

それが一家の大黒柱である父親の使命なのですから…

今はそういう心境でいます。
なのでこれまで通り、そっと温かく見守っててくださいね^^


少し冷静になってきたので、父さんの最後の2週間を、
私の視点でまとめたいと考えています。

それは、息子である今の私の使命だと、私は思います。

おとさん #- | URL
2008/09/21 02:23 | edit

おとさん

おとさん、
なんて声をかけさせていただいたらいいか、わかりません。
言葉になりません。
でも、おとさんが記事を書いてくださったのかだから、わたしも何か残します。

この前の記事、読んでいて、おとさんの気持ちがとても伝わって、涙が出ました。
おとさんも、お父様もお元気で気丈にがんばっていらっしゃるのに、私が泣いたら失礼だと思いましたが、涙をこらえたら喉のおくがとても痛くなって、ガマンできなくてないてしまいました。

情の深い、あったかいおとさんですもの、おつらいでしょう。
いっぱい泣いてくださいね。
ちゅぱおくんがいようがちゅぱみちゃんがみていようが、今は心のままにしてください。

がんばって元気を出すこともないですよ。
大好きな大事な、かけがえのない人を失ったのですから、時間がかかって当たり前です。
どうかいっぱい泣いていっぱいお父様をおもってください。おとさんの気持ち、まちがいなくお父様に届いていると思います。

またおとさんが笑顔で日記を書いてくださる日をゆっくりまっています。

お返事も結構です。

では。

お父様のご冥福をお祈りします。

bennymama #- | URL
2008/09/19 15:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pensworks.blog67.fc2.com/tb.php/89-8795e99f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー