fc2ブログ

ちゅぱお と ちゅぱみ と ちゅぱろう - へっぽこ父さんの育児日記 -

1歳児くんと兄妹のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

傘寿のお祝い  


おとさんの母が、来月2月6日で満80歳になる。80歳を「傘寿」っていうのを初めて知った。
60歳の還暦や70歳の古希、88歳の米寿とかは耳に馴染みがあるけど、
傘寿は知らなかった。無知だなぁ~^^;

「八」と「十」の字の組み合わせで「傘」、それで傘寿なんだね。よくできてるわ。

で、この傘という字、これを分けると「八」と「十」の中に4つの「人」という字がある。
なんとなくその数が、ちょうどおとさんの “4人兄弟” に当てはまり、しかも、
「八」を屋根、「十」を柱と床に見立てて、その兄弟を育てた「実家」にも思えるから不思議。

かつては人生80年とよく言われた。でも現代は寿命が延びている。長生きの時代だ。
きっと人生100年だろう。それくらい人生を謳歌しないとね♪
父さんは70歳で他界した。その父さんを母さんは10歳も上回った。とても喜ばしいこと。
まだまだたくさん元気に長生きしてほしい。

そんな母さんの傘寿お祝いに、何か贈りたい。実はその思いは一年前からあった。
80歳のお祝いに自分ができることは何だろう? といろいろ考えた。

ご存じのとおり、我が家は実家からずっと遠い。気軽にお祝いをしてあげたくても、
お花を買うどころか一緒にご飯を食べることすらできない。
きっとそうしたことはおとさんの兄弟家族がみんなやってくれるだろう。それは間違いない。

だからせめて記念になるもので、他の兄弟のお祝いとは被らないものを…
そこで考えたのが、おとさん得意の “お手製フォトフレーム

0130傘寿

兄弟親族の写真でデザイン。おとさんの手元には毎年の年末年始の写真しかないけど、
それでも10数年分ある。その中から、できる限り良いものを(w)
さらに毎年必ず撮っている “子供たちの背比べの写真” も年代順に中央に並べてみた。

また右上には、男たち(母さんにとっては息子と孫たち)全員が肩を並べた集合写真、
左下には、待望だった女の子の孫ふたりの寝姿と、その後に大きくなったふたりの比較姿w

元デザイナーの血が騒いだ…っていうのかな? 仕事上がりの夜、または週末の休みに、
時間をかけてコツコツと作った。まず何百枚という膨大な写真の中から選ぶのに時間がかかった。
それでもその時間はとても楽しかった。だってこの世に一枚だけのフォトフレームだもの。

そして、そのみんなの顔写真の中に、他界している父さんと愛犬の写真も入れた。

これは最初から考えていた。絶対に父さんと愛犬も入れようと。さらには実家の写真も。
母さんにとって大切なものを全部入れて作りたかった。
そう欲張って試行錯誤を繰り返していたら、あっという間に年を越えて1月に…^^;

どうにか1月末に完成し、すぐに写真屋さんで現像して別売りのフレームと組み合わせた。

おお、これはかなりアニバーサリーな出来になったんじゃない?^^
きっと喜んでくれるはず。たとえ遠くに離れていても、次男坊の思いを届けるぜーっ!

母さんはこんなおっきな家族を作ったんだよ。息子と嫁と孫、みんなが祝ってるよ~♪

母さん、80歳おめでとう、そしていつもありがとう。
いつまでも元気でいてね^^



category: 再開 - その後 : 内々の記

thread: 誕生日 - janre: 育児

tag: 傘寿  お祝い  フォトフレーム   
tb: --   comment: 0

受験の結果  


ちゅぱみ、希望の私立高に無事、合格しましたーーっっ!!

いやぁ~正直不安だった。ちゅぱみなりにいっぱい勉強頑張っていたけど、でも不安だった^^;
やる気の波が大きいし、思っている通りにやれなかったりする時があるから、
もしも望んだものとは違う結果がでたらどうしよう…と、ついつい心配ばかりしていました。

入学試験後も「全然分からなかった」的な、もー不安オンリーな感想しか言ってくれないし、
試験会場の人も多かったそうで、100数十人はいたって言うし…><

ちゅぱみの希望した私立高校は、市内で唯一 デザイン科 のある高校。これが大きい。
また、吹奏楽部もしっかりしており、中学の先輩なども複数人、所属している。

ちゅぱみは絵が得意だ。もう趣味の域を超えてる。PCで絵も描ける(イラストレーター?)
だから、その方面で特化した高校の方が性にあっていると思っていた。
そして元吹奏楽部として、高校でも音楽に情熱を燃やしたいと思う気持ちが沸いている。

だから、この私立校が一番合っていると思うし、逆にここ以外にないとさえ思えた。
それでも、ここに至るまでいろいろとあった。

時折ちゅぱみは、学校の必要性であったり、勉強の意義に疑問を抱いていた。
10代の一時期、いわゆるローティーン時代には誰しもが一度は考えたり思い悩むときがある。
それは人が成長の中でぶつかる壁。別にそう思うことはおかしいことじゃない。

ただし、それで高校への意欲が無くなり、進学を希望しないとなると、また話は別だろう。

個人の意見や思想とは別に、人には、社会的な立場や世間の常識というものがついて回る。
いくら真剣な気持ちであっても、社会や世間に認められないと、それは途端に困難な道になる。
そして自分で納得していたとしても、とても辛く険しい思いをすることも、ままある。

当たり前だが 本人の気持ち が一番大事だ。間違いなく一番大事なのだが、
親はそれを大事にしつつも、同時に その先の(将来の)本人の立場をも守らなければならない。
それが我が子を大切に思うだけじゃなく、年の功を積んだ親の務め。

若者は悩む、迷う、戸惑う、揺れる、そして外れる。それを安定させ導くのが年配者。
否定するのではなく、言いなりにさせるのでもなく、ましてや何もかもを諦めさせるのでもない。
どう手を差し出すか、どう背中を押すか、どう理解して力となってあげるか、だ。

もちろん社会的な常識が必ずしも正しいわけじゃなく、個人によって合う合わないもあるだろう。
世間一般の生き方をするのが絶対じゃない。違う道を歩むのが間違っているわけでもない。

だけど、合わせられるところは合わせた方が、余計なところで思い悩むことが減るだろう。

もちろん進学することで、それはそれで別の問題や苦悩が生じ、結果、足が遠のくこともある。
でも、それもまた別の話。その時にまた親子で真剣に話し合い、考えればいい。

今回は親子での話し合いもそうだが、ちゅぱみ自身でも真剣に考え、進学への道を決めた。
そして自分の性に合っている、デザイン科のある私立校に 専願入試、かつ自己推薦 で挑んだ。

デザイン科は40名枠。合格率は、専願の学校推薦で35%、専願の自己推薦で15%、併願入試で50%。
つまり40名中、専願で20名の合格者、併願で20名の合格者を決めるということだ。
専願入試には100数十名の受験生。その中で優先される学校推薦の子がどれだけいるか分からず、
しかし、専願での合格者枠は20名程度。自己推薦者には狭き門だ…><

不安だった…もし受からなかった場合、次に選ぶ高校で、ちゅぱみが行きたいと思うところがない。
本人も不安だったろうけど、親もまた不安でいっぱいだった。

だがしかし、結果は合格 いやぁ~その報告をちゅぱみから受け、電話口で泣きましたよ~^^;
嬉しかった。本当に嬉しかった。

頑張ったとしても、望む結果は必ずついてくるものじゃない。それはちゅぱみがよく分かってる。
吹奏楽部のソロコンサートでも望む結果が得られず、とても悔しい思いをしたよね。
今回もダメだったかも…という思いで、中学校の担任の先生から結果の報告を受けたそう。

でも、ちゃんと結果がついてきてくれた。君の努力がしっかりと実を結んだんだ。

ちゅぱみ、高校合格おめでとう!!

0120合格



category: 再開 - その後 : 学校関係

thread: 中学生の子育て - janre: 育児

tag: 高校受験  専願  合格 
tb: --   comment: 0

2022年も元気よく  


新年、あけましておめでとうございます。

あーやっぱ夜ドラいいなーっ!! 心の声、駄々洩れw
ほんといつまでもしつこく続くコロナ問題により、昨年は泣く泣く帰省ができなかった年末年始。
2年続けて帰省できないとかふざけんな状態のおとさん。今回は帰省しました^^
もちろん、家族全員2重マスクにし、車内には消毒液も完備。すべきことはちゃんとね♪

ちゅぱろうが生まれた直後の2018年正月、そしてコロナ問題勃発での2021年正月で、
2回できてないので、今回の夜ドラが 通算で6回目。いっぱいやってるようでまだ6回~^^;

さて、2年前は2歳だったちゅぱろう (当たり前w) まったく何も分らんおチビちゃんだったけど、
今年は4歳。いろいろ言えるし、いろいろできるようになった。
だから、夜通しのドライブに大興奮。SAに寄るたび、意味もなく降りる男 (寒いよw)

0110年末年始01

夜にお出かけするだけで興奮なのに、車いっぱいで興奮だし、ずーっと走り続けて興奮だし、
きっと子供心では、なんかすげー!って感じなんだろうな^^
ちゅぱおやちゅぱみもそうだったもん。一年で一番楽しみなイベントが、この帰省夜ドラだもん。

実家から遠く離れているけど、だからこそ生まれたこのイベント。我が子はコレで育ってます^^

今回の夜ドラ、ファーストBGMは YOASOBI でオシャレにいっちゃうよー♪
『THE BOOK』『THE BOOK2』 2枚セットで夜ドラにぴったりの夜遊びミュージック☆
「夜に駆ける」 「三原色」 「群青」 といい曲ばかりですが、「あの夢をなぞって」 もまたイイッ!

そんな我が家のロングドライブ。岡山県の吉備SAに立ち寄ると、はい、これ憶えていますか?
我が子はコレにも育てられていますw → 2017年も幸せに 桃太郎かっ!w

0110年末年始02

今回は草津PAで早めの(と言っても深夜2時)仮眠タイムを取り、明け方に伊勢湾岸道へ。
夕日のような朝日で妙に綺麗だった♪ ほんと、この時間のこの道路は気持ちイイ!

だいたいこの時間帯に助手席に座ってるのはちゅぱみ。これもちゅぱみの撮影です^^
真夜中の近畿エリアはちゅぱおの領分。マリカBGM で軽快に走る名神高速道も最高に楽しい♪

0110年末年始03

そしてコレ! 東名高速道の薩埵トンネルを抜けたところで、目の前にドカーンと迫るこの富士山
過去、何回もここで撮ってますが、本当にこの景色はスゴイ。キターッ!とか叫んじゃうw

2年前は天気が悪くて、その存在自体が消えてしまった富士山 → 2020年、難航スタート
今年は富士川SAでも雲がかからず、その雄々しき姿をばっちり見せてくれました。ありがとうです。
これはご利益があるかも! ちゅぱみの受験にとって幸先いいぞ^^

0110年末年始04

静岡を超えて神奈川へ。お馴染み海老名SAで休憩をとったら、さぁゴールの東京インターだ!
だけど、実は今回はここが高速道のゴールじゃない。そのまま 首都高 に乗り、一路、上野まで。
目的は、受験合格祈願の総本山 湯島天神 (湯島天満宮) です。

2年前、ちゅぱおの高校受験の時にも来た。そして今回はちゅぱみの高校受験。
もちろん本人の努力は絶対必要だけど、縁や運といった人知の及ばないところは神頼みしかない!
…がしかし、ものすごい長蛇の列で、断念しました~><
1月2日の帰り(復路)でもう一度チャレンジだ…^^;

0110年末年始05

大晦日は普段はディズニーなどの東京レジャーをするんだけど、やっぱりこのご時世だからね。
どこにも出かけず、実家の近くにある新しいショッピングモールでお買い物だけ。

まぁ大晦日はご存じ ちゅぱおの誕生日 なので、ちょっといいステーキなんか食べちゃったり^^
それと、Nintendo Switch Lite を親子で 計3台 も買ったりw これヤバくね?w
目的は モンスターハンターライズ です。3DSでのクロス以来、久々に親子でひと狩りの再来だっ!

ということで、ちゅぱお、17歳の誕生日おめでとー!!
誕生日プレゼントは本人の希望で 赤と黒のオシャレな長財布 を買ってあげました☆

その後、夕飯のお買い物をして、実家で母さんと夕ご飯。本日は手巻き寿司にしました^^
もちろん年越しそばもあり、誕生日ケーキもありで、やっぱりめっちゃおなかいっぱいの大晦日~。
紅白を見終わったら、深夜0時に初詣。ちゅぱろう、ドキドキしてたなぁ~w

あけましておめでとう。今年も家族5人揃って、幸せに過ごせますように。

新年会は2年ぶりだったから、またしてもみんな大きくなってびっくり! 特に 三男家の息子たち。
ちゅぱおもちゅぱみもまったく勝てません^^; なんでそんなに背が高いの~?

ちゅぱろうは、最初こそ見知らぬ人たちにドキドキ怯えていましたが、慣れたらへっちゃら^^
みんなと楽しそうにしてるのが微笑ましかった。やっぱりちびっ子がいると賑わうね。

おとさんも、久しぶりに兄弟たちと酒を酌み交わし、いろんな父親談義&兄弟談義で楽しかった。
ほんと おとさんはこの兄弟に救われてる。兄弟に感謝! いつもありがとう。

0110年末年始06

明くる1月2日、あっという間の復路です>< その流れで再度、湯島天神にアタックし、見事参拝。
2年前の大晦日とは違い、さすがは新年2日目、やっぱり参拝客多いわ~。
それでもちゃんと 合格祈願し、合格お守りもゲット! これで学問の神様も応援してくれるぞ^^

0110年末年始07

縁や運をあまり信じていないちゅぱみ。何かにすがったところで、結局は自分の努力しかない。
そうだよね、その通りだよ。見えない何かに頼ったところで、何も起きないかもしれない。

でも、人はそれほど強くない。神様や仏様に手を合わせ、人間の努力では補えないところで、
あるかどうかも分からない 何か に人はすがるんだよ。それが心に余裕を持たせてくれるんだ。

おとさんもおかさんも、君の努力を信じているけど、信じる以外に何もできないから、
せめて祈願するんだ。神様でも仏様でも何でもいい、縁や運や見えない力に幸せを願うんだよ。

何に願ってもいいの。結果、ちゅぱみが幸せであれば、それが一番なんだ^^

0110年末年始09

コロナだデルタだ~の後に、今度はオミクロンだ~と騒がしいですが、もう世間も落ち着こう。
これで終わりにしようじゃないか(神様仏様、これも祈らせて下さいw)

2022年、ここ2年ほどずっと苦しくしんどかったんだから、今年は本当に明るく楽しくいこうよ♪
もう大変な思いは、世界中の人間が嫌と言うほど何度も、十分すぎるほど味わってきた。
だから終わりでいいの、もう終わり。コロナとかもう飽きたの、終わりでOK。

新しい年がやったきたんだから、新しい生活を始めよう! マスクも消毒も自粛も、もー終わりw
(と言いつつも、今しばらくは気をつけておかないとダメだけどね^^;)

我が家は今年、ダブル高校生の年。そりゃやっぱり楽しく過ごしたいじゃない?^^
そしてちゅぱろうは5歳になるんだ。幸せを欲張っていかなきゃね~。

令和4年、みんな元気に明るく笑顔で幸せに、そんな一年をお互いに宜しくお願いします。



category: 再開 - その後 : 年末年始帰省

thread: 家族でお出かけ - janre: 育児

tag: 大晦日  富士山  湯島天神 
tb: --   comment: 0

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 2022年3月

ちゅぱ家ブログカレンダー