ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

阿闍梨餅がきた!  


突然、我が家に予想もしていなかった郵便物が届いた。中を見てみると…

0525あじゃりもち

おお、阿闍梨餅!! なんて読むか分かります? 正解は 「あじゃりもち」 です。
京都の銘菓で、おとさんが 日本一美味しい和菓子 だと豪語しているシロモノです^^


阿闍梨餅とは、餅米をベースにして氷砂糖や卵などの材料を練り合わせたもちもちの生地に、
丹波大納言のつぶ餡を包んで焼いた半生菓子。しっとり餅皮とあっさり餡が抜群の組み合わせ!

阿闍梨という言葉は高僧を意味するもので、その僧たちが比叡山で修業を行なう際にかぶった、
“網代笠” の形が、この阿闍梨餅のモチーフとなっている。また、もちもちとした独特な食感は、
僧たちが厳しい修行中に “餅” を食べて飢えを凌いだ、ということに因んで考案されたのだそう。

京都のお土産と言ったら? 「生八つ橋」 (または 「おたべ」) と答える人の方が多いでしょう。
しかし、おたべも好きですがおとさんはこっちをオススメ^^ ヘタに食べるとやみつきになるよw

※ちなみに、堅焼きの板状のものが 「八つ橋」 、 焼く前の柔らか生地のものが 「生八つ橋」 、
生八つ橋に餡を入れたものが製造元によって 「おたべ」  「夕子」  「聖(ひじり)」 と言います。



おとさん母は京都出身で、京都には母の姉妹 (つまり親戚) が5~6家族ほど住んでおります。
子供の頃は毎年夏に京都へ4泊なり5泊なりかけて、親戚じゅうを順番に回るように泊まりました。

そんな親戚の家にもそれぞれ子供がおり、おとさんには同年代の従兄弟がたっくさんいます。
で、今回、その中でより年齢の近い従兄弟のヒロくんが、阿闍梨餅を送ってきてくれたのでした!

実は… 「よかったら今度、阿闍梨餅を送ってちょうだい^^」 と頼んだのは昨年の夏のこと。
おとさんの父の一周忌に親族が集まった時でした。…ほぼ一年越しに近い約束w

だもんで、お礼に近々おとさんからも県の銘菓を送ってあげようかと思います^^
阿闍梨餅、本当にありがとうでした。やっぱり極上に旨い! これ、日本一で間違いないって♪



category: 雑記 - こだわりの逸品

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

tb: --   comment: 0

全ての未来は白紙だよ  


記事タイトルは、映画 「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」 でのドクの最後のセリフ。
納得。未来は真っさらの白紙。そこには何も書かれてはいないし、何も描かれてもいない。

その白紙に、これから “何か” を書き込むのは自分。未来を切り開くのは自分自身なんだ!
何を書くのか? 何を描くのか? 時間をかけてのんびり…だけど真剣に考えてみませんか?^^

おとさんは、この 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 シリーズが、映画の中で一番好きです。
傑作中の傑作。この三部作はシリーズものに珍しく、3作品全てが高いレベルの完成度を保ち、
何度観ても笑いと感動、そしてハラハラドキドキを味わえる、まさに 20世紀最高の娯楽映画!
マイケル・J・フォックス。本当にいい役者ですよね。若い頃はよく彼の仕草を真似したものですw

おとさん、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 (以下BTTF) のDVD-BOXを持っているのですが、
先日、WOWOWで日本語吹替版が3日連続で放送されたので、親子でじっくり観てしまいました。

この映画、知らない方はいない とは思いますが (w) ちょっとおさらいしましょうか^^


※シリーズが完結してから20年もの時が経っているので、ネタバレとか気にしませんw


PART1は1985年に公開されたアメリカ映画。言わずと知れたタイムトラベル作品の輝く金字塔。
映画好きの方、特にSFものが好きな方のほぼ9割は、恐らく一度となく観ていることでしょうw
マーティとドク、そしてタイムマシン:デロリアンが織りなす時空を超えた物語は、本当に痛快!
最後の最後までドキドキさせてくれます。もう、何度観たか分からないくらい観ているんだけど、
クライマックスの落雷間際、疾走するデロリアン、奮闘するドクとマーティのふたりを見る度に、
「間に合うのか? 帰れるのか!?」 と毎回、手に汗を握らされる、極上のエンターテイメント!

若き日の自分の父と母に出逢い、その恋愛を成就させるために奔走する息子マーティの物語。
そりゃ成就させないと “自分という存在自体” が消滅しちゃうんだもん、頑張るしかないよねw

30年前の過去に飛び、今の自分と同じ年頃の両親に出会うという、何とも素朴で魅力的な設定v
そんなオールディーズな時代を駆け抜けることで、現代の自分の人生に劇的な変化を生む。
そうです、英雄になるとか世界を救うとか、そんな大それた救世主物語など必要ないのです!

身近な世界での過去・現在・未来のタイムトラベルを見事に作り上げた、偉大なる名作、BTTF。



PART2は1989年公開。本当は1作目だけで完結した作品だったのに、ビデオソフト化された際、
ノリで 「TO BE CONTINUED…」 (つづく) と入れちゃったものだから、続編希望の声が殺到w

よく聞く話しだが、大ヒット作の続編は難しく、1作目があまりに偉大すぎてそれを越えられずに、
凡作や駄作と低評価を受けてしまう作品がほとんど。もはやこれは映画界のジンクスに近い。
そりゃそうだ。最高の脚本を使いきった後なんて、蛇足を無理やり広げてこじつけるようなもの。
そんな余りネタで、ファンの過度の期待に応えられる続編など、そうそう生まれるわけがない…

が、この2作目がとんでもない傑作となる!! おとさん、PART2は実際に映画館で観ました~。
今度は30年後の未来へ飛び、自分の未来の息子を助け、さらに過去へも飛んで歴史を守る!
スポーツ年間は取り返せるの? 取り返せた! また奪われたッ!!>< …とドキドキの嵐w

前作の名シーンをふんだんに用い、そのうえ前作と密接にリンクさせる舞台裏のような超展開。
最後の最後に鳥肌が立ち、観客が一斉にドッと沸いたのが今でも忘れられない。これこそ傑作!
嫌が応にも3作目を観ずにはいられない。…というか、観ないで我慢できる人なんていませんw



PART3は2作目の公開から間を開けず、翌年の1990年に公開。2と3はほぼ同時に制作された。

三部作の完結編とし、前2作で盛り上げに盛り上げ、広げに広げた風呂敷を綺麗に畳めるか?
これもシリーズものの宿命だが、大概はまとめられずに消化不良のまま完結する作品が多い。
しかしここでもBTTFは奇跡を起こす!! さまざまな伏線をうまく回収しつつ、物語をリンクさせ、
丁寧に磨かれてきたキャラクターをそれぞれ生かしながら、淡いラブロマンスまで盛り込んで、
怒濤の勢いで堂々完結へと結びつけた! ここまで見事な完結編は他に類を見ない。お見事!

おとさんはもちろん映画館で鑑賞しました。アメリカ映画のお家芸である西部劇を中心に据え、
その中でBTTFシリーズお得意のコミカルな展開をほどよくミックス。なんて贅沢な作りなんだ!

100年前の時代。西部まっただ中で動かなくなったデロリアン。それを機関車で押しまくる力業w
クライマックスの終盤では、感動的な展開もそうだが、この三部作自体が完結してしまうという、
何とも言えない一抹の寂しさが琴線に触れ、胸を締めつけて、思わず目頭が熱くなります…TT
…なんでしょうねw 20年経った今でも熱く語りたくなる、そんな映画ってスゴくないですか?^^



また、この三部作は音楽がスゴイ! M-1でもおなじみとなったBTTFのメインテーマもそうだが、
劇中のシーンに合わせ、それはそれは心を踊らせ、時に奮い立たせるBGMが粒ぞろいである。
キャラクター (役者含む)、ストーリー、音楽と、三位一体が高い次元で良バランスを保っており、
しかも 全編に渡りCGを一切使用していていない という驚きの撮影技術。とんでもないです。

このBTTFシリーズの公開時に生まれていなかった方、それこそ現在、学生の方とかだったら、
もしかして観ていない人もいるのでしょうか? それでもテレビで目にする機会とかあるよね?
もしもですよ? 実はまだ観ていない とか言っちゃう人は、人生、損してます!><
内容バレ込みで書いてますけどこんなの忘れて (w) 一度観て下さい。本当にスゴイから!!


…で、言いたかったことは冒頭に戻りますw 未来というのは、まだまだ白紙であるということ。
たった今 何気な~くやったこと が、自分や周りの人の未来を、大きく変えるかもしれない。

自分の10年前、20年前、また30年前を思い出してみて。幼い頃や学生の頃、社会に出てから…
誰に出会い、何を語り、考え、決断し、どう行動して、どんな道 (人生) を歩んできましたか?

中には良い変化もあれば悪い変化もあったでしょう。大切なのは “行動が結果が生む” ところ。
行動なくして結果は生まれない。もしあなたが未来に良い結果を求めるのならば、まずは行動!

あなたは、10年後の自分、20年後の家族、そして 30年後の未来に何を思い描きますか?


category: 雑記 - 映画やゲームなど

thread: 日記 - janre: 育児

tb: --   comment: 2

山の上の公園で  


0520公園01

癒やされスポットを堪能したあと、目の前のデッキから、しばし海を眺める。
海って、疲れた心を介抱してくれますよね~。ただ眺めているだけで気持ちがいい^^

ちょっとお出かけすれば、素敵な景色が味方になってくれる。お出かけ、大事ですよ♪

さて、神社で参拝 → 海を眺める、と大人はそれだけで満足できそうですが、
子供はそうはいきませんw  …はいはい、早く公園に行こうね^^;

近くの専用ハイウェイを駆け上がり、山の上にある公園に到着! ここは初めて来ました。

0520公園02

この公園は歴史が深い模様。展望台やレストラン、歴史的建造物などがある総合公園で、
ハイウェイ入口には今は使われなくなった料金所も…。朽ち方から、無料化になって久しい様子。
遊具自体は新しいので、これは後付けですね。運営というか、在り方が変わったのでしょう。

ま、とにかく 初めて来た公園、初めて見る遊具。これに興奮しない子供はいませんよね~w
ふたりが遊具へ駆け出すので、デジカメ片手に追い掛けるおとさん^^;

0520公園03

すべり台から滑ってきたちゅぱお。そのあとに続くちゅぱみ。何故に正座ッ!?
ちゅぱおくんは普通に滑るのに、ちゅぱみは2回とも正座滑りでしたw

0520公園04

ターザンロープとでも言うのかな? 滑車を滑るロープが最近お気に入り のちゅぱお。

最初は、先に遊んでいた女の子からロープを受け取れず、何故かモジモジして逃げる^^;
ちょっと恥ずかしいのか? それでも次第に順番に加わり、遊んだら次の人へロープを渡す。

そう、遊びにだってルールがある。それを仲良く守って遊ぶからこそ、みんなで楽しめるんだ。

そうして遊んでいる姿を木陰から眺めていた、おとさんとおかさん。…ん? あれれ?
ふと、ちゅぱみの姿が見あたらない。 「あら? どこ行った?」 と探すと、
どこぞから大量の枝を持ってご帰還w “探険の棒” をゲットしてきたらしくご満悦です^^

すると…、「おかさん、ちょっとこれ持ってて」 と、1本の棒をおかさんに持たせ…

0520公園05

探険の棒で打ち込みを開始ww ちょ、なんでそんな武闘派な遊びを始めてるの?w
わざわざ助走をつけておかさんに斬りかかるちゅぱみ^^; 仮面ライダーにでもなったつもり?

そこへ兄上ご帰還。「お! ちゅぱみ、この棒ちょうだい」 と2本の棒を手にする。

0520公園06

なんかニンマリとするちゅぱお。ま、まさか…と、思った矢先に、バトル勃発ww
武闘派ふたりが斬り合いを始めましたw こんなこと、これまで一度もなかったのに…
何に影響されているのか? やはり仮面ライダーかなぁ~。いつも武器振り回してるもんなぁ~。

朝は、少し肌寒いかな? と思ってふたりとも長袖シャツにしたけど、午後は暑いのなんの^^;
ふたりとも袖まくりで遊んだけど、汗だっくだくになって遊びまくりました。

ちなみに、ふたりとも虹柄のシャツですw ペアルックじゃないけど、こういうの、いいね~♪


category: 育児 - いろんな公園遊び

thread: 公園&散歩&広場 - janre: 育児

tb: --   comment: 0

癒やされスポット  


おとさんお得意の思いつき (それに付き合わされるおかさんと、ちゅぱお&ちゅぱみw) で、
休日にドライブを兼ねて、パワースポットなところに繰り出してみたw

【パワースポット】 心身を元気にさせることができる、神秘的なエネルギーが湧く場所。

…実は、こんな風にしか知らないおとさんw パワースポットってこんなんで合ってる?^^;

風水やらスピリチュアルやら、まったく分からないんですけど、でも少しは気になったりします。
結局は “気の持ちよう” が大事だと思います。何事も 良いと思えば良くなるもの ってねv
そんなんで、いちお Wikipedia で調べてみると、おおお、すんげー効能があるじゃないですか!

・ 生命エネルギーの強化
・ 病気に対する自己回復力の向上
・ 肉体・精神の浄化
・ 物質のマイナスエネルギーの除去、浄化
・ 癒し、リラックス
・ 潜在能力、霊性の開発


おとさんは、未だに腰に (魔女の一撃による) 違和感があるから 自己回復力UP がいいね♪
おかさんは、日頃の疲れを消してくれる 癒やし&リラックス効果 がいいんじゃないかしら?^^
ちゅぱおは、たまにキーキーと悪い子になるので、精神の浄化 でいい子になるのはどう?ww
ちゅぱみは、スゴイものを内に秘めてそうなので 潜在能力の開発 でスーパーレディに変身!

これは家族にとって良い場所。良いことだらけで悪いこといっこもないじゃないか^^

と、言うことで行ってみる。何やら県で唯一のパワースポットらしく、それなりに有名な神社です。
(神社内での写真はございません^^;)

手水のところでみんなで手を洗う。 「はい、左手を洗って~、次に右手を洗って~」
そのあと、拝殿で手を合わせ、各々お願いをする。おかさん、お賽銭を奮発w

「みんな元気で仲良く過ごせますように~」  「はやく大人になれますように~」 …^^;

境内で参拝できるところは全て回る。家族4人、しっかり手を合わせて 無病息災あれ!
そうして回ると、神秘的な気を本当に感じられるからフシギ! (神社なんだから当たり前か

ここは、周りを高い木々に囲まれ、奥へ進むと森林浴でもしているかのようにひんやりと涼しい。
また目の前には海が広がり、爽快な気分とともに潮の香りが、リラックス効果を増やしてくれる。

ああ~、パワースポット…というか、心身を癒やす場所 だということが、よく分かるわぁ~^^

おとさんとおかさんは、それぞれ特に効能がありそうなお守りを購入。これで腰痛もバッチリw
んで、休憩処でのんびりし 「吉」 を全身に満たしてから (w) 癒やされスポットをあとにしました。
神社仏閣を目的にお出かけすることってそうそうないので、妙に新鮮な気分のドライブでした♪


category: 育児 - お外でいろいろ

thread: 家族でお出かけ - janre: 育児

tb: --   comment: 0

川沿いを歩く  


日曜日、天気が良いので、車でショッピングセンターまで走っていろいろとお買い物。

で、ふと、そのSCからほど近い場所を流れている川を頭に思い浮かべ、
川沿いをずっと歩いていったら家に辿り着くなぁ~ と思い、それを実行してみる。
(ちなみに車では通れない箇所もあるので、歩行者以外は川沿いを通れません)

先日の、小学校への通学路にもなりえる道で、
位置的には、この川を挟んで、西側に小学校、東側にSCがあり、ずっと南下すると我が家だ。
前回はここを通らなかったので、実際に歩いたら何か発見があるかも…

散策隊長おとさん、隊員ちゅぱおとちゅぱみでGO! おかさんは車で帰宅^^
片側2車線の国道沿いをしばらく歩き、目的の川沿いに到着。おお、綺麗なとこだなぁ~♪

0508川沿い01

我が家までの距離は30分くらい。川沿いの遊歩道は整備されており、散歩するだけで楽しい。
ここを通学路にするのは気持ちがいいかも^^ でも、雨の日とかはやめた方がいいな。

0508川沿い02

何やらカニを獲っている人たちに遭遇。好奇心でずんずん近づくふたり^^; ちょ、大丈夫か?
足元が安定していない場所なので、よろけてドボンは困る。なので、早めに退散させるw

0508川沿い03

「写真を撮って、撮ってー!」 とうるさいので、休憩用のベンチでパシャリ!
ちゅぱみは近くに咲いていた花を見るたび、「わぁ、きれい~^^」 と喜んでいました^^

0508川沿い04

我が家は川の対岸に位置するので、途中で橋を渡ることになる。先に渡ったのはちゅぱみ。
デジカメを向けると、おもむろに ダダダッ!! と駆けてきた! うわっ、ブレる~><

0508川沿い05

橋の途中でちゅぱおが 「あ、ウチのマンションが見えるー」 と叫ぶ。おお、気付いたか^^
「ほんとだー」 と言うちゅぱみ。でも、ちゅぱみがちゃんと分かってるかどうかは怪しいw

0508川沿い06

なんかヘンな写真^^; ちゅぱみの後ろに足場があり、その上に立ってたちゅぱおもフレームイン。
ちゅぱみ、デカッ! ちゅぱお、ちっさ!! と、錯覚の面白さを感じました^^

そんなこんなで散策しながら我が家へ。遊んだりしたので、30分どころか1時間を越えてましたw
川岸に近寄りすぎて歩かなければ、遊歩道は幅広く安全。自転車すらほとんど通りません。

お友達と一緒に、草花に触れ合ったり、ベンチに腰掛けてお話ししたり、時には遊んだりして、
小学校への行き来を笑顔で楽しめれば、それにこしたことはありません^^
…まぁ、遅刻とかしないのは大前提ですけどねw 楽しめる環境というのは良いことです♪

今年は、この道を何度か散歩して、ちゅぱおに慣れさせておく方が良いかもなぁ~。
安全危険 な場所を教えつつ “おなじみの道” にしてしまえば、親子ともども安心できるしね^^


category: 育児 - お外でいろいろ

thread: ちょっとおでかけ - janre: 育児

tb: --   comment: 0

10年目のメモリアル  


母の日のプレゼント…、というか、おとさんからおかさんに、感謝のプレゼントを手渡しました。

今年の春で、おとさんとおかさんが出会ってから10年 になるんですよ^^

はい、“結婚10周年” ではありませんよ? ふたりが “初めて知り合ってから10年” です!

なので、前々から結婚10周年とは別に、感謝の気持ちを伝えたいなぁ~と思っておりました。

それで…、えー実は おかさんに気づかれないようにしつつ 、2ヶ月くらいも前 (w) から、

時間をみつけてはコツコツと、密かに作り続けてまいりました (ええ、おとさんはマメなのです^^

それが コレ! おとさんとおかさんの 10年目のメモリアルボードです♪

0509母の日

ボードの写真部分は、ぼやけさせていただいております。だって素顔そのままだもんww

某カメラ屋のサービスにヒントを得たうえで、写真の点数や配置にこだわった末、自作しました。

いやぁ~ 10年分の写真から選定する のは、すごい大変だったけど、楽しかった^^

中には、ポラロイドカメラ 「チェキ」 の写真をスキャンしたものも! (最初の2年はチェキでした

TDL、TDS、USJ、京都、ガーラ湯沢、伊香保、伊豆、富士五湖、沖縄、そして結婚と子供たち…

めいいっぱいの思い出を W4切サイズ一枚 にまとめました。これひとつにウチの歴史を凝縮!

10年分の感謝、10年分のありがとう。おかさん、これからもず~っとヨロシクね^^



category: 雑記 - 夫婦のメモリアル

thread: 日記 - janre: 育児

tb: --   comment: 3

小学校視察 … 春  


このG.W中に しておきたかったこと があります。
それは、来年からちゅぱおが通うことになる 小学校 の視察です^^

どの辺にあり、どんな学校なのかは漠然とは知っているものの、実際にはまったく分からない。
なので、行って直に見ることで、今後、子供が通う場所としての理解を少し深めておこうか、と。
また、季節により通学路も装いが変わるので、それも踏まえての 春の視察 です^^

おとさん、おかさん、ちゅぱお、ちゅぱみの4人の視察団で、小学校までのんびりと歩いてみる。
実際に子供たちは歩いて通学になるので、それをそのまま体験すべきだろう。
おかさんから 「せっかくだから時間も計ったら?」 との案が出たので、それも実践だ。

通学路は、学校より 「この道を歩かせて下さい」 と定められるのか、それとも自由なのか?
それは分からないけど、どちらにしても道中、大きな注意箇所が少なく見積もっても3箇所ある。

1 ・ 単線の踏み切り / 2 ・ 片側1車線の国道 / 3 ・ 片側2車線の国道

この3つを 横断 しなければならない。どのような道でも、横断をするのは危険と隣り合わせ。
毎日、親が手を引いて歩くわけではないんだから、子供の注意力を高めさせる必要がある。


1 ・ 単線の踏み切り
我が家のマンションのお隣りさんと言っても過言ではない距離にある線路、そして踏み切り。
登校時はマンションのエントランスから注意できるが、下校時にはノーチェックで通ってくる。
電車の通る間隔が比較的長いので、3つの中では危険性は低い方。だけど油断は禁物。


2 ・ 片側1車線の国道
マンションから緩やかなカーブを描く一本道を、約10分くらい歩くと、この国道にぶつかる。
一本道は川沿いでもあるため、川沿いの遊歩道を歩かせていけば、国道まではかなり安全。
国道は、片側1車線ずつなので広くはない。だけど通勤時間帯はかなりの交通量がある。


3 ・ 片側2車線の国道
小学校手前にある最大の関門。片側2車線だが、右折レーンを加えたら2.5×2で計5車線に。
県内屈指の交通量を誇るため、幅広い国道にも関わらず歩行者信号の青時間が短い><
しかも大きな交差点なので、当然、右左折してくる車の数も多い。うむむ…、大丈夫かしら?


最後の国道までは、ウチから約25分くらいの距離。そこから小学校は5分もかかりません。
だいたい 通学時間は30分くらい と考えていいでしょう。それなりに歩きますね^^;

ちゅぱおを先頭で歩かせる。子供の歩幅、回りへの注意力、どこに興味を示すかも要チェック!
「信号は何色だったら渡れる?」  「右見て、左見て」  「車の音も、よく聞くんだよ」
指導マンのおとさんw 信号の切り替わりとか怖いもの。青だからってすぐ渡るのはダメだぞ。

細かい路地だと視界を遮るものが多く、飛び出しや出会い頭の事故なんかが怖いので、
国道に添った歩道の方が安全かな、とも思うのですが…、実際のところはどうなんでしょうか。

同じマンションから同じ幼稚園に通っている子がいるので、もちろん学校の校区も同じ。
その点だけ安心できます。ひとりよりもふたりで注意しあって歩けますからね^^
遊歩道だと遊ぶ場所とかもあるので、道草ばかりしてなかなか帰ってこなかったりしてw

今回は写真を撮ってきていないので、次回の視察の時にはいろいろ撮ってこよっと^^



category: 育児 - 子育てお悩み思想

thread: ちょっとおでかけ - janre: 育児

tb: --   comment: 0

G.Wは山キャンプ  


0503キャンプ01

と、いうことで、G.Wは山キャンプに行って参りました!! 今回はおかさん母をお誘いし、
出来る限り手間をかけずに お手軽&財布に優しく楽しもう! の旅です♪

おかさん母は、キャンプをやったことがないクチ。楽しんでもらえるかどうか、ちょっと不安…
ただ疲れただけとか、やはり温泉宿の方が良かった、という感想にならないように!><

0503キャンプ02

泊まる施設は、モンゴル式の住居、キャンピング・パオ。おとさん、この佇まいが好きです^^

実はこのキャンプ場、我が家は 2007年のG.W に一度訪れており、そこそこ理解している。
なので、交通アクセスはもちろんのこと、周辺環境、宿泊施設、管理棟、炊事場、トイレなど、
総合的に安心できる場所として、今回おかさん母をご招待しました。

0503キャンプ03

キャンプエリアの奥の森の中には、手製の遊具エリアがあります! 難易度は高めw
めいっぱい遊ぶ子供を見ると、ホントこういう場所に連れてきた甲斐があります^^

0503キャンプ04

…が、キャンプ場内を散策するのは我が家4人。おかさん母はさっそくパオで休憩中…^^;
運動が苦手な方だから、アウトドアは合わないのかなぁ~? いや、まだ始まったばかりだ!

ひとしきり遊んでパオに戻ると、ちょいと早めの夕飯の準備。お手軽に…かと思いきや、
食材を大量に持ってきていた おかさん母による、豪勢な焼き肉がスタートw (高そうなお肉!
子供たち、バクバク食べておりました^^ おとさんはビールでまったり派です~。

0503キャンプ05

しかし、山のキャンプは日が沈むと途端に寒くなる。いつでもパッと羽織れる上着は必須。
3歳と5歳が山の寒さにガタガタと震えないタイミングでの、早めの夕飯は正解でした。

日が沈みきる前に夕飯を終え、パオの中に撤収w 「黒ひげ危機一髪」 で盛り上がりました^^
まだまだルール無用の子供たち。このくらいの簡単ゲームじゃないと、単純に楽しめません。

0503キャンプ06

夜間、屋外にある共同トイレへ、懐中電灯を持って行ったり来たり…
どうやら ただ懐中電灯で遊びたいだけらしい。何度も “夜の探険” に付き合わされました。
子供はドキドキワクワクなんだろうなぁ~w そう思うと、付き合いも苦じゃなかったり^^

夜はグッと冷え込むけれど、このパオには暖房設備が備わっているので、その点は安心♪
ウチのようなライトなキャンプをする人には、こういった宿泊施設は本当にありがたい。

翌朝、おかさん母のお手製サンドイッチを食べた後、昨日遊んだ森の中の遊具エリアへGO!
今回はおかさん母も同行。森の中でハンモックに揺られたり展望台まで一緒に登ったりと、
子供たちとアクティブに動く! そうそう、こういった体験の共有こそが “繋がる” のですよ♪

0503キャンプ07

見晴らしの良い展望台でパシャ! おかさん母と一緒に撮った写真はUPできませんが、
今回のキャンプで一番いい写真になりました^^

午前中にキャンプ場を後にして、近くの道の駅にある露天風呂へ直行! 朝風呂サイコー!!
道中の観光地でお昼を食べたり、大きな総合公園に寄って子供たちとめいっぱい遊んだり、
何故かその場の流れでプラネタリウムを見たり (w) と、帰路もあれこれ盛りだくさんでした~。

費用的には、G.W期間での温泉宿おとな1名分ぐらいの金額で全部やってきました。
テントがあればもっともっと安く抑えられるのですが…、ウチには無いので今後の課題ですね。

おかさん母はキャンプを気に入った模様。「また誘ってね^^」 と意欲的な感想をもらえました。


category: 育児 - 山、キャンプ、野外

thread: 家族でお出かけ - janre: 育児

tb: --   comment: 4

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー