ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

ランドセル2  


えと、ママ同士で連絡し合い、春休みに入って早々に おてんば三人娘、しゅ~ごぉ~ww

0328三人娘

近くのオートキャンプ場にある遊具エリアで遊びました♪ 桜はまだ五分咲きといったところ。
うん、さすがは仲良し三人組。 揃って ピンクのコーデ で集合って、単なる偶然でもすごいなぁw

春休みとか夏休みといった連休の時だけでもいいから、こういう関係がずっと続くと嬉しい。
毎日逢えるわけじゃない。気軽に遊べるわけじゃない。それは重々承知している。
それでも、細くても なが~いお友達 でいられたらと思います。どうぞ、宜しくお願いしますね^^


さて、入学に向けていろいろと用意している我が家ですが…、とりわけ、これでしょ!!

0328ランドセル

「ららら、ランドセルは~、ててて、天使のはね~♪」  はい、コレ歌うの2回目ですねw

セイバンの天使のはね 「スイートハート」 モデル。色は女の子らしく ビビットピンクカラー
刺繍柄がヘタに派手過ぎず、幼稚過ぎず、おもちゃ過ぎず、さりげないワンポイント感が好印象。
だって6年生まで使うんだもの。いくら可愛いからってハートがバンバン入ってるのはどうかと…

背負ったら、もう心は小学生らしく、「わぁ~早く小学校にいきた~い^∀^」 だってww
まぁまぁもう10日くらいお待ちくだされ。入学式は4月8日。それまで楽しみに待ちましょうぞ!

その前に花見だね♪ なんか全国慌ててシーズンに突入したので、この週末に行かないと^^;



category: 育児 - ちゅぱみちゃん編

thread: 子供の成長 - janre: 育児

tb: --   comment: 5

ちゅぱみ、卒園  


3月21日。ちゅぱみちゃん、幼稚園最後の日を迎えました♪ さぁ3、2、1で、飛び立とうっ!!

0321卒園01

長かった髪を小ざっぱりとさせました^^ カメラを向けると照れて、おどけて、恥ずかしがってw

0321卒園02

でも、卒園式では立派でした。しっかりとした言葉、合唱。そして最後はいい笑顔だったね^^

0321卒園03

ゆき組で一番のお友達。いつもちゅぱみに声をかけて一緒に遊んでくれたね♪ ありがとう。

0321卒園04

初めての親友。プレゼントを手渡して記念撮影。ほんと感謝しきれないくらいに感謝ですっ!

0321卒園05

大好きな幼稚園、大好きなお友達との、大きな大きなお別れ。
やっぱり何だかもやもやするのか、悲しいのか、寂しいのか、ふと物憂げな表情を見せるけど、
でも泣かなかった。最後までちゃんと元気よく笑顔でした。ちゅぱみ、偉かったよ。

おとさん、いつもどおりにデジカメを持って園内を追い掛け回しました。めいっぱいおどけました。
おてんば三人娘は、最後の最後まできゃあきゃあと満面の笑顔で逃げ回りました^^
このやりとりも今日で最後だと思うと寂しいです。いつかまた、大きくなった三人を撮らせてね。

ちゅぱみ、おとさんもおかさんも、君が大好き。元気で健やかに、明るくまっすぐに大きくなろう♪
そして春休みが明けたら、君はもうぴかぴかの一年生。小学校入学を楽しみに待とうね^^

ちゅぱみ、幼稚園卒園、おめでとう。



category: 育児 - 幼稚園のイベント

thread: 卒園 - janre: 育児

tb: --   comment: 5

三人の愛娘  


おてんば三人娘。

ゆき組のちゅぱみと、つき組のお友達と、まつ組のお友達。女の子の仲良し三人組。
おとさんは最大級、最上級の愛情をこめて、彼女たちをそう呼んできました。

年少組、年中組と2年続けて同じクラスだった三人は、本当に、本当に仲の良いお友達。
いつでも一緒、どこでも一緒。
園内には、羨ましいくらいに楽しそうにはしゃぐ三人の姿が、いつもありました。

おとさんは、幼稚園のいろんな行事に赴くたびに、必ず彼女たちを 追いかけ回しましたw
夏の夕涼み会秋の運動会春のお遊戯会 など、どれを見ても三人べったりちゃん^^
そんな我が子の姿、そんな微笑ましい関係を、写真として残したかったのです。

ちゅぱみが毎日幼稚園を楽しみ、寂しがることもなく満喫してこれたのは、彼女たちのおかげ。
親として、ここまで我が子の傍にいてくれたお友達に 「ありがとう」 以外、何が言えます?
何も言えませんよ^^ ただただ感謝するばかりです。本当にありがとうね♪

そんな仲良しの三人だけど、年長組になった時に三人別々のクラスとなりました。
先生方もいろいろ考えて、友達の輪を広げるため、あえて別のクラスに分けたのでしょうね。
それでも自由時間では一緒に遊んでいたそう (反面、新しい友達作りに難航しました^^;

でもいいの。我が娘が、ちゅぱみが、幼稚園で楽しく笑っていられたら、それだけでいい。

そして三人娘はこの春、卒園を迎えました。
ですが誠に残念なことに “三人とも” が、それぞれ別々の小学校に進むことになります…
ここまで仲良しになれたのになぁ~と、おとさんは本当に残念で残念でなりません。
場合によっては、ちゅぱみの生涯において、とても大切な位置に立つ存在かもしれない…

叶う願いではありませんが、ずっと傍にいてほしい。ずっと三人で仲良く育ってほしい。
そう バカな思いを抱く 父親であります^^; ありえないのにね。

もちろん今後、小学校、中学校、高校と進んでいく中で、いろんな友達ができるだろう。
でも、おとさんはそのスタートラインとなる幼稚園で “友達の関係” を学ばせてくれたふたりに、
特大の感謝を贈りたい。一緒に笑い合い、遊び合える関係を築いてくれて、ありがとう。

その、言葉では言い表せられないくらいの感謝の気持ちを、ひとつのカタチ にしました。
おとさんが撮りためた写真で作った、三人の幼稚園時代の記念フォトフレーム です^^

0320三人娘

※本物では、写真中央上の帯、当ブログ名の代わりに、三人の名前が入っています。

0320フレーム
※年長組の、まつ組、つき組、ゆき組のそれぞれのクラスカラーに合わせた3フレーム。

おとさんにとっては 三人とも我が娘のような大切な存在^^ だから、三人同じものを♪
別々の小学校生活を送っても、各々机の片隅に飾り、大切な思い出が色褪せずにいてほしい。
そして大きくなってからも、親抜きでこの子たちだけで逢って遊べる関係になってほしい。

初めての友達、初めての親友。いつか、そうした大切な存在が自分を育んでくれたことが、
きっと力になる時が来る、きっと支えになる時が来る。たとえ、どんなに離れていようとも…

今までずっと隣りにいて、ちゅぱみと共に過ごし、手を繋ぎ、笑い合い、一緒に成長してくれて、
心からありがとう。


明日、三人は胸を張り、元気よく卒園します。

この記念のフォトフレームに、おとさんとちゅぱみからのお手紙を添えて、明日、直接手渡そう。
おとさんからの、君たち三人の卒園祝いです^^ さぁ大きく羽ばたけ、愛娘たちっ!!



category: 育児 - ちゅぱみちゃん編

thread: 女の子の育児* - janre: 育児

tb: --   comment: 2

10年目のお手紙  


今年の3月で、結婚10周年 を迎えた我が家。

5周年のときにも思ったけれど、やっぱり10周年でも同じ感想を抱く。ほんと あっという間w
その日、その時はすごく大変でも、過ぎ去ると何でもなかったような…
楽しいことも悲しいことも悔しいことも、時間が全てを過去へとゆっくり流してしまう。

人間はそうして少しずつ成長し、日々はそうして移ろいで行くものなんだよね。


結婚10周年、ひとつの節目。


おとさんはこうした節目を大事にしようと思う。当り前のように移ろい行く日々だからこそ、
大切なタイミングを、自身で意識して過ごすことを忘れてはならない。

5周年を越えてから、5年。いろんな出来事があり、子供たちもいろんな成長を遂げた。
ちゅぱおは幼稚園を卒園し、今では小学3年生になろうとしている。
ちゅぱみもこの春に卒園となり、いよいよ小学校に入学だ。
我が家は長らくお世話になった幼稚園に別れを告げ、本格的に小学校時代に突入する。

忙しくなるだろう、パワフルな日々だろう。うん、でもそれは 承知済み のこと。
やんちゃになって、ワガママになって、生意気になって、言うことを聞かなくなって…
でもそんなもん。子供なんてそんなもんなんだ。自分たちだってそうだったじゃないかw

そんなことは分かっているので、子供の成長に合わせて親もしっかり成長しよう!

どんとこいやの精神だw 前頭が何枚目に上がろうとも、まだまだ横綱は負けんのじゃ!
嬉しい思いも悲しい思いも悔しい思いも、全部ひっくるめてどんとぶつかってこいやっ!!
伊達に8年、君たちのおとーちゃんをしてないぞw 褒めるし叱るし相談相手になったるわい^^

0315結婚記念日01

結婚10周年のケーキ♪ おかさんの誕生月とおとさんの誕生月に挟まれた、真ん中の月。
つまり 3ヶ月連続 でお祝いと言うか、ケーキを食べる日があるのよね~^^;
しかもバレンタインだ、ホワイトデーだ、卒園・入学・進級だ、とお祝いプレゼント期間でもある。

嗚呼、我が家の春は忙しいっ!! (身体的にもお財布的にもww

だもんで、10年連れ添ってきたおかさんには、旦那からそれとなくプレゼントをご用意。
ど定番の “スイートテンダイヤモンド” は、先行して昨年のクリスマスにプレゼントしたので、
結婚記念日当日は、恐らく10年ぶりになるだろう、直筆でお手紙を書きました^^

0315結婚記念日02

※もちろん、文章はボカしてありますw

おとさんが思う10年間、そして夫婦、子供たち、将来への想いを、とつとつと書き連ねました。
それをサプライズで おかさんの前で読むというねwww
この 「おしゃれカンケイ」 的な演出ww あの16小説のラブソングをこっぱずかしく体験ww

おかさん、泣きました^^ …が、その横で、ちゅぱおも泣いてる!?
そっか、こういうことで感動して泣けるようになったんだね。お兄ちゃん、ちゃんと成長してるね。
結局、ちゅぱみも泣いてしまい、家族全員で目がうるうる…^^; えーい、何しとんじゃい!w

まぁ泣いたり笑ったりの結婚記念日となりましたが (w) 、これからもヨロシクね♪



category: 雑記 - 夫婦のメモリアル

thread: 行事・イベント - janre: 育児

tb: --   comment: 7

2012-2013 冬のちゅぱコレ  


昨年は転倒、今年は四十肩…、うーん、何やら毎年、冬の運勢がよろしくないおとさん。
年末年始でお金が出まくり、財布の中身もなかなか厳しかった、総じて苦労したこの季節。

震災から2年経った今でも、大変な苦労を余儀なくされている東北の皆様のことを思えば、
なんとも生ぬるい苦悩ですね>< しっかり帯を締めて新学期に備えて頑張らなきゃ、です!

そんな、2012年~2013年の我が家の冬は、こんな感じでした。

0311冬コレ01

0311冬コレ02

0311冬コレ03

0311冬コレ04

0311冬コレ05

0311冬コレ06

0311冬コレ07

0311冬コレ08

0311冬コレ09

0311冬コレ10

0311冬コレ11

0311冬コレ12

最近、ちゅぱみがしきりにぼやく。「心の中がもやもやして何だかすっきりしないの」 って。
そっか、まだ自分では分からないけど、たぶん卒園が近づくことが、もの悲しく寂しいんだね^^

ホントにもうすぐ卒園だ。大好きな幼稚園とも、大好きなお友達とも、バイバイしなきゃ…だ。
ちゅぱおには体を張ったマラソンで、父と子の絆と、努力は実ることを示せてあげたけれど…

ちゅぱみ…、君が笑顔で卒園できるよう、父親としておとさんにできることをしてあげるからね。



category: 育児 - 写真でちゅぱコレ

thread: 写真日記 - janre: 育児

tb: --   comment: 4

気合いで走れっ!  


日曜日、市民マラソン大会、当日。
朝5時半に起きて6時過ぎに出発。まだ暗いし寒いけれど、移動距離を考えたらやむなしっ!
昨年は雨模様で輪をかけて寒かったので、今年はなんとか晴れてほしいところ。

途中、朝マックをドライブスルー。朝マックってこういう時じゃないと食べる機会がないよねw

なお、おとさんとちゅぱおは、この日のために 前日にランニングシューズを購入!
練習時の足の痛みがなかなか取れなくて、人知れず 歩行困難 となっていたおとさん (アホ
なのでソールの厚いシューズを履いて、少しでも足への負担を軽減する作戦です^^;

肩は痛いわ、足は痛いわで、ほんと走る気あるのか? と疑わざるを得ない父ではありますが、
息子は真っ赤なNEWシューズで走る気満々! その意気に父として応えなくてはなりません!

明日動けなくなっても、今日を走ろうっ! これは男の戦い! 戦争なのだっ!! (謎w

0303マラソン01

続々と集結するランナーたち。市街地から随分と離れた高原地帯だけど、県内各地から集まる!
本大会はアップダウンの激しいコース。普通のマラソンとは過酷さが違う。
反面、風光明媚な観光地でもあるため、雄大な景色を楽しめるマラソンとしてそこそこ有名。
ハーフマラソンや、7kmを歩く “高原ウォーキング” などもあり、参加者が多いのもうなずける。

我が家は今年も昨年と同じく、親子で走る1.5kmのマラソンに参加。約300組の親子と走る。
参加できる子供は小学生までだけど、当然、中学生のように大柄な6年生の子とかもいる…

決戦だっ! 親子の愛情パワーを競い合うバトルだ! 絶対に負けられんっ!! (おいw

0303マラソン02

会場入りして受け付けを済ませ、ゼッケンを受け取る。今年は 「120」 番。
が、受け付けを済ましてから、スタートするまで… おいよ、2時間もあるじゃん!

おとさんとちゅぱおはウォーミングアップ、ちゅぱみはテンション高く騒いでいるから平気だが、
ここは高原地帯。吹きすさぶ風がよく似合う、高地特有の寒さが 動かないおかさんを襲う^^;
おかさんは応援&お付き合いで、走るわけではないから、この寒さには相当堪えた模様…

こ、これも戦いだっ! 寒さに絶え凌ぎ、負けない強さを持つのだ!! (さすがに違う?w

駐車場の確保とか、交通規制の時間帯とかもあるけれど、来年はもう少し遅く来ようね^^;
たぶん 朝7時くらい に出ても十分だろう。ここにメモしておいて、来年はこれを参考にしよう♪
あと敷物とブランケットあたりは用意しておいた方がいい。つい忘れちゃうんだよねぇ~w

昨年は141位だったおとさんとちゅぱお。 「今年はこのゼッケンを目標にしよっか?^^」
「120位っ!? いいねいいねー^^」 わりとノリノリのちゅぱお。目標どおりにいけるかな?


そうしてスタート時間まで待ちつつ、コースの下見をしつつ、おかさんらの見学場所を決めつつ、
いざ、親子マラソンスタート!! 陽が昇り、雲も晴れて、絶好のマラソン日和です!

さて、おとさんは極力 右肩を動かさないよう に配慮して走る。もうね、脇を絞めて肘を曲げて、
完全に右腕を固定した状態^^; 左腕だけを振って走りました。足の痛みは…、うん平気っ!
そのおとさんの後ろを必死になってついてくるちゅぱお。しかしアップダウンなコースに苦戦。

ちゅぱお、だんだん苦しくなって弱音を吐きだす^^;  「お腹が痛いよっ! 苦しいよっ><」
でも、おとさんはペースを下げない。ちゅぱおには 「おとさんについておいで」 と言った。
昨年も走ったコース。今年は2年目。ひとつずつステップアップしないと、向上していけない。
だからおとさん、肩には響くが、昨年よりも少しペースを上げている。決してゆっくりとは走らない。

必死になってついてくるちゅぱお。おとさん、微妙にペースを調整して 離れないように走る。
完全に離れてしまうと、ちゅぱおの走る気持ち、ついてくる気持ちが削がれ、一気に諦めちゃう。
だけど置いてきぼりにならず、なんとかついてこれるなら、おとさんの背中を見て走れるはず。

苦しい時こそ、気合いだ! 「僕は頑張れる、走りきれる!」 という強い気持ちで走るんだ!

0303マラソン03

青いジャージ のおとさんに、必死についてくる 赤いジャージ のちゅぱお。ガンバレッ!!

そして、ふたりで一緒にゴール! 昨年は300組中、141位でタイムは9分59秒 でしたが、
今年はなんと! 79位 : 8分10秒 でした!! おっしゃぁあああああーーっっ!!

おとさん、このぽんこつっぷりで順位もタイムも更新っ!! 見事、この戦いを制したぞww
「うわっ!! すごいよおとさんっ!! 新記録っ! めっちゃ新記録でたっ!!^∀^」
ゴール後のちゅぱお、大興奮! すごいすごいと跳ねて大喜びしていました^^ 元気じゃんw

むしろ、おとさんの方が全然余裕がなく、全身が痺れて、肩はジンジンだわ、膝はガクガクだわ。
「はぁはぁ、やったな、ちゅぱお^^; はぁはぁ、ちょ、ちょっと休ませて…座らせて^^;」
息も絶え絶えww いやぁ~キツかった! その場でへたり込んで動けなくなるほど疲れました。

それでもなんとか行動で示せた。どんなにきつくても頑張った分だけ結果がついてくる、と。
ちゅぱおはどこか弱腰なところがある。辛かったり苦しかったら、すぐ逃げたり、諦めてしまう。
逃げるのも諦めるのも止めるのも、カンタンだ。だけど、自分が望んだ結果は決して得られない。

辛くても苦しくても、もう一歩踏ん張れたら、違う結果が待っている♪  おとさんはそう思う。

まぁとにかく、普段子供にばかり 「やると決めたらしっかりやりなさい」 と言うだけじゃなく、
「肩が痛かったのによく頑張ったね!」 と、ちゃんと体で、行動で、示せたことにひと安心^^;
いいんだぞちゅぱお? この偉大なおとさんを尊敬してもいいんだぞ?ww (バカ

0303マラソン04

ちゅぱおくん、よくがんばりました! (花マル



category: 育児 - マラソン、走る!

thread: 行事・イベント - janre: 育児

tb: --   comment: 4

ちゅぱみとキラリっち  


昨年のクリスマスプレゼントに 買ってあげた  サンタさんがくれた 『 Tamagotchi P's 』
ちゅぱおもちゅぱみも、それはそれは熱心に育てております^^
まぁどちらかと言ったら、ちゅぱおの方は育成不十分で、たまごっちが出て行ったりしてるけどw

ちゅぱみはそれこそ病み付きになったご様子。うん、ある意味可愛いけど、ある意味怖い^^;

そんなちゅぱみちゃんは、おとさんの スマホからのデータのダウンロード にも積極的♪
おとさんがメーカーの公式サイトから毎週、新しいアイテムをダウンロードして、
それを、赤外線通信でちゅぱみのたまごっちに繋げてアイテムを受け渡し、新アイテムゲット!
そんなカラクリで、自分のたまごっちがどんどん楽しく豊かになるのが嬉しいみたい^^

元々、たまごっちの内容を追加・拡張できる商品 『たまデコピアス』 というものもあるけれど、
それはまだ買っていません。この子たちがホントに飽きずにたまごっちを楽しみ尽くしたら、
そのご褒美として買ってあげて、世界観を広げよう…と、春になるまではおあずけなのww
ちょうどちゅぱみが小学生になるので、入学祝いのちょっとしたプレゼントにいいよね♪

今のノリなら春も夏も十分やり込んでるな…。もう買ってから電池交換を何回したかワカランw

また、月曜の夜にやってるテレビ東京系のアニメ版 『たまごっち! ゆめキラドリーム』 も、
これまでは見てなかったけど、今じゃあ待ち望んで見るようになった。
そのアニメ版でメインクラスの役どころであるたまごっち、ゆめみっちキラリっち
ふたりの頭文字をとって “ゆめキラドリーム” と名をうっているだけあって、大人気のふたり☆

ちゅぱみが育てていたたまごっちが、その キラリっち に成長したから、さぁ大変ww
「おとさん、やったっ!! キラリっちになった!! やったぁーーー!!^∀^」
それこそ大喜びしたのは言うまでもない (言ってるけどww

それからというもの、たまごっち内でのデートやお見合い、結婚といったイベントは 全て無視!
ラブラブキラリっち的な母性本能でも爆発しているのか、ずーっとキラリっちを育ててきた^^

しかしそれは、たまごっちピースのシステム的には、意に反する遊び方のようでして…

たまごっちピースでは、たくさんのお友達、通称 たまとも を作るのが大きな位置を占めており、
そのたまともの人数で、新しく行ける場所が増えたりして、世界観がグンと広がるのだ。
つまり、お気に入りのたまごっちをずーっと育てていたら、世界観は広がらない…という作り。

ちゅぱみのたまとも数はというと…、キラリっちの1人 だけでした。

そこで、その世界観を広げる遊び方に気づいたおとさんが、ちゅぱみに話してみた。
「ちゅぱみ、たくさんのたまともを作らないと、遊園地とかビーチに行けないみたいよ?」
「え? なんで? このままじゃダメなの??」
「うん、今ってたまとも1人じゃない? それが4人にならないと遊園地に行けないの」
「えーっ!>< じゃあどうすればいいの? どうしたら4人になるの?」
「ん~、キラリっちとバイバイして、別のたまごっちと友達にならないと…だねぇ~^^;」
「えええーーーっっ!!>< そんなのいやだよぉ~~!!TДT」

ちゅぱみ、号泣^^;

その泣き方がね、もう悲しすぎるというか、世界の終わり的なね…
なんというか、ちゅぱみにとってはそれほどまで “キラリっち” という存在が大きくなっていて、
たとえゲーム内のことではあっても、たまごっちでのコミュニケーションが、ただの遊びではなく、
その中で生きている生き物…、恐らくペットに馳せる想いに似た愛情を育んだのだろうね^^

大人になるにつれ、「たかがゲーム、たかがデータ、たかが遊び」 と思えることであっても、
子供心には、それは何物にも代えがたい大切な存在、なのかもしれない。

「いいんだよ^^; 遊園地やビーチに行かなくたって、いっぱい楽しめるんだからね^^」
「…うん、いかない>< だって、キラリっちとずっと一緒にいたいもん…」


それが、ちゅぱみが愛するキラリっちが22歳の頃のお話 (1ヶ月以上も前かな?


それからちゅぱみは一心に愛情を注いだ。キラリっちを可愛くコーデし、うふふな楽しい日々♪
キラリっちが 50歳 を越えちゃうほど大切に育てた^^ 50歳のキラリっち…そ、想像できんww

しかし無情にも、ちょっとお世話ができなかったタイミングで キラリっち、旅立つ><
たまごっちは、ちゃんとお世話をしないと家を出て行ってしまうんだけど、それって難しいよね。
子供だからって四六時中ヒマなわけじゃないし、お絵かきなど他にやりたいことだってあるさ。
まぁそういうゲームなんだから、とは思うけど…、でも、出て行かなくたっていいよねぇ~^^;

あれだけ愛したちゅぱみだけど、キラリっちは出て行ってしまった。もちろんちゅぱみ、泣く。

だけど以前の “世界の終わりのような号泣” 状態とは違ったようで、立ち直りは早かった。
「あたし、いっぱいたまとも作る! 今度はまめっちを育てるんだぁ~^^」
ひとつ成長したのかな? それともキラリっちばかりで飽きたのかな?w うん、前者だろう!

そうして新しいたまごっち育てが始まった。…が、しばらくすると…
「ねぇねぇ! おとさんっ!! キラリっちが遊びに来たっ!! キラリっちだよっ!!」
と大はしゃぎするちゅぱみ!

たまごっちでは、今育てている子のところに、ランダムで別のたまごっちが遊びに来たりする。
キラリっちが来たのはただの偶然か、それとも唯一の たまとも だから来たのかは、分からない。
それでも、他の多くの別のたまごっちではなく、キラリっちが来たことはちゅぱみを興奮させた^^

「なんでかな!? なんでキラリっちが来たのかな??」
「それはね、ちゅぱみの家が、旅に出たキラリっちの立ち寄りたい場所なんだよ^^」
「ええーーっ!!?^^ 帰ってくるのかな? どうしようかな?^^」
「でも今は新しい子を育てているからさ、キラリっちは自由に旅をしててもいいよね^^」
「そうだね♪ そして、たまに帰ってきたら、一緒にいろいろお話ししたいねっ^^」
「キラリっちはちゅぱみのことよく知ってるから、苦手なこととか話されちゃったりw」
「きゃあーーっ!!^∀^ やめてーーっ!!ww」

ゲームシステムを越えた想像力。いや、ただの妄想 かもしれない。
だけど、心の成長であり、表現が豊かであるからこそ、と、おとさんは思い、ノせてあげました。
いなくなったんじゃない、いつでも逢える♪ そう思えるようになり、ちゅぱみは ニコニコでした^^


以上、たまごっちを知らない方には、ほんとさっぱりなお話ですが、
なんとなく心に留めておきたい娘のエピソードだったので、あえて記事にしました^^; 

さて、次はどんなたまごっちに育つかな? 楽しみだね、ちゅぱみっち☆



category: 育児 - ちゅぱみちゃん編

thread: 子供の成長 - janre: 育児

tb: --   comment: 6

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー