ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

敗退  


雨天で延期になっていた 子ども会球技大会 が、先週の日曜日に小学校で行われた。
我が家のちゅぱおとちゅぱみは、こちらで再三記事に書いてきた、ドッジボール大会 に参加。

校区の子ども会1支部~6支部までの総当たり戦で、これに優勝すれば学校の代表として、
市の球技大会に参加する権利が与えられる。昨年は、我が6支部が優勝し、市の大会に出場。
しかし予選は連勝して突破するものの、決勝トーナメントで惜しくも敗れた…
だから今年はその リベンジ がかかっている! 市大会に出るまで負けるわけにはいかない!

0715大会01

だが、結果的にはタイトルのとおり、優勝することは叶わず、市大会へのキップを逃した…

気温が軽く30℃を超える炎天下の中、子供たちは汗だくで、顔を真っ赤にしながら戦った。
熱中症にならないようこまめに休憩をとり、保護者も冷やしタオルや補給ドリンクなどでサポート。
本当に熱闘となったドッジボール大会。へたっぴながらも子供たちは持てる力を出しきった!

0715大会02

1年生から3年生までの参加なので、3年生 (最上級生) であるちゅぱおは今年が最後の参加。
平日、休日問わず、おとさんと影でドッジボールの自主練習を何度も繰り返したのを思い出す。
最初に比べたらめちゃめちゃ上手になったんだけど、それでも勝てなかったね…

0715大会03

上級生らしく、お兄さんらしく、下級生に支持を出したり、休憩を取らせたり、声掛けをしていた。
別にキャプテンでも何でもないが、恐らく面倒見のよさとかで監督に抜擢されたのだろう。
うん、他の3年生よりもしっかりしている感じがして、立派に見えたよ^^ 大役、ご苦労様だね。

今年初参加のちゅぱみは、見よう見まねだったけれど、それでも持ち前の負けん気を発揮し、
たいがい棒立ちになる1年生の中で、何度もボールを拾おうと動いていた^^
近くの3年生にボールを渡す役でしかなかったけれど、それでも試合を肌で感じたはずだ。

0715大会04

あっちくてへろへろにもなっていたけど、がんばったがんばった!! 偉かったよ^^

試合は、6支部伝統の 高速パス が、今ひとつスピードに欠け、また点を獲られたら熱くなって、
パスを忘れて安易な攻撃に走り、リズムを狂わせてしまったのも敗因に繋がった模様…
途中で急に行った奇策的なポジションチェンジも、思った効果が得られた感じでもなかった。

0715大会05

長年勤めたドッジボールの現監督は、今期で引退を表明。
ここ近年、6年連続で監督をされたので、6支部のスタイルは現監督が築き上げてきたものだ。
優勝回数も多く、市の大会 「市子連」 の球技大会も常連だった6支部。
引退により来年からはどうなるのだろうか? 6支部の保護者の中の誰かに託すのだろうか?

惨敗した6支部のみんなは泣いた。ちゅぱおは涙こそ出なかったけど、悲しい顔をしていた。

そこには、大変だった練習や行事がやっと終わった~なんて喜ぶ “不届き者” なんていない。
どんなに暑かろうが、どんなに大変だろうが、もうひと勝負、もう一勝を求め、
最後の最後までがんばった子供たち、そしてその子供たちを見守り声援を送った保護者たち。

しかし努力さえすれば誰もが必ず勝てるわけではない。だとしたら全支部が負け知らずとなる。
いろんな原因が重なって負けに繋がったのだろうけど、大事なのは、負けを肥やしにして、
次のステージで勝てるように自分の歩みを進めて行かなければならない というところ。

ちゅぱおは4年生から始まるソフトボール大会で、またちゅぱみは来年のドッジボール大会で、
今回の負けた経験を乗り越え、次の勝ちを掴みとりに行かなければならない。
そうした思い、考え方が、その先にじっくりと控えている 自分の長い人生 へと繋がっていく。

さぁ、今からはまたチャレンジャーだ。何に対しても貪欲に勝ちにいこうぜっ!!



関連記事

category: 育児 - 校区の子ども会で

thread: 小学生の子育て♪ - janre: 育児

tb: --   comment: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー