ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

夜行バスの魅力  


「一度ちゃんと書き留めておこうかな?」 と思っていた記事^^;
昨年のお盆と年末の帰省に、飛行機や新幹線ではなく 夜行バス を利用した我が家。

0813帰省01

我が家からおとさんの実家までは、飛行機では1時間30分。新幹線だと4時間超の移動距離。
夜行バスだと軽く10時間を越えますw それでもおとさんは、このバスでの移動に注目中!
なんか、移動時間だけを見て大変だ大変だという人がいますが、一度乗って見てくださいw

夜間の高速移動。車内を暗くして静かに寝ていられる分、個人的に飛行機や新幹線より楽チン。

移動時間にだけ目を向けると、「10時間以上も移動に割くのは、もったいないのでは?」
と思われがちだが、アクティブな方であればあるほど、ここはよく考えてもらいたい。
例えば 2泊3日の旅 であれば、初日の午前中に行き、3日目の午後に帰るのが一般的だろう。
つまり実質、初日の午後から3日目の午前中まで、有効な自由時間は中2日 となる。

これが、行きの便だけでも夜行バスを利用すると、前日の夜出発で初日の早朝着なので、
初日は無駄なく朝一番から旅を満喫できる! このアドバンテージは侮れないです。
もし帰りも夜行バスにできたら、丸3日間を自由に使えることになる! ね、大きいでしょ?^^

そもそも “家を出てから帰って来るまでが旅” ならば、前日の夜から旅が始まってるんだよね。
3日間のお休みで3泊4日の旅をする! なんか良くないですか?ww
(帰りも夜行バスということは、休み明けの出勤日の朝に到着だということを忘れずに^^;)


我が家はこれまで飛行機移動が主流でした。3歳未満まではお金がかからず、飛行時間も短い。
が、飛行が短いと言ってもチェックインや手荷物預け、ゲートでの検査、搭乗口までの移動と、
飛行に至るまでの行程が多く、地方都市への便であればあるほど送迎バス等、大変さが増す。
実際には、空港玄関でのドアtoドアで考えたら、出発前に1時間超、到着後30分の余裕が必要。
特に羽田がハンパない。この空港内での移動に予想外の時間を取られる><

また、問題なのが便数。限られた時間にしか利用できないので、選択肢がほとんどないこと。

その点では新幹線の方が楽。東京駅構内は別に難しくない。その分、走行時間は倍以上だが。
それでも駅玄関でのドアtoドアだと、出発前30分、到着後15分もあれば十分じゃないかな。
本数も多いので割とスケジュール調整がしやすく、当日に多少の余裕ができるところも嬉しい。

で、このふたつを踏まえての夜行バスという選択肢。

タイミングとしてはちゅぱみが3歳となり、飛行機にお金がかかることによる費用増大が節目。
盆と正月の年2回しか帰省はしないが、その2回の費用がシャレにならなくなってきたのだ…TT

ちょっと分かりやすく 移動手段別にまとめてみようかww


現在の我が家からおとさんの実家までの手段は、まず 飛行機 (ANA) の場合、
普通運賃で片道3万円超。でも、よっぽどのことがない限り普通運賃では乗りませんよね?^^; 
なので基本は特割。特割だと2万円前後。旅割の恩恵を得たら最安値で1万5~6千円あたり。

が、しかし小児運賃は、大人の 普通運賃に対して約50%割引 なので、
3万円超の普通運賃の50%割引で、たとえ3歳児でも1万5千円クラス。大人の旅割運賃程度。
これは子供ふたりが3歳を超えた (6歳と4歳) 我が家ではかなりキツイ。
どう頑張っても家族4人片道で、合計6万円超。往復では約13万円になる><
盆と正月の年2回だと、13万円超×2回で、だいたい 27万円 也…、これが現実ってものです…

どうにかならないものでしょうか、せめてその便の最安値 (旅割等) の50%オフにしてください!


続いて 新幹線 の場合、乗車券が約1万2千円で、特急券が約8千円。合わせてだいたい2万円。
飛行機 (特割) と変わらないし…TДT  何だよ、お得じゃないのかよ。

子供料金は、就学前 (6歳未満) までは “幼児” となり、自由席に乗るのであれば無料。
(大人もしくは6歳以上の子供ひとりにつき、幼児ふたりまで無料で乗れる)
指定席であれば大人料金の半額が必要。これは乗車券でも特急券でも、どちらも半額になる。
6歳以上~12歳未満までのいわゆる小学生が “子供” で、自由席も指定席も大人の半額だ。

つまり我が家では、ちゅぱお (6歳) は大人の半額で、ちゅぱみ (4歳) は、自由席なら無料…
大人ふたりで計4万円にちゅぱおが1万円前後で、片道合計約5万円。往復で10万円
年2回で合計 約20万円 。う~む、飛行機よりもお得な気がした新幹線だが、微妙なラインだな。


そして 夜行バス の場合は…、大人も子供も 料金一律 で、約8千円!! キタコレ!
家族4人で片道合計3万円超! 往復では約6万5千円! 飛行機の片道分だね。
年2回の合計は 約13万円! このコストパフォーマンスは、ただ安いというだけに留まらない。

例えば、飛行機から夜行バスに変えることで浮いたお金で、服を買うことも食事をすることも、
もっと言えば、飛行機1回分の往復料金で、夜行バスなら2回も往復できるのだ!
これは大きい! これにどれだけの価値があるかは、たぶん同じ境遇の人にしか分からない。

帰省等の旅行はしたいが、普段の生活費や貯蓄等を考えたら、出来る限り安く留めたい。
この、ごく一般的な考えにマッチした交通手段。私はこれが夜行バスだと思う^^
もちろんバスが対応していない土地もあるだろう。夜行バスはどこでも走っているわけでない。
でも近辺の主要都市間だけでもバイパスさせ、あとは電車や市営バス等で補えれば、
グッと費用を減らすことができるのではないだろうか。うまく組めるルートがあれば儲けもの♪

あとは利用時期もあるかな? 先ほどちゅぱみが飛行運賃が始まるのがきっかけと書いたが、
それとは別に、6歳と4歳とでわりとしっかりしてきて、長時間のバス移動でも大丈夫になった、
というのも大きな要因かもしれない。これが2歳や3歳だったら機嫌の問題やトイレの問題など、
いろいろと山積みで乗れたものじゃないだろうね^^; 今だからこそ可能な選択肢、かも…


ちなみに 自家用車 での移動という選択肢もなくはない。えらい大変だろうけどw
これが一番安上がりなのは間違いない。片道の高速代やガソリン代はかかっても2万円程度。
さすがに夜行バス4人の片道合計3万円を超えることはない。往復でも4万円もかからんだろう。
しかも旅先での余計な交通費が削れるし機動力も考えたら、これ以上はない選択肢だなぁ~。

そのうち挑戦してみたい!! 子供たちがふたりとも小学生になったら…その辺りで、かな?^^

0115夜行バス


関連記事

category: 育児 - 盆と正月の帰省旅

thread: 日記 - janre: 育児

tb: --   comment: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー