fc2ブログ

ちゅぱお と ちゅぱみ と ちゅぱろう - へっぽこ父さんの育児日記 -

1歳児くんと兄妹のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

おねんねさせたの?  


休日に、リビングのテレビで録画しておいた映画を見ていた。

平日、帰宅後は見るタイミングがほとんどなく、大概が休日鑑賞となる。



おとさんとおかさんは映画好きなので、WOWOWを利用している。

結構、最近のヒット作、話題作もやってくれるので、レンタル店いらず。



子供たちは映画 (洋画) に興味はなく、寝室で遊んでいる。

ハイテンションにきゃっきゃしているふたり。盛り上がっているようだ。



映画が終わった頃、ふと子供たちが静かなのに気付く。

そろりそろり…と、静かに寝室をのぞく。



寝ていた^^

お昼寝の時間でもあったから、ちょうどよかったかな?



が、寝ていたのはふたりではなく、3人。

3人? ちゅぱおと、ちゅぱみと、あとひとりは…



1120人形おねんね



目はものすごく見開いてるけど、お行儀よく寝てるしww

こういうのってありますよね~^^



category: 育児 - お家でいろいろ

thread: ある日のできごと - janre: 育児

tb: --   comment: 0

ダブルとプリキュア  


ウチの子供たちは 「キッズステーション」 で、よくアニメ番組を見ています。
と言うか、ウチのテレビのチャンネルがほぼ 「キッズステーション」 に固定状態w

まぁ好きなアニメで子供たちが楽しんでいるのなら、別段の問題はなく、
その間は、おかさんも自分の時間がある程度作れるからいいかな、と思っていました。
もちろん、今後もこの方向で行こうと思っています! (楽してますな^^;

…が、実はひとつ懸念事項がありました。それは、放映されている番組が 古い こと><

いや、子供たちが楽しんでいるからいいんだけど…、いいんだけどさ…
「らんま1/2」 とか 「魔神英雄伝ワタル」 とか 「ガンバの冒険」 とかさぁ~ww
いくらハマっても、幼稚園で誰も話題にしないし、おもちゃも売ってないから…^^;

「アンパンマン」 は大丈夫だけど 「ポケットモンスター」 は過去のシリーズですね。
「レスキューフォース」 も作品的には古いんですよね? 続編が確かあるはず…

現在のNHKの子供番組も朝夕見ていますが、今ひとつ人気ポジションとは異なる。
恐らく見ている子供は多いだろうけど、誰も 「ぜんまい ざむらい」 とか話題にしないw

おとさんは思う! 「好きなキャラクターは旬のモノにしようよ!」 って。
今人気のキャラクターを好きになってもらい、幼稚園でお友達ときゃっきゃと話して欲しい!
シンケンジャーを 「シュリケンジャー」 とか言ってたら、話題に乗れないゾ><

そう思い、ちょくちょく見せるようにして、やっと好きになり出したのが、この2つ。
「仮面ライダー ダブル」 と 「フレッシュ プリキュア!」

1125ダブルキュア

※写真は食玩。仮面ライダーダブルは緑黒と赤白があった。あとは黄青で揃うね!
プリキュアはお店にあったのがこの子だけだった。結果、ちゅぱみのお気に入りに^^


先に好きになったのがダブル。その前の作品、ディケイドはハマりが浅かったけど、
今では、おとさんが 「サイクロン」 と言うと、ちゅぱみがニヤッとして、
「ジョーカァー、へんしん!」 と言って、腰に手を当てます! (ベルト無いから^^

ちゅぱおは、「ヒート、メタルゥー」 とか、ダブルの違うVerもちゃんと言えます!

こーゆーのって親も一緒になって見て、それなりに作品を学び、その楽しさを共感して、
子供の話に乗ってあげられないとダメなんですよね。子供と同じ目線になって。

その点、仮面ライダーならおとさん超OK。昭和のライダーは全部網羅しておりますぞw
平成ライダーだって、ディケイドや電王、カブトとかそれなりに知識があります!

が、問題はもうひとつの方。プリキュアw これはさすがにテリトリー外です^^;
幼稚園で話題になっているのか? いつの間にかちゅぱみちゃんが興味を抱いており、
「プリキュア見たい」 と言い出したから困った。毎週録画とかセットしてないし…

よって、本当につい最近見始めたばかりです。まだここ2~3話くらいしか見てない。
女の子の変身ヒロインものかな? 魔法少女系?? (戦隊モノっぽい感じでもあるが…
初めて見たちゅぱみは 「かわいー」 と釘付けでした^^ やっぱり女の子だねぇ~。

そのちゅぱみに煽られ、ちゅぱおまで 「プリキュア見たい」 と言い出しました。
なにやら “ピーチが好き” だとかどうとか言い出しているので、少々不安なのですがw

とにかく、我が家は今この2作品が熱い!! おとさんおかさんも勉強しなくちゃ!



category: 育児 - お家でいろいろ

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

tb: --   comment: 4

胎毛筆  


我が家とおかさん母の計5名で、季節性インフルエンザ の予防接種を終えてきました。
特に誰にも副作用なし。ひとまず、ほっとしました^^;

新型の予防接種は年内中にはできそうです。かかりつけの小児科で予約も済ませ、
とにかくこの “インフルエンザ騒動” を無事に乗り切ろうと思います!

皆さんも十分お気をつけ下さい。何より子供が第一ですけど、自分自身も忘れずに、ね^^


そうそう、先日の七五三のとき、今まで一度も切っていなかったちゅぱみの後ろ髪を少し切って、
3歳の記念に筆を作りました。

1125筆

胎毛筆 と言うそうで、筆の柄にはちゅぱみの名前と誕生日が書いてありました。

こういったものがあることは前から知ってはいましたが、作ったのはもちろん初めて。
ちゅぱおのときは特に考えなかったもんなぁ~。髪も少ない方でしたしw

やっぱりちゅぱみは女の子。髪は女の命 ですもんね~^^
ずっと伸ばしてた後ろ髪を切り揃えることで、ちゅぱみ自身もまた一段と可愛くなったので、
すべてオッケーw まさに、ちゅぱみにとって、生涯の 「宝の筆」 でしょう。

…もちろん、使うことはないと思われ^^ 大事に閉まっておきます。



category: 育児 - ちゅぱみ

thread: 日記 - janre: 育児

tb: --   comment: 2

ケンカしたそうです  


ちゅぱおが幼稚園でケンカをした。
違う組の子と叩き合って、相手のご家庭にお詫びの電話をしたという…

まぁケンカは子供にはよくあることだ。
お気に入りのおもちゃを取った取られたでもめるなんて、日常茶飯事。
でも、だからといって “やって当たり前” “大したことじゃない” とは思わない。

悪いことは悪い。

おとさん、帰宅後、ちゅぱおを抱き寄せて、しっかり目を見て聞いてみた。
「いったい、何があってケンカしちゃったの?」

以下がケンカの原因 (細かい経緯は分かりませんけど)

1 ・ ちゅぱおは年中うめ組、相手の子は年中もも組
2 ・ うめ組と書かれた積み木が、もも組にあった
3 ・ ちゅぱおが積み木を手にしたら、相手の子がもも組のだと言った
4 ・ うめ組のか、もも組のかで、口論になった
5 ・ 相手の子が叩くような仕草をした (実際には叩いていない
6 ・ それに反応して、先にちゅぱおが相手の子を叩いた
7 ・ 叩かれた相手の子が積み木で、ちゅぱおの頭を叩いた
8 ・ ちゅぱお、頭にポコッとタンコブが出来た


…こんな感じらしい。うーん、その様子が手に取るように浮かんで見える^^;

それを先生から聞いたおかさんが、相手のご自宅へお詫びの電話。
向こうの親からもタンコブを作ってしまってすみません、とのことだった。


おとさんは叱りませんでした。むしろ、ちゅぱおを褒めました。
ちゅぱおがしたことは、別に間違ってはいない。

自分の組の名前が書かれてあった積み木が、別の組にあったから、
ただそれを部屋に持ち帰ろうとしただけ。お片づけの延長みたいなものだ。

その背景には、もしかしたら幼稚園の事情があったのかもしれない。

例えば、元はうめ組の積み木だったけど、現在はもも組で使うようにしているとか、
そういうことだってあるだろう。その場合、正しいのは相手の子になる。

しかし、そんな事情は子供は分からない (おとさんも知る由もない

“ちゃんと名前が書かれてあった。そのモノはその名前のものだ”
単純かつほぼ間違えのない、子供はおろか 誰もが判断できる材料があったのだ。
それを 「間違ったことしたね」 と言っていたら、子供は混乱する。

だから、おとさんは 「ちゅぱおは間違っていなかったよ」 と頭を撫でてあげた。

ちゅぱおは言う 「ちゅぱおは大当たり? あの子は大間違い?」
寝るときも何度も繰り返し、これを聞いてきた。小さな心にひっかかっているのだろう。
おとさんは 「そうだよ^^」 と言ってあげた。もちろんちゅぱおは喜んだ。
もしかしたら間違っていたのかも知れないが、それを細かく説明する必要はない。

「だけど、叩いちゃダメだ。ケンカしたら、どっちも大間違いになっちゃうよ」
と付け加えた。正しいからって叩くのは間違い。それはいけないこと。

おかさんからもう少し話しを聞くと、どうやら向こうの子からは保健室で、
「ごめんね」 と言われており、子供同士では一応、和解をしている模様。

ちゅぱおも、ちゃんとごめんねが言えたのだろうか…

「明日、幼稚園に行ったら昨日はごめんねって言うんだよ」
ちゅぱおは少し戸惑った。「間違ってないのに謝るの?」 と。
「ケンカしたふたりがごめんねをできたら、また仲良く遊べるじゃないか^^」
そう諭した。単純だけどこれしか伝えようがない。

ちゅぱおがどう理解したかは、ちゅぱおの心の中でしか分からない。


これからも何度もこうしたケンカはあり、どちらも正当性を主張するだろう。
勘違いもある。思い違いもある。早とちりもある。意地っ張りもある。

だけど、謝るべきときに謝らないと、人はどんどん孤立していく。

人に謝ることは実は勇気がいるもの。思ったよりもできないものだ。
歳を経ていくと、どんどん頭が固くなり、自分の非を認めようとしなくなる。
そうして周りに目が向かなくなり、話しを聞かなくなって、孤立する。

プライドを振りかざし自己陶酔に浸る人に対して、周りの人が楽しいわけがない。

大人じゃなくたって、子供にだってプライドがある。
でも、ちょっとした言い合いで友達を失うくらいなら、些細なプライドは捨てよう。
だって、友達はとっても大事。自分の周りの人は大切な存在なんだ。

たとえ間違っていなくても、謝るときはある。それを少しだけ覚えておこう^^


翌日、ちゅぱおは 「ごめんねと言って仲なおりしたよ」 と教えてくれた。

それでいい。偉かったよちゅぱお。

1120ちゅぱお



category: 育児 - ちゅぱお

thread: ある日のできごと - janre: 育児

tb: --   comment: 4

寒い日のわんぱく!  


日曜日に、幼稚園で 「わんぱくまつり」 がありました。運動会やおゆうぎ会とは別に、
踊ったり、おみこしを担いだりして、寒さを吹き飛ばす秋のミニイベントです♪

昨年、年少組のちゅぱおは、それはそれは素晴らしい踊りを披露してくれました^^

1118わんぱく01

今年もやるぜい!! と、それなりにやる気があるちゅぱお。

それにしてもすごく寒い>< ここ最近の中でもかなり気温が低く、風までびゅんびゅん。
これハンパないよ。インフルエンザが怖い時期だというのに、大丈夫なのか??

正直、おとさんとおかさん、…というか観客である保護者の方々、みんな身体ガタガタ状態。

1118わんぱく02

とっても楽しそうだしww 踊りが好きなちゅぱお。このわんぱくまつり、似合ってるね^^
運動会よりも、わんぱくまつりの方で本領を発揮するなんて、このお祭り男め♪

おとさん&おかさん、デジカメ&ハンディカムの布陣で、ユニークな踊りを撮りまくりました。

1118わんぱく03

さて、今年は年少組に混じって、一番小さい組のちゅぱみも初参加。
なんだか、おなかにも手にもいろいろついてますw

踊りはと言うと…、ひとり硬直ww 周りが踊っているのに立ちんぼさんでした^^;

踊りの後に、みんなそれぞれの組で作った特製おみこしを担いで、グランドを回ります。
とても寒い中、よく頑張った園児たち。みんな元気な風の子だね!

1118わんぱく04

わんぱくまつり終了後、あまりの寒さで ガタガタと震えていた ちゅぱみでしたが、
持ってきた上着を着せ、軽食を食べ、自分たちで作った (らしい) おみこしを見に行ったら、
いつもの笑顔に戻りました~。あ~本当に寒かったね。風邪ひかないでね…^^;

で、寒いって言うのに、わざわざ外でジュースを飲むふたり。ちょ、ちゅぱお、その顔ww

1118わんぱく05



category: 育児 - 幼稚園のイベント

thread: 幼稚園 - janre: 育児

tb: --   comment: 2

おいしい くだもの  


夜、寝る前によく絵本を2~3冊、読んであげたりしています。
絵本は寝室にあり、他の部屋を全部消して、寝室で絵本に集中させて読み聞かせます。

どうも、幼稚園で先生が絵本を読んでいるときに、落ち着いてちゃんと聞いていないらしく、
それを改善し、絵本に興味が湧くようにしよう、と思い立って始めたのが今年のはじめ。

それが、この夏から秋にかけて、変化が生まれてきました。

絵本は、それぞれが読みたいものを選んできて、それを読んであげるのですが、
前までは読み手がおとさん、おかさん。ちゅぱおとちゅぱみは聞き役に徹していました。

それが年中さんになってから、読む力、そして集中力がついてきたちゅぱおくん。
へたっぴなりに自分自身で読むようになり、「ぼくが読む!」 と積極的に^^
おとさんは、それを横で聞きながら、読み方の難しいところを教えるようになりました。

それが夏の始まりの頃でした。

今では随分すらすらと読むようになりました♪ ちょっと偉いです^^
ちゃんと読めたらしっかり褒めてあげるおとさん。それにより上機嫌となるちゅぱお。

その中で ある1冊の本 がちゅぱおの成長の引き金となりました。
それが ベネッセ 「こどもちゃれんじ」 で以前に送られてきた 「おいしい くだもの」

1115えほん01

「こどもちゃれんじ」 は、ずっと続けてきたちゅぱお唯一の定期刊行物で、
これは1・2歳用の読み聞かせ絵本。そう、3年も前の絵本です^^

ですが、この本。身近な果物ばかりを取り扱い、しかも読み方の勉強にもなるスグレモノ。

たとえば、いちごバナナメロンももみかんぶどう など、視覚的に色鮮やかであり、
また、あまいさわやかすっぱいさっぱり など、それぞれの味も言葉で表現。
ページをめくるたびに好きな果物が続々と出てきて、ちゅぱおもちゅぱみも食べたそうw

読み方では 「あまーい」 と伸ばしたり、「しゃきしゃき」「ちょっぴり」「ちっちゃい」 など、
少々読み方の難しいところもあって、簡単にスラスラとは読ませてもらえず、
ちゅぱおは何度もひっかかっては、教えられて最後まで読み終える努力をしてきました。

最後までひとりで読めるようになったとき、それはもうおとさん嬉しくてすっごい褒めましたよ!

それが心に残ったのか、ちゅぱおは 毎回この絵本を持ってきますw
「他にもいっぱい絵本あるんだから、今日は違うのを読んでみようか?」 と言っても、
他のを持ってきつつも、これも持ってきます^^; かなりお気に入りのようです。

絵本は、果物をひとつずつ見開きで紹介し、それをひと通り順番に紹介し終えると、
最後に こんな見開き が現れます。

1115えほん02

どうやら、この見開きが たまらなくイイようですww

いつもここで この中でどれがいい? 合戦になりますw ちゅぱおはだいたいパフェ。
ちゅぱみは 「どれがいい?」 と聞かれると、両手をほほに当ててニヤニヤしだしますw
どれもこれもおいしそうで、ただ選ぶだけなのに、笑みがこぼれて嬉しそう^^

毎月絵本が届くので、すでに50冊近くあるのですが、この本を超える人気者はまだいません。
まさに 不動のエース ですね! いつも寝る前なのにデザートが食べたくなります♪



category: 育児 - ちゅぱお

thread: 読み聞かせ・読み語り - janre: 育児

tb: --   comment: 2

新型インフルエンザの脅威  


いよいよ前倒しで小児ワクチンの接種が開始された、新型インフルエンザ。
最新1週間のインフルエンザ患者数は約154万人、今年7月からの累計は約585万人。
新型で亡くなった方は、世界で6000人を超え、先日、国内では52人となった。

世界的に、なんと恐ろしい事態となってしまったのだろうか…

8日のニュースでは、3歳の男の子が6日の夜に40度の発熱で、7日朝には受診したが、
タミフルを服用しても熱が下がらず、同日夕方に意識がなくなり、そのまま亡くなった。

5歳の女の子も、6日の発熱で最初は陰性と診断されたが、7日朝の急変で陽性と確認。
タミフルを処方。しかし、お昼前に呼吸をしてないことに気付き、間もなく亡くなった。


怖い。怖い。圧倒的に怖い。


新型インフルエンザは、発症から12時間で感染が判明し、48時間以内にタミフル投与で、
重症化が防げるとある。しかしタミフルを服用しても手遅れであったケースも多いため、
“新型の疑いがあったら感染判明前にタミフルを投与する方針” も広がりつつあるという。

少しでも疑いを感じたら即投与、疑いがなくても事前投与で危険を回避すべき、と思う。

しかし一方では、新型インフルエンザのワクチン接種により副作用が出たという報告もある。
心配事はどこまでも尽きない。副作用の症例は少ないので、まずはワクチンの接種か…

新型インフルエンザの情報を拾えば拾うほど、大きな不安が募る。

アメリカでは、新型の重症化による入院及び死亡患者の34%、3人に1人の割合で、
迅速診断では 「陰性」 と判断され、後に 「陽性」 になっている。偽の陰性だ。
先に記した8日のニュースでも、5歳の子が陰性から陽性に転じて亡くなっている。

迅速に診察することに対し、それを欺くって、どれほど恐ろしいウイルスなんだ…

確かに先月も、最初の発熱で風邪と診断され、後に恐ろしく急変するケースが多かった。
5歳前後の元気な子供が、発症からわずか2~3日で亡くなるというニュースが続き、
同じ年齢の子を持つ親としては、深い悲しみとともに想像を絶するほどの恐怖を感じた。

また、新型の猛威に伴い、小児のインフルエンザ脳症による入院患者が増加中とのこと。

① 人を正しく認識できない / ② 食べ物と食べ物じゃないものの区別が出来ない
③ アニメのキャラクターなどの幻覚が見える / ④ 意味不明な言葉を言い出す など…
これらの小さな変化、ちょっとしたサインを見逃さないようにしなければならない。
脳症の発症年齢は7~8歳が最多だが、年齢の低下傾向があるそうなので注意が必要。

我が子は3歳と5歳。どちらも幼く、どちらも大きな危険が周りに渦巻いている…

親は一体どうすればいいのか? マスクをさせ、うがいや手洗い、そして日々体温を測り、
人の集まる場所では要注意し、常に変化に目を配り…、それでどうにかなるのか?
不審者であれば全身で防ぎ、殴り倒して危険を回避するが、ウイルスにはどうすれば…


ふたりのいない世界なんて、絶対に考えられない!!


もはや今は、季節性だろうが新型だろうが、インフルエンザはインフルエンザ。
恐怖の対象でしかない。特に10歳未満の子は体力的にも大人とは比較にならない。

取り返しのつかない大変な事態、悲しい出来事となった時、「まさか、こうなるなんて…」 
と誰もが思う。もう全国の多くの方々が、その “信じられない不幸” に直面している。

自分ができることを、もう一度考え、見つめ直し、ちゃんと理解し、こまめに実行しよう。

あとで後悔をしないように。あとで悲しみに暮れないように。
目の前にいる愛すべき我が子の笑顔を、ずっと見ていられるように…


そして、ちゅぱお、ちゅぱみ。

もしもお熱が出たり、身体が寒かったり、頭が痛かったり、気持ち悪かったりしたら、
すぐに、おとさんに寄こしなさい。全部もらってあげるから。



category: 育児 - 病気関係のお話

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

tb: --   comment: 3

七五三 (着物編)  


七五三の前夜祭 (ハロウィン) の後、ちゅぱみに明日の着物をちょっと羽織らせてみる。

1025参拝01

おお、いいじゃないかぁ~♪ この淡いピンクの着物、よく似合っています。
ちゅぱみも 「これ、かわい~、これ、かわい~^^」 と連呼w 気に入ったようだ。

この着物は母さんに買って貰いました。

おとさんは、四人兄弟 (の次男坊) 。はい、実家は男ばかりでしたw
ウチの親は、男の子の子育てはかなりベテランの域ですが、女の子を育てた経験がなく、
よって、女の子らしい女の子のための女の子っぽい買い物 も、したことがない^^

着物。男の子の羽織袴や浴衣やジンベエなどではない、女の子の着物。

“あの娘に似合うような着物” といった視点で見たり選んだりすることがなかっただろう。
なので、おかさんそしておかさん母と話し合い、ウチの母さんに選んでもらった。

とってもよく似合う着物を選んでもらえたよ、ありがとう母さん^^


翌日 (七五三当日) 朝10時に写真館に予約をしているので、みんな正装して出発。
写真館では、まぁ時間がかかりました>< 他にも何組もいて待たされましたね~。
待ち時間中に、ちゅぱおに着物を着せ、ちゅぱみは髪をセット。おお、ふたりとも素敵!

そして撮影。ちゅぱお、意外とノリノリでどの写真もいい笑顔♪
ちゅぱみは若干ぐずり、少々表情が硬い^^; 3歳でずっと着物は大変だよね~。

写真は、それぞれ1人ずつ ・ ふたり揃って ・ 家族四人で ・ 両家の母を交えて ・ の、
計4パターン を撮影しました。子供たちだけの撮影の時は、大人は見てるだけ。
写真館内ではもちろんデジカメの撮影は禁止なので、代わりにビデオ撮りしてました。

さて、写真撮影後は神社へ参拝。ちゅぱみは、少々お疲れで移動中に車内で爆睡w
向かう神社は、お宮参りの時にもお世話になったところです。

1025参拝02

ちょ、綺麗だのぉ~、可愛いのぉ~、こりゃ嫁には出せないのぉ~~w

1025参拝06

ちゅぱおの正装はスーツ。はじめてのネクタイで、なかなか似合うじゃん。

参拝した後は、おかさん母が近くの料亭に昼食の祝い膳を予約してくれていたので、
なんともまぁ豪華なお食事となりました! おかさん母、いろいろとありがとうです。

1025参拝04

着物なので、なかなか楽になれないちゅぱみ。着替えが必要だったか…

1025参拝05

なんだよ、5歳前にして サマになってるじゃないかw ちゅぱお、かっけーな!

豪華な食事を堪能して家に帰り、しばしゆっくりした後、夕方、母さんを空港へ送る。
荷物もあるが、羽田におとさん兄が迎えに来てくれるとのことで、帰路は安心^^

母さんは孫たちに見送られ、笑顔で帰って行きました。


遠いところありがとう。実家には、盆と正月くらいしか顔を出せなくてごめんね。
でも、こうして我が家のあれこれと孫の成長を見てもらう機会があって、
おとさんはもちろん、ちゅぱおもちゅぱみも、そして母さんも嬉しかったことだろう。

今度は年末、我が家が羽田へ飛ぶ番だ。ちゅぱおも飛行機乗りたがっているしね♪
その時は、今度は ちゅぱお5歳の誕生日を宜しくお願いしますww



category: 育児 - ちゅぱみ

thread: 行事・イベント - janre: 育児

tb: --   comment: 7

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 2022年3月

ちゅぱ家ブログカレンダー