ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

渓谷のもみじ狩り  


「今年はどこの紅葉を見に行こうかな?」 と思案しながら、なんだかんだと約3週間。
その渦中いろいろ考えた。もちろん綺麗な紅葉が見られることは言うまでもないけど、
気分転換になれる場所、癒しが得られる場所、健康的な場所、旅行気分を味わえる場所…

そういったもろもろの求める点を 全て網羅してくれそうな場所 を考え、今年はココに決めた。

1120紅葉01

県内屈指の景色を誇る名勝地。美しい渓谷に沿った長大な遊歩道。その距離 ゆうに6km!
もちろん6km全部を歩きませんw 2kmちょっと行ったところにある、途中の茶屋までの往復路。
直前に今年のグラコロを頬張り、エネルギー満タンでいくぜっ! (デミチーズうまかった~^^

「さぁスタートだっ!」  と意気込むちゅぱお。途中まででも2km超、往復だと5km近くあるぞw
調子に乗って、ヘバんなよ~弱音吐くなよぉ~^^; なんて感じに目的地までウォーク開始!

1120紅葉02

1120紅葉03

1120紅葉04

1120紅葉05

圧巻の早瀬や渓流瀑、対岸の色づいた山。その間を縫うように進む細い遊歩道ではあるけど、
さすがは観光名所! 老若男女問わず行き交う人の多いこと。
中には完全な登山仕様で来ているカップルや、高価なレンズを付けた一眼レフを持ち歩く人、
散歩のようなサンダル履きのおっちゃんや、赤ちゃんを背負った若い女性までいたりして、
なんかすごいな と思ってしまいました^^ うん、やっぱ観光地は違うわww

1120紅葉06

たかが2km、されど2km。しっかり舗装された道ではないので、砂利道あり、土の階段あり、
剥き出しの石の上に落ち葉が溜まり、前日の雨で湿っているので 足元滑る要素満載^^;
そこをしっかり手を繋いで歩いたり、手すりにつかまったりしながら、どうにか茶屋に到着~。

茶屋でぜんざいを頬張り一息♪ 全身で休憩しながら、森の息吹や渓流のイオンに癒される。

おかさんはかつて幼少の頃、この茶屋まで、今は亡きおじいちゃんと来たことがあるという。
今のちゅぱみと同じ年齢の頃だとすると、その頃のおじいちゃんは50~60歳くらい。
自分たちで歩いてきたから分かるが、簡単な道ではない。気軽に来れる場所でもないと思う。
それでもおじいちゃんはここが好きで、小さい孫娘を連れてきてあげたかったんだろうな…
しっかりと手を繋ぎ、気を付けながら元気よく歩いた…。今のおかさんとちゅぱみのように♪

思わず、かつての景色、かつての空気、かつての思い出に邂逅できて良かったね、おかさん^^

1120紅葉07

もうかなり散ってしまってる紅葉。ちゅぱみが 「まだもみじ狩りしてない><」 と嘆くので、
色づいたもみじを探しつつ (落ち葉も含めてw) ついでに どんぐり狩り もしましたww

1120紅葉08

こんなところも発見っ! 澄み切った水たまりの中に対岸の紅葉の山が写ってる!
逆さ富士ならぬ、逆さ紅葉 じゃないですか^^ なんかイイものが見れて得しちゃった☆

そうして渓谷の紅葉を楽しんで帰ってきました。行きよりも帰りの方が早く感じるね~。
スタート地点の茶屋に到着した頃には日も傾き、澄んだ山の空気が冷たくて吐く息も真っ白。
茶屋前に設けられたドラム缶の焚火にあたりながら暖を取り、
おかさんはおじいちゃんと食べた、思い出のあゆの塩焼き (串焼き) にご満悦でした^^

1120紅葉09

あ、はい。おとさんもちゅぱおもちゅぱみも食べましたよ。綺麗にとは言えませんけどww

車で2時間ちょい走ったところなので、少々遠いと言えば遠い。でも来れない距離じゃない。
おとさんは初めて訪れた場所、おかさんは本当に久しぶりに来た場所。
感じ方は違うけど、でも得られたものはそれほど違わない。とてもいい体験のプチ旅行でした♪

そうして、おかさんと手を繋いで歩いていると、そこを目ざとく見つけたちゅぱみ。
「あーっ! おとさんとおかさんが、ラブラブしてるぅ~(^∀^」
やっかましいわwww はよさっさと歩けwww

1120紅葉10



関連記事

category: 育児 - 恒例イベント … 秋

thread: 家族でお出かけ - janre: 育児

tb: --   comment: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー