ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

中心選手を目指せ!  


父の日の日曜日。
お暑い中、3時半までビーチで遊んだ我が家w さて、これから6時までドッジボールの練習だ。
昨年、地区優勝した我が子ども会6支部は、もちろん 連覇 に向けて厳しく練習するのである!

で、チームの足手まといにならないよう、活躍するために影で練習を積んできたちゅぱお。
どーれどれどれ、その上達した姿を見てあげつつ、(ブログ用に) 写真でも撮ってあげるかな~
なーんて思いながら、木陰で他のパパさんと談笑していたら、突然、監督から、

「お父さん方、練習に参加してサポートしてもらえませんか?」

ええっ!? 私も参加するん?? (監督に懇願されたらやるしかないでしょw

あれよあれよと練習に参加^^; ボールのキャッチの練習やフォーメーションの練習に対して、
延々と投げる役になったり、敵チーム役になったり、遠くに飛んだボールを拾いにいったり…
気温28℃という炎天下の中、わりとこき使われるパパふたりww ちょ、限界ですけど><

しかも子供は3~4人ひと組で、ローテーションでぐるぐる回るのだが、こっちには交代要員なし。
いやぁ~監督も相当気力・体力ないと、これやっていけないよなぁ~。ほんと恐れ入ります。

そうして、他の子供たちの練習をサポートしながらも、目では我が子ちゅぱおを追う。
うん、投げ方・捕り方とも多少はさまになってきたし、監督にもちょいちょい褒められてはいるが、
でも “まだまだ” な感じ^^;

たぶんそう思うのは 気持ち・気迫 の部分だろうね。

全体を見渡すと、ちゅぱおの実力的には、6支部の3年生20人弱の中では 中の上くらい か。
恐らく自主練をする前は であったろうし、やかましい性格なのでただただ問題児だったはず。
合同練習を見に行くおかさんは、まじめにせずギャーギャーうるさく騒ぐだけのちゅぱおを眺め、
居たたまれない気持ちだったろう。まじめに練習する子のジャマばかりで申し訳なかったろう。

そんなおかさんへ、おとさんはちゅぱおと自主練習を始める前に、こう宣言した。
「旦那と息子を信じててな。必ず胸を張って応援できるように、鍛えてみせるから」 と。

そこから、平日は会社から早く帰って来れたら夕飯前まで1時間ほど練習。週2回くらい。
土曜や日曜は天気が悪くなければ、午前中2時間くらいみっちり練習した。
学校のお昼休みも、必ず友達を誘って “ドッジボール” で遊ぶようにって約束しておいたw

そうして3週間。

さすがは吸収力がスポンジレベルの小学生。めきめき上達していく姿に、父として誇らしかった。
今回のちゅぱおは、練習を積むことで練習をしていない子との差を縮め、場合によっては抜いて、
おかさんもそこそこ安心して見ていられる感じだったことだろう^^ (そう思いたいw

だけど上記の “まだまだ感” それは 気迫。
「絶対に当ててやるっ!!」  「絶対に捕ってやるっ!!」 という気持ちが足りないのだ。
実際にはちゅぱおより上手ではない子でも、声を出して、気持ちを込めて、前に出ていく姿は、
それだけで本気さが伝わってくるし、頑張りたい勝ちたい! って思いが感じられて良い。
基本的な投げ方・捕り方ができるようになった、その次の段階。
どうすればうまくなれるか に繋がる大事な部分だ。それがないと上達は望めない。

気持ちの持ちよう、というのは、簡単なようで一番難しいところである。
これをどうにか意識させて、もう一段階上を目指したい。6支部にとって必要な存在にしたい。
目標は 「ちゅぱお君がいないとヤバイんだ! 入ってくれ!」 と言われるようになること^^
もしそうなれたら、より気持ちが高まり、自分に自信を持って、その先へと行けるようになる。

何かひとつのことで自信が持てたら…、地道に努力した分だけ結果が出るんだとわかったら…
何に対しても前進する勇気が生まれる。スポーツに限らずいろんなことで思考がプラスに働く。

そんな、ちゅぱおに必要な自信を持たせてあげたい。おとさんはそう思い、今日も練習です♪



関連記事

category: 育児 - 校区の子ども会で

thread: パパ育児日記。 - janre: 育児

tb: --   comment: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー