ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

伝わる想い  


えーと…、先日お引っ越しした双子の女の子たち。

実は引っ越し先は同じ市内で、うちのマンションから歩いて5~6分くらいのところでしたw
めっちゃ近かったのでビックリ!
へたしたら、ちゅぱおと同じクラスの他の子よりも、家が近いんじゃないかな?^^;

だけど双子ちゃんは、校区の関係で隣りの小学校に転校してしまいます。
よって新学期 (2年生) からそちらに通うことになるので、やっぱり3人一緒の登下校は終わり。

学校が違うしケータイだって持ってないから、遊ぶ約束はスムーズにはできないけど、
でも遊ぼうと思ったらいつでも遊びに行ける、小学生でも安心のこの近距離感が嬉しい!

おとさん、そんな双子ちゃんに、ちゅぱおから感謝のプレゼントをさせようと思いました。
お揃いで色違いの手帳と8色ボールペンを2セットと、可愛い絵葉書を2枚☆

0328プレゼント01

それぞれの絵葉書には、各々に向けて、ちゅぱお直筆のメッセージを入れさせました。
「ずっとなかよくしてくれてありがとう。うれしかったよ。またいっしょにあそぼうね^^」

ちゅぱおは、年賀状以外で、誰かに向けてメッセージを書くのは初めて。
いいんだ。気の利いたことなんて書けなくても ありがとう が伝われば、それでいいんだ。

そのプレゼントと、引越し祝いの菓子折を持たせ、
おかさんとちゅぱみを伴わせて、歩いて5分の双子ちゃんの新居へと行かせました。
ちゅぱおの感謝にふたりとも喜んでくれたとの事。良かったね、ちゅぱお^^


翌日。日曜日だったので、お出かけして夕方に帰ってきた我が家。
1階ロビーにあるうちのメールボックスを開くと・・・、ん?なんだこれ??

そこには、しっかりぎゅうぎゅうに折りたたまれた、可愛いメモ用紙がありました。

それを開くおとさん。そして思わずニヤケてしまいましたww
それは双子ちゃんからちゅぱおへの、ヒミツのお手紙でした^^

0328プレゼント02

皆さん、読めるでしょうか?

文章内の 赤い★ はちゅぱおくんの名前、ピンクの★ はちゅぱみちゃんの名前。
ちゅぱおくんの名前が、実に7回も入っている ことに、ちょっとニヤケてしまいますww
しかも名前は必ず 赤いペン。そうした、ちょっとしたこだわりが女の子ですよね~^^

恐らく、双子ちゃんがプレゼントのお礼に書いたんでしょうね♪

このメモ用紙は、おとさんが買ってきたプレゼントの手帳についていたメモ用紙。
つまり、プレゼントの手帳を開き、そこに閉じてあるメモ用紙にちゅぱおへの手紙を書いた、と…
そして、それを先日まで住んでいたマンションまで歩いて来て、こっそり投函した、と…

きゃーーーとか叫びたくなりますなwww

「ちゅぱお、これラブレターじゃんw どーする?」 と煽ると、
「いやだよ、言わないでよ^^ 恥ずかしいよぉww」 と喜びながら照れてましたw
女の子からもらった初めてのラブレター。そりゃあ、照れるわなw

この手紙を読み、おとさんおかさんが知らないところでも、
いかにちゅぱおが双子ちゃんに優しく接していたのかがよく分かり、とても嬉しかったです♪
友達に優しく、女の子に優しく、だもんね^^ かっこいい男の子に育てよw


ちゃんと伝えれば、ちゃんと伝わる。 その想いを大切にしていこうね^^



スポンサーサイト

category: 育児 - ちゅぱおくん編

thread: ある日のできごと - janre: 育児

tb: --   comment: 2

双子ちゃんの引っ越し  


ちゅぱおと同じマンションに住み、毎日、小学校に一緒に登下校をしてくれた、
同じ1年生の 双子の女の子 が、今月で引っ越しすることになりました。

ちゅぱおにとっても、我が家にとっても、大切なお友達だったふたり。
同じマンションに住んでいたけど、幼稚園は別々だったのでなかなか親しくはなれず、
同じ小学校になってから、やっと仲良くなれた。ほんとにこの1年間のお友達。

でもこれから、2年生になっても上級生になっても、そして卒業するまでこのままで、
ずっとずっと、ちゅぱおと一緒に成長していってくれるものだと思っていただけに、
おとさん、残念でなりません…

双子のお姉ちゃんは、ピンク色が似合う明るい女の子。
ちゅぱおやちゅぱみに 「遊ぼう!」 と気軽に声をかけてくれる、積極的な子。
運動はニガテみたいだったけど、でもバレエを習っていて、可愛い女の子でした♪


双子の妹ちゃんは、水色が似合う人見知りな女の子。
引っ込み思案で消極的な印象の女の子だけど、芯はお姉ちゃんより強そうでした^^
ちゅぱおと同じスイミングに一緒に通っていて、とても仲が良かったです。


クラスは違ったけれど、一緒にいる時間が多かったので、
そうした幼馴染の良い関係が、ずっと続いてくれたらいいなぁ~と思っていました。

だけど残念ながら転校により、2年生からは別の小学校に通うことになるので、
3人での一緒の登下校 は、この3学期で終わりになる…

登下校中、ふたりの女の子を守る、騎士 (ナイト) 役 だったちゅぱおくんは、
やっぱり複雑な心境のよう。うまく言葉には出ないけど、なんかもやもやしている感じ。
お風呂で一緒にお話ししてても、なんかまとまらなく、煮え切らない発言ばかり。

「1年間、一緒に仲良くしてくれたふたりに、ちゃんとありがとうって言うんだよ」
「うん、そうだよね。僕、言うよ、ちゃんとありがとうって」

こうした友人・知人との出会いや別れを経て、人は徐々に一人前に成長していく。
小学生になって積極的になり、協調性を持ち、友達関係に対する意識が強くなったちゅぱお。
最近は社交的に外へ外へと自分を出していくような、そんな成長が見てとれる。

ひとり遊びが得意だったちゅぱお。だけど今は、友達との関わり合いに楽しさを見出している。

そんな成長期だからこそ、これまで友達への深い感情をそれほど持ってこなかった分、
今のもやもや感が今ひとつ分からないのかもしれない。うん、心の成長が必要だ。

おとさんはちゅぱおに、自分が今、抱いている感情にちゃんと気づいてほしかった。

だから、双子ちゃんが一緒にいてくれたことが、どれだけ大事で楽しかったのかを話した。
そして、2年生からはひとりで学校に行かなければいけないんだよ、と話した。

「そっかぁ~そうだよね」 と、いつもの感じのちゅぱお。でも、その後にぽつりと、

「あのさぁ…、なんっか、寂しいんだよねぇ…」  本音が出た。

いいんだよ、寂しくていいんだ。寂しいのが当たり前なんだよ。
そうした気持ちが大事なの、そうした感覚が大切なの。

「そっか、寂しいよね。いつも3人で一緒に学校に行ってたもんね。
 だったらさ、その気持ちをそのまま伝えたらいいよ。寂しくなるなぁ~って^^」

「ええ~恥ずかしいじゃんww」
「もしもあの子たちが、ちゅぱおくんと一緒じゃなくても平気って言ったらどう思う?」
「ん~、イヤかも…」
「じゃあ、一緒じゃなくなるから寂しいなぁ…って言われたら?」
「それは、嬉しいに決まってるでしょ^^」
「そうだよ決まってるんだw たぶん、あの子たちも同じ気持ちじゃないかなぁ~?」
「そっか…だったら、明日言えばいいかな? 寂しくなるよ、って」
「だなww」

ひとつずつ成長していこう。心も体も。慌てる必要はない。
だけど、ちゃんと気持ちを表に出して行動しなきゃいけない時に、しないでいるのはよくない。
1年生だろうが何年生だろうが、いや子供でも大人でも、それはみな同じ。

伝えなきゃいけない時に伝えないでいると、一生伝える機会を失うことだってあるんだ。

今日できることは今日しよう! 「今度でいいや」 なんて思ってやらないでいたらもったいない。
良いこと、大事なこと、素敵なこと、嬉しいことなら、今日も明日も明後日もすればいい!^^


翌日、3人揃っての最後の登校日。その朝、おとさんはデジカメを持ってロビーへと降り、
3人の登校写真を撮ってあげた。

お互いが車や自転車を注意しあい、テレビのことや遊びのことやいろんなことを、
いっぱい話しながら通ったであろう通学路。3人で過ごした、当たり前で、大切な時間。

0326仲良し3人

これは、3人の小学1年生の、ひとつの歴史、ひとつの思い出。
いつかは記憶から風化してしまう景色だろうけど、でもこうして写真に撮っておけば、
幾つになろうとも、いつでも思い出すことができる。そんな3人のまばゆい姿…


小学1年生という大切な1年間を、ありがとうね、双子ちゃん^^



category: 育児 - ちゅぱおくん編

thread: ある日のできごと - janre: 育児

tb: --   comment: 0

2011-2012 冬のちゅぱコレ  


ちゅぱおが小学生になって初めての冬。今年の正月はおとさんの転倒からの始まりでした^^;
久々の大ケガで散々な年初めでしたが、まぁなんとか順調に冬を越せましたww

ちゅぱおはこの1年で社交性や協調性、積極性がUP♪ さすが小学生は成長の伸びが違う!
幼稚園年中さんのちゅぱみは表現豊か。強かったり弱かったり泣いたり笑ったり、忙しい子w

そんな、2011年~2012年の我が家の冬は、こんな感じでした。

0318冬コレ01

0318冬コレ02

0318冬コレ03

0318冬コレ04

0318冬コレ05

0318冬コレ06

0318冬コレ07

0318冬コレ08

0318冬コレ09

0318冬コレ10

0318冬コレ11

0318冬コレ12

初めてインフルエンザにかかり家族して隔離状態になったりと、やや大変な時もありましたが、
概ね良好に3学期を過ごし、ちゅぱおは2年生、ちゅぱみは年長さんへと進級します♪

昨年の震災から1年が経ちましたが、しかし復興はまだまだ本当にままならない状態…
せめて今年の春こそ、日本全国が、暖かく穏やかで平和な日々に包まれてほしいと願います。

いろんな人が、いろんなところで、いろんなスタートを切る春。みんなで頑張っていきましょう^^



category: 育児 - 写真でちゅぱコレ

thread: 写真日記 - janre: 育児

tb: --   comment: 2

泣けるパラパラ漫画  


ネットであまりにも話題になっているので、見てみた。

お笑い芸人 鉄拳 が書いたパラパラ漫画  『振り子』

たった 3分間 のパラパラ漫画なのに、
そこに登場人物の人生が凝縮されていて、思わず泣かされました><
何度見ても、作品の奥深さ、繊細さに感銘を受け、泣けます。

この作品に関して熱く書きたい感想が、ホント山ほどありますが…
うん、書いちゃいけないんでしょうね^^;
どこまで分かった気でいても、作者の思いの全てには到底届かない。
だから、足りない理解であーだこーだと語るものじゃないよね。
自分の感性のままに各々が感じれば、それでいい。

まだ未見の人は、今から3分間だけ下さい。 是非とも見てほしいです。
リアルに泣けます。自然に涙がぶわぶわ溢れますw


鉄拳のパラパラ漫画 『振り子』 動画


いやぁ~鉄拳、やるなぁ~~。こんなハイセンスな人だったとは…
パラパラ漫画の他の作品も、どれもちょっと凄すぎてリアルに尊敬する。
なんか、新境地を切り開いた感じだなぁ~。これから応援しよっと♪

おとさん、この育児ブログであまりこういった紹介とかしないんだけど、
あまりにも感動したので…^^; ええと、今回はごめんなさいっ><



category: 雑記 - いろいろあるよね

thread: 日記 - janre: 育児

tb: --   comment: 0

マラソン、雨天決行!  


出場を予定していた地元のマラソン大会がやってきました!!

…ですが、前日からの雨がしつこく続き、当日は軽い霧雨のような不安定な日和に><
さらさらと降っている程度なんだけど、でもやっぱり傘を差さなきゃ濡れるわけで…

天気は少し残念ではありますが、でも初めての大会出場ということもあって、
親子で高揚した気持ちを抱きながら、車で会場まで向かいました^^

有名な観光地でのマラソン大会なので、途中、観光客用の広い駐車場に車を止め、
今度はそこから出場者だけが乗れるシャトルバスで会場へと移動。
テレビで放送されるということもあってか、会場はものすごい数の人でした^^;

0315マラソン01

まずは登録を済ませ、ゼッケンを付ける。 「236」 番。

今大会は、親子の部や小学生の部、各年齢別での5kmマラソンやハーフマラソンなど、
いろいろと種目ジャンルがある。うちは初めての親子マラソンで、1.5kmですw
大した距離ではありませんが、小学1年生と一緒に走るのだからこんなもんですよ^^
中には幼稚園児と走るパパママもいるので、わりとほのぼの系のんびりマラソンだね~♪
これで感覚をつかんだら、来年は年齢別でもっと長いのに出場するかな^^

そんなこんなしつつ、朝食を食べながら出走時間まで待機していると、
ふと、見覚えのある親子とすれ違った… あれ!?

おとさんが気づいた直後、向こうのママさんもビックリぎみでこちらに気づく。
「あれ? ちゅぱおくんだよね??」

その親子は、かつて同じ幼稚園に通っていたちゅぱおの最初の友達でした。 → 初めての友達
年中組の時にお仕事の都合で隣県に引っ越してから、2年ぶりの再会だった。

0315マラソン02

「あれぇ~? なんでここにいるんだぁ!!?^^」
思わぬ再会、予期せぬサプライズに、大喜びのちゅぱおw  そりゃそうだよね^^

どうやらパパさんが走るのが趣味らしく、今大会は隣県からエントリーをしたのだそう。
というか、実は急な転属で、つい先日、県内に戻ってきた ばっかりだとか!
これはまったく予想外の嬉しいニュースです♪ しかもマンションは、うちからそれほど遠くない。
だけど、学校は校区の関係で隣りの学校になるそうだ。そかそか、それは仕方ない。

なんにせよ、またお近づきになれて嬉しい限りです。よかったね、ちゅぱお^^


そうして懐かしい友達とはしゃぎながら待っていると、いよいよスタートが近づいてきた!
約300組くらいの親子 がゲート前に大集合! 各親子には 短いひも が渡されております。
これは親子で走る競技であり、またマラソン中、親子がはぐれるのを防止するために、
それぞれがひもの両端を握って一緒に走るためのもの。なるほどね~、これは楽しそうだw

そして、スタートのピストルの合図で、300組の親子が一斉に走り出す!!

…あれですね、もうごっちゃごちゃw 目の前に普通に 全然走らない幼稚園児 とかいるので、
ものすごくぶつかって転びそうになります^^;
ほのぼの、のんびり…ではありませんでしたww

ふたりでひもを持って走るので、おとさんが速く走っちゃうと、当然ちゅぱおは引っ張られる。
そうして無理すると転倒する危険があるので、ちゃんと一緒のペースで走らなければならない。
これが親子マラソンの面白いところでもあり、また難しいところ^^;

2回はいて2回すう。練習のときに教えた呼吸のリズムで、頑張って走るちゅぱお♪
おとさん、隣りで応援しつつ、ペースを合わせつつ、フォームを教えつつ、周りを注意しつつ、と、
もういろんなことをしながら走ったwww 楽しく思わせる、というのが一番だったかな^^;

0315マラソン03

ひもを持ったまま一緒に走り、ふたりで一緒にゴール! 141位 : 9分59秒 でした。
まぁまぁ御の字じゃない?w 初めてのマラソン大会でよく頑張ったよ、ちゅぱおくん^^

0315マラソン04

あと、肌寒い中、朝早くから応援してくれたちゅぱみとおかさん、どうもありがとう☆
ちゅぱみちゃん、めちゃ寒そうだったね~~^^;
あまりに寒かったので、参加者だけがもらえる豚汁を、親子でがっついちゃいましたw

0315マラソン05

来年の目標は、おとさんが個人の年齢別で5km、ちゅぱおが個人の小学生の部で2km、
それと、おかさんとちゅぱみが今回やった親子マラソンに来年初参加、という感じで行こうかな。

うん、今後も家族揃って健康的に行こうぜっ!^^



category: 育児 - マラソン、走る!

thread: 行事・イベント - janre: 育児

tb: --   comment: 0

父子でお留守番  


週末、おかさんがおばあちゃん (おかさん母) と朝から一日お出かけするとのことで、
おとさんとちゅぱおとちゅぱみは、3人でお留守番となりました。
まぁちょいちょいあることなので、別に大変でも何でもなく、いつものおとさん ですw
しっかり羽根を伸ばしておいで~^^

で、午前中にお洗濯を済ませ、さーて、お昼ご飯は何にしようかな? と逡巡考えましたが、
豚たま丼 に決まりましたww

0208焼肉丼

豚肉をバターでさっと炒め、塩コショウ、醤油で適度に味付け。
そこに溶き卵3個を入れて再度火を通し、ご飯に盛ったら最後にごま油を垂らして完成^^
うん、カンタンだけどボリューム満点♪ ザ・男の料理ww

これ、ちゅぱおもちゅぱみも大好きで、がっつがつ食べますww

そうそう新しいプリキュア 『スマイルプリキュア』 が始まって、ついに5人が揃いましたね^^
もう初回からドハマりのちゅぱみちゃん。前作のよりも食いつきがいいですw

0210プリキュア

前作の スイートプリキュア は、なんだか女の子同士がケンカばかりしていたので、
低年齢の女の子が楽しめる作品から少しズレていたような気がしたけど、
今回のは、その前の ハートキャッチプリキュア のようなノリの良さが感じられるので、
是非ともこの楽しい路線を最後まで貫いてほしいです♪

今年、幼稚園の年長組となるちゅぱみ。その幼稚園最後の一年間に、スマイルプリキュア…
5人組かぁ~。なんかいろいろと出費がかさみそうだなぁ~^^;

ちなみになんですが、分かる人は分かるネタだと思うけど、
ちゅぱみの キュアピースとのジャンケン対決 は、現在負け越しておりますww



category: 育児 - お家でいろいろ

thread: ある日のできごと - janre: 育児

tb: --   comment: 4

震災から1年…  


2011年3月11日に起こった東日本大震災から、ちょうど1年が経ちました。

我が家は5年前より西日本に移り住んでいるため、震災の直接の影響はありませんでした。
だから、震災を語る言葉も、東日本で実際に大きな被害に遭われた方々にとっては、
あまりにも軽すぎて、取るに足らない言葉のように感じられるかもしれません。

ですが、私が生まれ育った故郷は埼玉県で、今も母や兄弟家族が住んでおり、
また大きな被害を受けた福島県は、今は亡き父の故郷。
南相馬の親戚の家には、私たち兄弟が幼少の頃、毎年夏に家族で訪れてお世話になり、
内陸である埼玉で暮らす家族にとっては、福島は夏の海を満喫できる大切な場所でした。

その親戚の皆さんも、思い出の家も、今回の震災で被害に遭いました…

なので、震災から1年が経った今、日本にとって、はては世界にとって、
この歴史的な大災害を決して忘れぬよう、自身のブログにも記そうと思います。


あの日、自然の猛威によりあっという間に一面瓦礫の山と化した、惨憺たる被災地は、
人々の力で復興したところもあるけれど、大半が “何もない更地” と変わりました。
いえ、悲しいことに、今もまだ被災した状況のままである場所も少なくはありません…

そのような人も家も明かりもない更地の世界など、いったい誰が想像できたでしょうか?

あの大震災が起こる直前まで、そこには人が住み、道が通り、家が並び、街が形成され、
人々の喜怒哀楽が絶えない、雑多で喧騒とした温かな “生きた世界” が確かにありました。

人はそうした雑然とした社会の中で、人として回りの他人と共生し、己が人生を生きていく。
何もない土地で、音もない場所で、誰もいない世界で、人はひとりでは生きていけない。
だから人が人として生きていけるように、何も無いところに雑然とした空間を形づくるのです。

街の在り方を 「家」 に置き換えたり 「部屋」 に置き換えても、人が求める世界は同じ。
何もない家や部屋に、人は好んでは住まない。
人らしく自分らしく生活できるよう、何もない場所に何年もかけていろんなものを持ち込み、
およそ綺麗とは言いがたい雑然とした空間を、わざわざ形づくっていくのが人間。

人は完全な生き物ではないから、その雑然とした不完全さに安心を得るのかもしれない。

そうして自ら雑然としておいて、整理整頓・掃除片付けをしなければならない状況を作り、
誰もが、その己が行為に幾ばくかの不平不満を抱きつつ、それを綺麗にする苦労に勤しむ。

人とは、そうした不思議な生き物。だけど、それが人の生き方。

ただし、自分が自分らしく住みやすいように、自らが苦労して雑然と作り上げた部屋を、
何の断りも無く、勝手に他人にごっそりと変えられて、喜ぶ人はいない。

また、家族が自分たちらしく住みやすいように、家族で苦労して雑然と築き上げた家を、
何の断りも無く勝手に変えられて、喜ぶ人はいない。

そして、そこに住む人々が住みやすいように、みんなで苦労して雑然と組み上げた街を、
何の断りも無く勝手に変えられて、喜ぶ人はいない。
たとえそれが自然の力であったとしても、誰ひとりそんな暴挙を喜ぶ人などいないのだ。

いったい人が何年かけて部屋を作り上げた? 家を築き上げた? 街を組み上げた?
どれだけの人がどれだけの思いでどれだけの歳月をかけて作った社会だと思っている?
いったいどれだけの人々の人生が集約していたところだと思っている?

そこに住む多くの人の笑顔も思いも苦労も歴史も命さえも、全部飲み込んで破壊し尽くした、
あの悪魔のような地震と津波を、本当に本当に心から憎らしく思います。

天災は決して人には抗えないものかもしれない。“運命” だと言われたらそれまでだけど、
もっと違うカタチで人生をまっとうできたはずの、多くの方々の命を無情にも奪い去る、
そんな理不尽極まりない運命など、世の中の誰が受け入れる? 誰ひとり望むわけがない!

自分の人生、自分の生涯は、自分が思い悩んで苦労し、自分自身で立派に紡いでいくから、
神か仏か知らないけれど、勝手に運命を決めつけないでいただきたい、と切に願います。

今もまだ完全に沈静しない地震。また関東や東海にも大地震が来る可能性が高いことが、
声高に叫ばれ、避難訓練や被災時の心得などが、テレビや雑誌で伝えられています。
まだまだまったく風化するべきものではない、東日本大震災からたった1年なのに、
心の安息や平穏な日常を、満足に得られないままに不安を煽られ過ごさねばならない…

もう十分なんだ。十分すぎるほどの苦難を日本国民は体感し、背負って生きているんだ。
もしこの世に神や仏がいるのならば、日本にどっしりとした平和な時間を、お願いします。


…と、こうして先の震災を嘆き、悔やみ、いろいろと考えても、時は決して止まらない…

震災によって生活に大きな影響があった人はもちろんのこと、影響がなかった人でも、
みな、少なからず人生に何かしらの変化があったのではないかと思います。

決して悪い変化ばかりではなく、人によっては意識的に良い変化が生まれていてほしい。
人の命の大切さ、助けあい信じあい人を思いあう心、何気なく過ごす平和の尊さ。
そうしたことにあらためて気付かされた人は、きっと気付かなかった頃よりも良いはず。

たとえどんな影響や変化があったとしても、人は少しずつ、ひとつずつ、一歩一歩でも、
ただ前向きに、明日のため、その先の未来のために、前進していかなければなりません。

自分を思い、大切な誰かを思って、お互いの人生がより良い方向へと進んでいけるよう、
しっかりと前を見据え、耳をすませて、力強い足取りで前進していきましょう!
きっと大丈夫。日本は皆が一緒にこの苦難を乗り越え、頑張っていける国だと信じてます!

がんばろうニッポン!!


最後に、震災で亡くなられた本当に多くの方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。



category: 雑記 - 少しまじめに語る

thread: 日記 - janre: 育児

tb: --   comment: 0

お雛様ケーキ  


0306ひな祭り01

どう? 可愛くてステキでしょ^^
ひな祭りのときにちょっと有名な洋菓子店で限定販売していた、お雛様ケーキ♪
人気ですぐ売り切れちゃうらしく、ひな祭りの前日のお昼に、ギリギリゲットw

お内裏様 (正式にはお内裏様とは言わないんだよね) とお雛様を揃えて買い、
我が家のお内裏様とお雛様にあげました^^

0306ひな祭り02

幼稚園で 「3月3日は女の子のお祝いの日だよ!」 と教えられてきたちゅぱみ。
絶対に美味しいものを買ってくれる と思っていたそう。しゃーないなぁ~^^; (甘い父親w


で、その夜のお風呂でのちゅぱみとのお話し。ひょんなことから好きな人の話になった。
「あのね、しゅんくんって意地悪ばかりで、あたし嫌いなんだぁ~」

しゅんって、あのしゅんくんか!! 参照→ 「初めてのラブレター?」

年少組の時に相思相愛とまで言われた ポニーのひづめ…、ふふふ、ダメな男よのう (失礼
では、我が愛娘は、今、誰が好きなんだ? もしかして… おとさんか??ww

「ん~と、一番好きな男の子はね~、ちゅぱおくん!」
「え? ちゅぱおなの? いつもあんなにケンカしてるのに??」
「うん。ちゅぱおくん、あたしが泣いてると優しくしてくれるの^^」

ほんとケンカばかりしてるのに、さすがは兄妹。頼りにしてるんだなぁ~^^
これからもずっと、ず~っと兄妹仲良くしてね! これ、おとさんとの約束だよ♪


ちなみに、おとさんは2番目、おかさんは3番目に好きなんだそう。完全に家族愛だなぁ~ww



category: 育児 - 恒例イベント … 春

thread: 女の子育児 - janre: 育児

tb: --   comment: 3

活発にお遊戯しました^^  


今年の幼稚園のお遊戯会は面白かったぁ~^^
何が面白かったって、ちゅぱみがものすご~く伸び伸びと演技をしていたからです♪

お遊戯会の前日、「とっても緊張してるんだ~^^;」 と言っていたちゅぱみ。
いやいやなになに、あれだけ堂々とできたら立派なもんだわ!

幼稚園のお遊戯会ってみんなに出番があって、主役という主役が無いんだよね~。
まぁあえて言えば、演目の題名になっている動物が主役ということになるんだろうけど…

今回のちゅぱみのクラスの演目は 『ともだち ほしいな、おおかみくん』 というお話。

乱暴者のオオカミたちが、いろんな動物に親切をして、お友達になってもらうというもの。
だから、今回の演目は実質から言えば主役はオオカミになるのだけど、そのオオカミよりも、
ずっと出ずっぱなしだったんじゃないか と思える、その他のいろんな動物たち。
ウサギ、キツネ、ブタ、タヌキ。で、ちゅぱみは4人の女の子タヌキさんのうちのひとりでした♪

このタヌキ役、いつものおてんば三人娘が揃って入っておりますw
なんかもう仲良しさん揃って同じ役って、どんだけタヌキの結束力は強いのかと^^;

0304お遊戯01

あまりにタヌキさんが出ずっぱなしだったので、ずっと ハンディカム長回し撮影 となり、
デジカメ撮影はおかさんに任せきりのおとさん。はい、長時間の両手撮影はムリです><

セリフあり、演技あり、歌あり、踊りあり、また縄跳びの発表もあった演目。
それらすべてを大きな声で、また笑顔いっぱいで楽しくこなすちゅぱみ。バッチリじゃ!

昨年の年少の時よりも、そして兄上ちゅぱおくんよりも、お遊戯に熱が籠っていました^^
こりゃあ、来年の年長さんではセリフも演技も増えて、ホントに主役になっちゃう?w
今からドキドキしますが、表舞台へと出て行くポジティブな子に成長していってもらいたいです。

0304お遊戯02

最後に教室で おてんば三匹タヌキ をパチリ。と~っても素敵なお遊戯会でした♪



category: 育児 - 幼稚園のイベント

thread: 幼稚園 - janre: 育児

tb: --   comment: 0

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。