ちゅぱお と ちゅぱみ と ちゅぱろう - へっぽこ父さんの育児日記 -

0歳児くんと兄妹のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

ちゅぱおとトイレ  


ちゅぱおはオムツを卒業した。
そう、自分でトイレに行けるようになったのだ。

トイレトレーニングをあれこれと頑張ったワケではない。
ただ、家のトイレを意識しだし、幼稚園でも友達がトイレを使うのを気にし、
おしっこ = トイレ というのを理解したようなのだ。

そのトイレを意識しだしたちゅぱおの背中を、おかさんがポンと押した。
なにげにおかさんは、そーいうところがうまいと思う^^
本当に “トレーニング” なんて仰々しいことはしなかったもんね。

幼稚園はいい刺激になってるんだろうなぁ~。お友達のまねっことかw
あと 「いないいないばぁっ!」 のおしっこの歌もなにげに効果あったかな?

なにはともあれ、とっても良い傾向~^^
3歳半。6月。これから熱くなる季節。いい時期だね♪

「お父さん、お母さん、ちょっとトイレ行ってくるね!」
セリフもしっかりしたもの^^ 偉いぞ!

ちゃーんと水で流し、手も洗って、ひとりで出来るんだから立派だ。

最初はトイレのドアを開けっ放しで、ちょっとそこにいて的な感じで、
おとさんかおかさんがドアの近くにいてあげたのだが、
最近は自分でドアを閉めて、ひとりで中でゴソゴソと頑張っているw

まぁ大概、「ねぇねぇお母さん、おしっこいっぱいしたよー!」 とか言って、
パンツも履かずに走り回るのだがw

トイレでウ○チもできる。「ちょっとお腹痛い…」 って言い出したら、それだ!
この1ヶ月でトイレ全般を覚えたんだから、しっかり褒めてあげないと♪

ちょくちょく無駄に水を流しまくるって、悪い遊びもしてしまうけどね…^^;

おかさんが命名したのか、幼稚園で教わったのか、はたまた自分で名付けたのか?
普通の子供パンツを 「お兄ちゃんパンツ」 と呼び、誇らしげに履いているw

トイレトレーニングで思うこと。

「もう3歳になったんだから…」 とか 「大きくなったからそろそろ…」 とか、
親や周りの人が勝手に慌てていないだろうか? 騒いでいないだろうか?

子供には子供の…、その子にはその子の ペース 、そして タイミング がある。

自分に照らして考えてみればよく分かるはず。何かを自分でしようとしている時に、
周りから早く早くと急かされたら…、嫌な気分になりませんか?^^:
自分には自分のペースがありますよね? それは子供だって同じなのです。

無理に急かさなくても、成長とともにオムツは外れます。
身体の成長と心の成長。両方が伴って、その子のタイミングで外れるのです。

……多分、ねw

いいじゃないですか、それまでオムツでも。オムツは大事な友達なんだからw
子供が慌てていないのに、周りが勝手に慌てない、騒がない^^

そして、周りが急かすがままに流され、子供を急かしてもしょうがない。
我が子の育児は、親が考えるもの。自信を持っていこう!!

(でも、まだ不慣れでおもらしもしてしまいますw ガンバレ!!)


関連記事

category: 育児 - ちゅぱおくん編

thread: 日常のひとコマ - janre: 育児

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pensworks.blog67.fc2.com/tb.php/84-91e75c80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー