ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

夏締花火も5年目☆  


夏の終わりを花火で締めくくる、おとさん10年継続マニフェスト “夏締花火” も、今年で5年目。

日中は雨模様で、しかも風もわりと強く、「花火出来るかなぁ?」 と不安げではありましたが、
なんとか雨も上がり、明日の二学期始めの用意もすべて済ませ、無事に花火を行ないました^^

0831花火01

5年前は怖くて花火が持てなかったちゅぱみも、ほらこの通り♪ (3歳じゃまだ仕方ないかw

0831花火02

ですが、風で煙があっちに煽られこっちに煽られ、写真を撮るのもひと苦ろu …ゲホッゴホッ!!

0831花火03

子供時代の10年間、続けてあげよう! と決めた、夏休みの最終日、花火Dayプロジェクト。
そう始めてもう5年。あっという間だね~。よくもまぁ続けてきたもんだ^^

子供たちも楽しみにしてくれるようになったから、その期待を裏切らないように、
そして “子供の頃の夏休み” という宝物のような時期、時間をステキな思い出で飾れるように、
これから先、残り5年間もちゃんと約束どおり続けて行こうじゃないかっ♪


夏休みが終わりに近づき、あと一週間…、あと3日…、今日で最後…、と指折り数える時、
おとさんはいつも思う。 「今年の夏も、ちゃんと満足させてあげられただろうか?」 と。

海で泳いだ、カブトムシを獲った、盆踊りで踊った、キャンプも楽しんだ、旅行もした、そして花火…
夏の風物詩、夏休みの思い出の代名詞的なこと は、やったと思う。…やれていると思いたい。
だけど毎年思う。満足してくれたかな? と…。それはどことなく 強迫観念 に近い気がする^^;

おとさんは特に大した父親ではなく、贅沢ができるような裕福な家庭でもない。

だけど、子供たちが夏休みを謳歌し、少なくとも、したいこと・させたいことができる家庭であり、
二学期が始まったときに、友達同士で夏休みの楽しい話ができるような、思い出を語れるような、
そんな夏を過ごさせてあげたいと思う。出来る限りそんな家庭でありたいと思う。

こんな想いを抱くのは夏だけ。夏休みだけ。他の季節とは意識が全然違う。
同じ夏は二度と来ない。後で、ああしたかったこうしたかった、と悔やむことが少ないように、
限りある自由な時間、限りあるお財布の中身 (w) で、精一杯のことをしてあげたい。

親は親で、子は子で、いつか この頃の夏の思い出 を振り返ったときに、笑顔になれるように^^


さぁ、花火で夏を華やかに締め、二学期だ! 今年の秋もいろいろとがんばっていこーね♪



関連記事

category: 育児 - 恒例イベント … 夏

thread: 夏休み - janre: 育児

tb: --   comment: 2

コメント

ずっと残る思い出

>おでかけ親父さん
我が家は男四人兄弟で、子供時代はほんとに楽しかった^^
今、人の親になって、あらためて我が親を尊敬します!
男四人…ハンパなかったんだろうなぁ~ww

家族揃って江ノ島や九十九里に海遊びに行ったり、
花火大会、盆踊り、川遊び、京都や福島への旅行など、
もちろん宿題祭りもあったw そんな宝箱のような夏休み。

「夏休みってめちゃ楽しいんだよ^^」 って、
親から子へ、子から孫へ、そうした思いを繋いでいきたい。


そして、ちゅぱみバースデー、ありがとうですww


おとさん #- | URL
2013/09/05 13:05 | edit

満足か 不満かは別にして・・・
こういうのは、ずーっと頭の中に残るもの。。。
そして、いつか 自分が親となったときに
自分の子に 同じことをするのです。

私は父親が
ホントによくいろいろ連れてってくれる人だったので、
そういうもの と思って今があります。

ずーっと覚えててくれますよ。
そしてこの夏締花火が
20~30年後に また行われるでしょう、きっと・・・。


あっ ちゅぱみ ちゃん、
ハッピーバースデー (*´∀`*)

おでかけ親父 #- | URL
2013/09/04 15:58 | edit

コメントの投稿

Secret

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。