ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

おとさん子、ちゅぱお  


昨年12月に亡くなったおかさんのおじいちゃんの納骨が、
先日、無事に終わった。
これでおじいちゃんも、やっと落ち着いたんじゃないだろうか。

その日は、おかさん実家に親戚の皆さんが集まって賑やかとなった。
しかし、ちゅぱおの 再従姉妹 にあたる女の子が3人もおり、
さらに妹のちゅぱみも加わると、ひとり男のちゅぱおは 立場なし (笑

おとさん家系では男の子が多いが、おかさん家系は女の子ばかり。
どうしてもちゅぱおは、その輪に入りづらいようだ。

そんなもんだから、唯一の男の子 は注目の的になる。

親戚のおじさんたちが、どうにかちゅぱおと遊ぼうとしてくれるのだが、
ちゅぱお、逃げ、逃げ、ダッシュ逃げ!

おとさんの足にしがみつき、後ろに隠れ、なにかとヘルプを要請。
まだまだ他人様はニガテのようである。

おとさんが別用で席を離れると大騒ぎ。半泣きで追い掛ける (^^

ガンバレ! 男の子だろ!

そう思う反面、これは親子関係がちゃんとできている表れなのかな。

おとさんは正義の味方であり、ヒーローでなくてはならない。
助けて欲しいと思ったときに、助けてくれる存在。
いつでも全幅の信頼をおける立場が、子供に安心感を与える。

泣いていたちゅぱおは、おとさんがしっかり抱っこをすると泣き止み、
小さな手を首に回して 「もう離さないで!」 というアクションをする。

現実にはなかなかできることではないが、それを分かったうえで、
その心が満たされるまで、いつまでも抱っこしてあげたいと思う瞬間だ。

そんなちゅぱおを見て、子育てから久しく離れたおじさんやおばさんは、
「甘えんぼちゃんだなぁ」 「おとさんがいないとダメだなぁ」 と言う。

甘えんぼで結構。当たり前じゃないか、まだ 2歳 だぞ。

50にも60にもなった人が、自分の尺度で2歳児を測ってどうする。
親にいっぱい甘えていい時期に、甘えさせない親などいるものか!


おとさんは父親に不可欠な 「頼れる存在」 というキーワードを、
常に意識し、ちゅぱおとちゅぱみの心を満たすように頑張ろうと思う。

ちゅぱお、ちゅぱみ。
めいいっぱい甘えなさい、めいいっぱい応えてあげるから。


そんなちゅぱみはと言うと、
親戚のおじさんおばさんにたらい回しに抱っこされていた… (苦笑

「いったいあの赤ちゃんはどこの子?」 と思われるぐらい、
おとさんやおかさんのところに、全然帰ってこないちゅぱみ。

皆さん、ちゅぱおよりもグズらないちゅぱみの方が好きなようで…
やっぱそんなもんなのかな。



関連記事

category: 育児 - 子育てお悩み思想

thread: パパ育児日記。 - janre: 育児

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pensworks.blog67.fc2.com/tb.php/11-50d5731f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。