FC2ブログ

ちゅぱお と ちゅぱみ と ちゅぱろう - へっぽこ父さんの育児日記 -

0歳児くんと兄妹のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

初めての友達  


この間、ちゅぱおにとってはもはやお馴染みの、空港の隣りの広場に遊びに行ったら、
そこに ちゅぱおと同じ幼稚園に通う友達 が遊びに来ていた。

0312友達01

「あれぇ~なんでいるんだぁぁ~!^^」 と、ちゅぱお、声がうわずって満面の笑顔w
予想外な展開に興奮を隠しきれず、ふたりしてヘンにおどけるww

この友達は、ウチの近くに住んでおり、年少組~年中組とずっと一緒に登園している子。
クラスもずっと一緒。誕生日だって、ちゅぱおと一日違いの12月30日^^
そのちょっとした繋がりに 縁がある のを感じ、以来、ず~っと仲良しのふたり。

おかさんにとっての “ママさん友達” も、この子のママになるのかな?

幼稚園でいつも一緒になって遊んでいる。いつも隣りにはこの子がいる (相思相愛か?w
「他の子ともいっぱい遊ぶんだよ?」 と言ってもこの子とばっかり^^;
ちゅぱおにとっては 人生、初めての友達。 まさに “親友” と言える存在だ。

0312友達02

補助輪なしで元気よく自転車に乗っている姿が、気になってしょうがないちゅぱお。
その自転車を借りて一緒に遊ぶ (ちゅぱおの自転車はまだ補助輪付き♪

すっごい楽しそうな仕草を見せるちゅぱおを傍目に見て、
子供は子供と遊ぶことで自身の輝きが増す ということがとてもよく分かる。
大人ばかりのところでは、こうは輝かない。これは親が気遣うべきこと。

仲良しの友達…。少々寂しい話になるが、おとさんにとってはすごく懐かしい響き^^;
引越して地元を離れることで、年末でしか友達と会うことができなくなった。
大晦日や正月を含んだ2~3泊の帰省なので、まったく会えなくなった人がすごく多い。

友達との時間が濃密なのは、何歳であろうと変わることはない よね。

0312友達03

だけど、ちゅぱおの友達は、お父さんの仕事の都合で引越すことになったらしい。
今期限り3月いっぱい (あと2週間) での、本当に突然のお別れ。
つまり、4月からの年長さんでは、もうこの子と幼稚園で逢えないということ…

「遠くへ引っ越しするんだって。もう二度と逢えないんだよ。二度と…」

ベッドに入って寝るときに、ちゅぱおはそう、おとさんに教えてくれた。
目は開かれ、しかし瞬きをせず、静かに天井を見上げていた。
ふいに寂しさを覚え、おとさんは 「そっか」 と言って、頭を軽く撫でてあげた。

自分で発した言葉を、ちゅぱお自身がどれだけ理解できているのかは分からない。
その小さな心に去来している気持ち、もやもやした思いは一体何なのか…
それにまだ気付いていないのかもしれないが、しかし、いずれ気付くことだろう。

それは、友達が幼稚園を去った後に。必ず。

0312友達04

身内以外での、親しい人との初めてのお別れ。初めての 「さよなら」
長い人生これから先、多くの出会いと別れが待っている。それは嫌でも必ず訪れる。
そうして人は成長し、自分の人生をひとつひとつ築き上げていく。

おとさんも最初のお別れは幼稚園の親友だった。
大の仲良しの子で、家に通って遊んだりもしたけど、引越しして逢えなくなった。
引越し先は覚えていない。他県だったと思うけど、意外と近くだったのかな?

ちゅぱおの友達の引越し先は隣の県で、高速を使えば車で1時間程度の距離。
でも、5歳の子にとっては 「二度と逢えない距離」 に等しい。

痛かったり、怖かったり、悔しかったりで、ちゅぱおが泣くことはままある。
しかし “寂しさ” で泣いた事ってあっただろうか? もしかしたら無いのかもしれない…
今、ちゅぱおは 何故かよく分からないけど心がヘンな感じ なんじゃないかな。

本当の意味での、悲しいって何? 寂しいって何? ということに直面しそうだ。

「悲しかったら泣けばいい」 まだそれが分かる年齢じゃない…、とは決めつけず、
心のままに感じたことを、心のままに表現させることが必要だろう。
いいよ^^ ぜーんぶ抱きとめてあげるから、思いのままに喋り、行動しなさい、ね。

そして、
今まで隣りにいて、ちゅぱおと共に過ごし、元気よく笑い合い、一緒に成長してくれて、
心からありがとう。

0312友達05



関連記事

category: 育児 - ちゅぱおくん編

thread: ある日のできごと - janre: 育児

tb: --   comment: 2

コメント

>mamaさんズさん
いなくなって初めて気付く、自分にとっての大きな存在…
恐らく、ちゅぱおはそれを初体験するのでしょう^^;

この記事でUPした写真も含め、10枚くらいをプリントし、
それに手紙をつけて、友達に渡すようにちゅぱおに託しました。
手紙には、ちゅぱおが “初めて書いた” ひらがなが5文字。

「○○くんへ」

ちゅぱおの気持ちはきっと届く。おとさんはそう思います^^

おとさん #- | URL
2010/03/15 13:16 | edit

ジ~ンときました。
とてもいい記事でした。。。
そうですよね、まだ 寂しさってわからないんでしょうね。
ずっと仲良くしてきた友達だから
お別れした時 その寂しさが
わかるんでしょうね。

ウチも娘が卒園だから 同じような気持ちに
なるんだろうな。。。 

mamaさんズ #- | URL
2010/03/13 06:51 | edit

コメントの投稿

Secret

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー