ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

新型インフルエンザの脅威  


いよいよ前倒しで小児ワクチンの接種が開始された、新型インフルエンザ。
最新1週間のインフルエンザ患者数は約154万人、今年7月からの累計は約585万人。
新型で亡くなった方は、世界で6000人を超え、先日、国内では52人となった。

世界的に、なんと恐ろしい事態となってしまったのだろうか…

8日のニュースでは、3歳の男の子が6日の夜に40度の発熱で、7日朝には受診したが、
タミフルを服用しても熱が下がらず、同日夕方に意識がなくなり、そのまま亡くなった。

5歳の女の子も、6日の発熱で最初は陰性と診断されたが、7日朝の急変で陽性と確認。
タミフルを処方。しかし、お昼前に呼吸をしてないことに気付き、間もなく亡くなった。


怖い。怖い。圧倒的に怖い。


新型インフルエンザは、発症から12時間で感染が判明し、48時間以内にタミフル投与で、
重症化が防げるとある。しかしタミフルを服用しても手遅れであったケースも多いため、
“新型の疑いがあったら感染判明前にタミフルを投与する方針” も広がりつつあるという。

少しでも疑いを感じたら即投与、疑いがなくても事前投与で危険を回避すべき、と思う。

しかし一方では、新型インフルエンザのワクチン接種により副作用が出たという報告もある。
心配事はどこまでも尽きない。副作用の症例は少ないので、まずはワクチンの接種か…

新型インフルエンザの情報を拾えば拾うほど、大きな不安が募る。

アメリカでは、新型の重症化による入院及び死亡患者の34%、3人に1人の割合で、
迅速診断では 「陰性」 と判断され、後に 「陽性」 になっている。偽の陰性だ。
先に記した8日のニュースでも、5歳の子が陰性から陽性に転じて亡くなっている。

迅速に診察することに対し、それを欺くって、どれほど恐ろしいウイルスなんだ…

確かに先月も、最初の発熱で風邪と診断され、後に恐ろしく急変するケースが多かった。
5歳前後の元気な子供が、発症からわずか2~3日で亡くなるというニュースが続き、
同じ年齢の子を持つ親としては、深い悲しみとともに想像を絶するほどの恐怖を感じた。

また、新型の猛威に伴い、小児のインフルエンザ脳症による入院患者が増加中とのこと。

① 人を正しく認識できない / ② 食べ物と食べ物じゃないものの区別が出来ない
③ アニメのキャラクターなどの幻覚が見える / ④ 意味不明な言葉を言い出す など…
これらの小さな変化、ちょっとしたサインを見逃さないようにしなければならない。
脳症の発症年齢は7~8歳が最多だが、年齢の低下傾向があるそうなので注意が必要。

我が子は3歳と5歳。どちらも幼く、どちらも大きな危険が周りに渦巻いている…

親は一体どうすればいいのか? マスクをさせ、うがいや手洗い、そして日々体温を測り、
人の集まる場所では要注意し、常に変化に目を配り…、それでどうにかなるのか?
不審者であれば全身で防ぎ、殴り倒して危険を回避するが、ウイルスにはどうすれば…


ふたりのいない世界なんて、絶対に考えられない!!


もはや今は、季節性だろうが新型だろうが、インフルエンザはインフルエンザ。
恐怖の対象でしかない。特に10歳未満の子は体力的にも大人とは比較にならない。

取り返しのつかない大変な事態、悲しい出来事となった時、「まさか、こうなるなんて…」 
と誰もが思う。もう全国の多くの方々が、その “信じられない不幸” に直面している。

自分ができることを、もう一度考え、見つめ直し、ちゃんと理解し、こまめに実行しよう。

あとで後悔をしないように。あとで悲しみに暮れないように。
目の前にいる愛すべき我が子の笑顔を、ずっと見ていられるように…


そして、ちゅぱお、ちゅぱみ。

もしもお熱が出たり、身体が寒かったり、頭が痛かったり、気持ち悪かったりしたら、
すぐに、おとさんに寄こしなさい。全部もらってあげるから。



関連記事

category: 育児 - 病気関係のお話

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

tb: --   comment: 3

コメント

>mamasanzさん
身近なところで新型インフルエンザの話しが出ると、ビクビクします。

先日、0歳7ヶ月の子が亡くなってしまいましたね…。本当にかわいそう…
恐らく、親御さんは出来る限り気をつけられていたことと思います。
それでもウイルスは、ちょっとした隙間から侵入してくる…。恐ろしすぎます。

早く予防接種を済ませ、さっさとピークが過ぎ去って終わってもらいたい!
クリスマス、大晦日、お正月と、楽しい冬を過ごさせて欲しいです…


>ぶーびーパパさん
職場内でも感染が始まってしまいましたか…。それは心配ですね。
楽しく平和なご家庭に、自分がウイルスを持ち帰るわけにはいきません!
マスク、消毒と行なっていても、不安ですよね…。気をつけてね><

子供は絶対に守らないと。これから先に無限の未来が待っているんだから。
でも、パパさんだって感染しちゃダメ。ずっと側にいてあげなくちゃね。

一家の大黒柱として、共にインフルエンザから家庭を守りましょう!

おとさん #- | URL
2009/11/14 13:00 | edit

最近、職場内での感染が始まりました。
恐怖です。
その部屋に入る時はマスクに消毒が当たり前です。
できることなら入りたくもないですね。

自分が感染するのはどうでもいい。
ただむすめっこだけは守ってやりたい。
こんな短い人生で終わってしまうなんて
かわいそうで仕方ないもんね。

さ、明日もマスク、うがいに手洗いで
できるだけ息止めて、はたらいてくるかぁー

ぶーびーパパ #- | URL
2009/11/13 01:28 | edit

本当に心配ですよね。
幼稚園でも 学級閉鎖になっていて
周りには たくさんの新型インフルエンザの子がいます。

親として 出来る事って 
手洗い・うがい・消毒・体調管理くらいですよね。
末っ子は まだ1歳だし 本当に心配しています。
予防接種、早く受けれればいいですよね。

インフルエンザ、
まだまだ 続きそうですね。

mamasanz #- | URL
2009/11/12 10:24 | edit

コメントの投稿

Secret

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。