ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

駄文をつらつらと…  


恐らく、ご理解をいただける人といただけない人とにきっぱり分かれそうな、そんな話^^;



先日、社内で 「今年のG.Wのシフトをどうしようか?」 という話しになった。
ウチは暦通りの休みにはならない。ひっじょーに残念なんですけどね…

で、小さい子を持つ親としては、やはりG.Wはどこかにお出かけしてあげたいもの。
それは、ただ遊びたいという単純な気持ちだけではなく、それとなくその先まで考えての事。
G.W後、ちゅぱおやちゅぱみが、先生やお友達に 「どこどこへ遊びにいった^^」 と、
お話しができることは割と嬉しいものであり、小さなことだけど子供の心を満たす種になる。
そこから先生やお友達と話しを膨らませることは、成長にとって良い影響があるだろう。

内に籠もらないよう、子供の心の中の世界を広げ、社交性を豊かにさせてあげるのは大切。
それに子供のありあまるパワーを外で発散させないと、家の中がめちゃめちゃになるしね…^^;

が、しかし、社内ではこんな言葉が飛び出た。

「G.Wはどこも込むんだから、G.W後に平日を利用して出かけたら? その方がお得よ」


………。


失礼かも知れないけど、こういった何でも損得中心で発言をするのは、ご年配の方が多い。
言いたいことは分かる。確かにG.W期間はどこも高くつく。外した方がそりゃあ賢い選択だろう。

だが、そもそも 損得の話し など基準にしていない。スタートラインがまったく異なる。

G.Wでも安く楽しむ方法なんて、思考を固めず柔軟に考えさえすれば、いくらだってある。
お出かけ = 金がかかる、という図式から抜け出せない人は、この時点で折り合いがつかない。

お金をかけて遠出して観光をしたり豪華な料理を食べたり長い移動で疲れたりする、よ・り・も、
親子や友達同士で、ただ楽しく遊んだり話したりしたことの方が、ずっと深く心に残る。
大人の嬉しいことと子供の嬉しいことは違う。大人の大切と子供の大切は、別ものなのだ。

菓子の包み紙や道端のどんぐりなど、そんなのを大事にしてる子を見たことはないですか?^^


他の園児みんなが休むG.Wにどこにも出かけず、G.W明けにわざわざ幼稚園を休ませて旅行?
ご大層なものではないけれど、幼稚園という “子供の社交の場” を疎かに見ていませんか?

大人の会社と比べれば、まぁ幼稚園などは、とるに足らない気楽なもの なのかもしれない。
だけど、それは “とうの昔に幼稚園など忘れ去った大人の考え” だと早く気付くべき。

「小学校や中学校じゃないんだから、幼稚園は別に休ませたって平気よ」

このように幼稚園を疎かに見ている人は、結局、小学校になろうが中学校になろうが、
大人視点のまま疎かに見続ける。その子供が大人になっても “軽視” を改められないのでは?

幼稚園で友達ができなかったら小学校で作ればいい。…なんて、前向きな声援にも聞こえるが、
同時に、幼稚園は諦めて過ごせ、と言っているのと同義であることが分かるだろうか…
大人も子供もココだけは同じ。今が大事。何年後かに後悔したくなければ、今、頑張るんだ!


「子供中心でばかりものごとを考えないで、たまには大人中心でいいんじゃない?」

私は子供中心で考えているワケではなく、大人の無駄なエゴを不要に押し付けないでいるだけ。

多かれ少なかれ、子供は親の都合に絶対に振り回される。これは仕方のないこと。
家庭の生活基盤を親が形成しているのだから、子供はどうあってもそれに合わせざるをえない。
だが、幼稚園は子供たちの世界。唯一、子供が主導権を握れる時間と場所なのだ。

もちろん冠婚葬祭や体調不良などで休ませることはあるだろう。それは致し方のないこと。
だけど “ただ遊びたいが為に親の都合で休ませる” というのは、まるで次元が異なる。
極論になってしまうけど、そんな大人の我が侭で幼稚園を休まされる子供が可哀相です。

3歳児が何を楽しみにしているか知ってます? 5歳児が何を悩んでいるか知ってます?

自分だけが描いていない、自分だけが作っていない、自分だけが参加をしていない…
こういうことが子供の心に影響を与えるのは、少なからずゼロではない。
そうなる原因を 大人の都合で不必要に増やすのではなく、逆に減らすことこそが大事。

それを見てあげる、見つけてあげる、理解してあげるのが、傍にいる大人の務めだと思う。

小さい子を可愛い可愛いと愛でるのは、端的に言えば、通りすがりの人にだってできること。
それはその子を本質的に思っているわけではなく、ただの上辺の可愛がりでしかない。


子供たちは幼稚園で、本当にいろんなことをやり、いろんなことを学んでいる。
3歳で出来ること、4歳で出来ること、5歳で出来ることを、同じ年齢の子供と一緒に学ぶのだ。
幼稚園児にとってのそれは、大人が会社の仕事を大事に思うのと同じように、価値が高い。

お父さんやお母さんの絵を描いたり、季節の催し物をしたり、近くの学校と交流会があったり、
運動会や文化祭などが近づくと、合同で練習をしたり、一緒に大きな創作物を作ったり…
行動時間は短く、内容は幼いながらも、みんなでわいわいと行う中で、大きな経験を得るのだ。

子供の相手は、大人が何人も束になったところで、ひとりの友達には太刀打ちできない。
当たり前でしょ。友達と追いかけっこをしているだけで最高に楽しいんですから^^
だから友達との共有の時間を、場所を、大人が提供してあげるのだ。その子の成長のために。


幼稚園での日々は、大人にとっては大したことがなくても、子供にとっては大事なことなのです。
一度、どこでもいいから近くの幼稚園を覗いてみて、そこで子供心を感じてみて下さい。
子供にとって、そこで過ごす時間がどれだけ大きい存在なのかが、きっと分かると思います。

ものすごく真剣に歌や踊りをし、見たことも無いような笑顔ではしゃいで、充実していますから^^



……え~、すっごい駄文になりましたね>< 思ったことをそのまま書いてるからなぁ~^^;
無駄に語り、大してまとまっていないですが…、まぁ、そういうことです (どういうことだよww

まだまだ若輩者ですが、我が子を思う気持ちは誰にも負けません。だから、育児も真剣です。
いつか 「ああしておけばよかった…」 という言葉を、後悔と共に吐かないために…



関連記事

category: 育児 - 子育てお悩み思想

thread: 子育てのつぶやき - janre: 育児

tb: --   comment: 2

コメント

G.W楽しんでますか?^^

>ぶーびーパパさん
ブログ、毎日更新とか挑戦してるの? す、すげー!!
ちょっと尊敬します。私にはとてもできませんww

人によってはさらに、1日に何度も更新する人とかいますけど、
本当にすごいと思います。まさにライフワークですよね^^

ウチもG.Wは、ウチ流に楽しんでいます。それが一番!
お互い、連休をまったりとたのしみましょうね~♪

おとさん #- | URL
2010/05/04 12:19 | edit

ようやく書けた!

遅ればせながら、5周年おめでとうございます!
ブログの毎日更新を目指したら時間が全然たらなかったです・・・

いよいよGWですね
遠出はなかなかできないけど、我が家流で楽しむつもりです
子供にとっても、親にとってもこの年のGWは1回しかない!
んですもん 
家族と、友達と、今も未来も笑って話せるような
思い出をいっぱい作りましょう!

で、さっそくさとみちゃんにパパと遊ぼうね?と聞いたら
『あそばん!』 ・・・ですって 鬼娘め

ぶーびーパパ #- | URL
2010/05/01 01:36 | edit

コメントの投稿

Secret

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー