ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

いつかベトナムで…  


寒い寒い寒い寒いっ!! ああぁ~~~ざぶいいっっ!!!

…あ、GWの春キャンプ報告の続きですw

深夜、猛烈な寒さで何度 “暖かいイメージの夢” を見ては起き、見ては起きしたことか^^;
5月の山を舐めちゃいかんし、テント泊も舐めちゃいかんし、寝具の備えも舐めちゃいかんねw

「女の子用テントさえ、しっかりと暖がとれて寝れれば、男の方はなんとかなるだろ♪」
とか言って、床に敷くものも、寝袋も、毛布類も、優先的に女の子用テントに配布した結果、
男の子用テント、なんともなりませんでしたww  これぞ極寒の寝床!

あまりの寒さに、日の出にはまだ早い 早朝5時 に動き出し、車の中で暖をとるww
ほぼ同じタイミングで従兄弟も起きてきて、寒い寒い言いながら同じく車に火を入れる^^;

本日、真冬の5月5日 (うそ) 子供の日。 ちゅぱおは根性で寝ておりますw (大丈夫か?

0505キャンプ01

6時を過ぎて日の出も迎え、気温がじんわ~りと上がってきた頃に、タムさん登場。
暖かなベトナム出身だと、この寒さは日本人よりも堪えるだろう^^; 早々に車の中に避難w
それでも暖をとりつつ、焼きイモの用意ww うおっ、デカい!! こりゃあ美味しそうだ♪

0505キャンプ02

はい、子供たちは今年もお世話になりました^^ Pascoの菓子パン 「サンドロール」
昨年に続き、今年も子供の日の朝食をコレにするところが、おとさんクオリティ。

起きてきたちゅぱおとちゅぱみは、食べたいものを取り合いっこして揉めつつもがつがつ食べ、
まだまだ寒いので大人は ベトナムコーヒー、子供はポタージュスープで体の中も温める~♪
焼きイモも上手い具合に焼け上がり、中身ほくほくのあっまあま。美味しかったです^^

0505キャンプ03

さぁ暖かくなってきたので、着替えて サイクリング に行こうか! (おかさん、まだ就寝中w
ちゅぱおとちゅぱみが着替えた服は、な、なんと タムさんがプレゼントしてくれた服ですっ!

0505キャンプ04

可愛い服に着替えて嬉しい我が子ふたりと、プレゼントした服を着てもらって嬉しいタムさん。
どっちも嬉しい♪ 嬉しくない人がいない朝^^ いっぱい記念撮影をしていました。

よーし、今からこの新しい服で高原をサイクリングするぞっ!!

意気揚々と、このキャンプ場を含む森林公園の全体を統括する 総合センター に車で移動。
まさに 高原の中のロッジ 的な、素敵な佇まいのセンター。冬はスキー場にもなるみたい。
ここでレンタサイクル。各々自分に合った大きさの自転車を選び、サイクリングへ、GO! GO!

0505キャンプ05

…が、しかしスタート地点がいきなり、なが~い登り坂!><

わりと緩めの坂だったが、補助輪が外れたばかりのちゅぱみには 断崖絶壁 にも等しかった…
持ち前の負けん気でトライし、ぶーたれてもペダルを漕ぎ、文句を言いながらも徐々に進み、
おとさんもおじちゃんも、何度も励まして何とか途中まで一緒に登ったけれど…結局、断念><

…で、 こうなりましたww

0505キャンプ06

おじちゃんの後ろに乗せてもらい、ラクチンヒャッホイな “避暑地のちゅぱみお嬢様” 完成!
そんなちゅぱみに 「自分で漕がないで、ずるいよ!」 と、ちゅぱおが憤慨していましたが、
自分は自分で、自由にサイクリングコースを満喫していたので、それはそれで楽しかったよう♪
なんてったって、おとさんおかさんそっちのけで、タムさんとのツーリングだったしねw

それにしてもこのコース。全長6kmのうち最初の2kmが登りのため、序盤で断念しがちだけど、
2km地点の最高到達点を越えさえすれば、そこからは長い下り坂。ものっすごい爽快感!
子供じゃなくても 「ヒャッホーー!!」 って叫んじゃうw まぁ実際に叫んじゃいましたがww

このサイクリング序盤のヒルクライムは、運動不足のおかさん にも相当な障壁だった模様。
でも何とか自力で乗り越え、その後の爽快な4kmのダウンヒルを気持ちよく走れて良かった^^

そうして1時間半くらいの “熱闘サイクリング” を終え、時間は午前11時すぎ。
テントに戻って昨日の残りの焼きそば麺とお肉で、肉焼きそば をジュージューこしらえる。
野菜は昨夜のBBQで使い切ってしまったので、肉オンリー。そう、男の焼きそばなのである!

0505キャンプ07

食後のバドミントンは遊びの域を越え、ちゅぱみちゃん意地のやり直しフルスイング祭り。
ところどころでお兄ちゃんと いつもの如く些細な口論をしつつ も、
このキャンプで、えらく 「バドミントン」 というスポーツがお気に入りになったみたいです^^

昨年に続き、今年の子供の日もめっちゃ暑くなってきました。お昼なんてもはや夏日!

チェックアウトは午後1時。テントをたたみ、ゴミをまとめ、荷物をぎゅうぎゅうに車に詰め込んで、
向かうは 近場の温泉旅館。 だよね~日本の旅行と言ったら、温泉に寄らなきゃだよね~♪
まぁ欲を言えば 今朝、一番風呂で入りたかったんだけどね!><

0505キャンプ08

屋内の大浴場や露天風呂もあって、とても良いところでした。生き返った心地がしましたねw
タムさんは初めての温泉体験。 大きなお風呂、そして屋外の露天風呂を楽しんだそう♪

入浴後、涼しい中庭で休憩。時間は3時半を回っており、帰路の移動時間を考えたらそろそろ…
最後に温泉旅館の駐車場に見事に咲いていた、未だ満開の山桜の前で記念撮影。
ここから高速のインターはすぐ傍なので、ここで、おじちゃんとタムさんとはお別れになります。

タムさんは今年で3年の研修を終え、来年の春にはベトナムに帰国の予定なのだそうだ。
つまり、こうした特別な機会がない限り、もう、うちの子たちと逢うことはないだろう…

「今度、大きくなったら、ベトナムに遊びに来てね。約束だよ^^」
タムさんはそう言いながら、何度もちゅぱおとちゅぱみの頭を撫で、手を繋ぎ、抱きしめる。
別れ難い気持ちがとても伝わってきた。
たった一晩のキャンプ体験だったけど、その胸中に芽吹いた想いは、殊の外、大きかったよう。

「俺さ、絶対にベトナムに行くからさ! あの~アレだ、夜行バスで行くから^^」
夜行バスは、さすがにベトナムまでは走ってませんぜww みんなで笑う。
「飛行機で来てね^^」  「うん、飛行機で行くから!」  「おい、未来の旦那様か?w」

20歳になったらベトナムに行くという約束を交わす。あと 12年 もあるけれど、忘れないでね^^

0505キャンプ09

そしてインターを通り、お互い並走して、窓全開で 「またねーーっ! ばいばーーいっ!」
うん、またいつか…だね^^ 2台は分岐点で左右に分かれ、各々お互いの帰路に入る。

高速に乗ってすぐに寝てしまったふたり^^; まぁあれだけハシャげば、そりゃ爆睡だわなw

途中、トイレ休憩でSAに寄り、ふたりを起こすと…、突然! ちゅぱみが泣き出した。
おじちゃんとタムさんと別れたことを思い出して、途端に悲しくなったんだそうだ。
ちゅぱみの心にも確かな想いが実っている。このキャンプで、ひとつ良い人生経験をしたね^^

あとで電話で従兄弟に聞いたら、インターで別れた後、タムさんもしばらく泣いていたんだそうだ…
お国の違いもあったし、大人と子供という違いもあったけど、そんなことは関係ない。
お互い ひとりの人間としてひとりの人間に出逢い、他には代えられない時間を過ごした。
その時間がどれだけ濃密でどれだけ価値があったかは、その本人たちが一番分かっている。
だから、その時間が終わったことが、とても惜しく、また悲しくて泣くんだよね。

ちゅぱおは泣かなかった。男の子だから。
だけど、帰ったら真っ先にタムさんにお手紙を書いていました。感謝のお手紙、喜ぶといいね♪

そんな、他では得られない貴重な出逢いと思い出を得た、素敵なGWの春キャンプでした。
従兄弟のおじちゃん、そしてタムさん、ありがとう^^



スポンサーサイト

category: 育児 - 山、キャンプ、野外

thread: 家族でお出かけ - janre: 育児

tb: --   comment: 2

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。