ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

友達との関わり方  


ちゅぱおくん、スポーツ少年団の 1泊2日の春合宿 (勉強合宿) に行ってしまいました。

0601春合宿

合宿前、同じ少年団に通う上級生と、ひと悶着があった。
よく送迎バスの中でその子から暴言を吐かれるそうだ。口ゲンカなんてよくあることだけど、
程度が違うのか、ちゅぱおはおかさんに 「もうバスには乗りたくない…」 と言ってきた。

そんな問題について、おかさんから少年団事務所に一声かけてもらった。

先生がふたりと話しをしたら、どうやら上級生は “裁判遊び” をしていたんだとの言い分。
結果、先生は 「双方の話しを聞いたら遊びだったみたいです」 と報告してきた。
裁判遊びとは何ぞや? まぁ子供なんて何にでも影響されてすぐ遊びにするけれど…

おとさんはちゅぱおに話しを聞いた。「先生と上級生との話し合いはどうだった?」 と。
最初もやもやとした曖昧な返事だったけど、途中から悔し涙を流し始めるちゅぱお。
自分の主張がちゃんとできず に、上級生の言う遊びの話しにまとめられちゃったそうだ。
自分は遊びに参加してないのに、一方的に巻き込まれ、挙げ句、いつも犯罪者扱いになり、
「凶悪犯罪者!」  「みんなに謝れ!」  「罰を受けろ!」 などと言い続けるらしい…

もう本当にアホかと。なんつーくっだらない遊びだよ。

もちろん子供の 妄想遊び であり、ちゅぱおは犯罪どころか、むしろ何もしていないんだけど、
でもそんなことを毎回勝手に言われ続けたら、そりゃあ気分もよくないし、腹だって立つし、
周りの子にも悪影響が生まれるし、だけど上級生が相手だから逆らえないし…、なんだろうな。

おとさんはちゅぱおを連れて 「事務所に行ってもう一度話そう」 と言い、車を走らせた。
ちゅぱおは最初 「またその話ですか? って言われるよ…><」 と尻込みをしていたけど、
その話だろうがこの話だろうが、二度目だろうが三度目だろうが、
こういうことは早い内、エスカレートしない内に、ちゃんと解決させないと前へは進めない。

おとさんは目の前で少年団の先生と話しをし、ちゅぱおはそれをただ黙って聞いていた。
これはお遊びなのか冗談なのか、悪ふざけやいじわるなのか、それとも “いじめ” なのか…
こんなもの、立場が変わればどうとでも言えるかもしれない。…が、少なくとも、
一方が楽しんで笑っていても、もう一方が嫌な思いをしているのなら、それは遊びじゃない。

上級生と下級生、先輩と後輩、経験者と未経験者、多人数と少人数、違いはいろいろある。
同級生とだって、男子と女子とだって、何だって立場はころころ変わったりする。
いじめる側といじめられる側。またいじめられる側が、別ではいじめる側になったりもする。
本当によく気をつけなければならないことだ。

合宿前だからこそ、先生との話し合いとは別に、ちゅぱおともよく話した。
「自分が嫌だと思うことは、人にはしない。 逆に、自分が嬉しく思うことを、人にしよう^^」

単純な話しだけど、結構難しいよね。でも、それを 意識すること が大事なんだ。
うまくできなくても意識していたら、きっとそのうち言葉にも態度にも顔にも表れるようになる。
小さな笑顔を積み重ねて、いつか大きな笑顔になるように、こつこつやっていこうね^^

ま、父親なんてこんなことぐらいしかできない。それでも少しでも心の支えになれればいい。



その後、危惧していた合宿ではそういう問題は起きず、むしろ楽しみまくって帰ってきたw
「あー楽しかったー!^∀^」  おとさんはその感想を聞けただけで十分だよ♪


関連記事

category: 育児 - 子育てお悩み思想

thread: 小学生の子育て♪ - janre: 育児

tb: --   comment: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。