ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

おとさん子、ちゅぱお  


昨年12月に亡くなったおかさんのおじいちゃんの納骨が、
先日、無事に終わった。
これでおじいちゃんも、やっと落ち着いたんじゃないだろうか。

その日は、おかさん実家に親戚の皆さんが集まって賑やかとなった。
しかし、ちゅぱおの 再従姉妹 にあたる女の子が3人もおり、
さらに妹のちゅぱみも加わると、ひとり男のちゅぱおは 立場なし (笑

おとさん家系では男の子が多いが、おかさん家系は女の子ばかり。
どうしてもちゅぱおは、その輪に入りづらいようだ。

そんなもんだから、唯一の男の子 は注目の的になる。

親戚のおじさんたちが、どうにかちゅぱおと遊ぼうとしてくれるのだが、
ちゅぱお、逃げ、逃げ、ダッシュ逃げ!

おとさんの足にしがみつき、後ろに隠れ、なにかとヘルプを要請。
まだまだ他人様はニガテのようである。

おとさんが別用で席を離れると大騒ぎ。半泣きで追い掛ける (^^

ガンバレ! 男の子だろ!

そう思う反面、これは親子関係がちゃんとできている表れなのかな。

おとさんは正義の味方であり、ヒーローでなくてはならない。
助けて欲しいと思ったときに、助けてくれる存在。
いつでも全幅の信頼をおける立場が、子供に安心感を与える。

泣いていたちゅぱおは、おとさんがしっかり抱っこをすると泣き止み、
小さな手を首に回して 「もう離さないで!」 というアクションをする。

現実にはなかなかできることではないが、それを分かったうえで、
その心が満たされるまで、いつまでも抱っこしてあげたいと思う瞬間だ。

そんなちゅぱおを見て、子育てから久しく離れたおじさんやおばさんは、
「甘えんぼちゃんだなぁ」 「おとさんがいないとダメだなぁ」 と言う。

甘えんぼで結構。当たり前じゃないか、まだ 2歳 だぞ。

50にも60にもなった人が、自分の尺度で2歳児を測ってどうする。
親にいっぱい甘えていい時期に、甘えさせない親などいるものか!


おとさんは父親に不可欠な 「頼れる存在」 というキーワードを、
常に意識し、ちゅぱおとちゅぱみの心を満たすように頑張ろうと思う。

ちゅぱお、ちゅぱみ。
めいいっぱい甘えなさい、めいいっぱい応えてあげるから。


そんなちゅぱみはと言うと、
親戚のおじさんおばさんにたらい回しに抱っこされていた… (苦笑

「いったいあの赤ちゃんはどこの子?」 と思われるぐらい、
おとさんやおかさんのところに、全然帰ってこないちゅぱみ。

皆さん、ちゅぱおよりもグズらないちゅぱみの方が好きなようで…
やっぱそんなもんなのかな。



category: 育児 - 子育てお悩み思想

thread: パパ育児日記。 - janre: 育児

僕のおもちゃ  


ちゅぱおは2歳になり、物に執着する 感情が日に日に強くなってきた。
それが欲しいこれは僕のそれがなきゃイヤ、的な言動だ。

そこに、妹のちゅぱみが登場。

当たり前だけど、これまでは おもちゃ独占状態 だった、ちゅぱお。
全てが自分のもので、好き勝手に遊べ、それを妨げるものなんて無かった。

しかし、今は なんかよく分からない、よく泣く ちっこい のがいる…
四六時中泣いては、おとさんおかさんを 奪うちっこい のがいる…
これまでのように 最優先 で甘えられなくなった。なんかもやもやする…

一体、何者なんだ?

そう、ちゅぱみへの意識の芽生え。

おかさんと何度も話したこと。「ちゅぱおを優先的にかまってあげよう」
しかし、0歳児は どうしたって 手がかかるもの。
よってその分は、イヤでも上の子をかまう時間を減らす以外にない。

ちゅぱおの芽生えた意識は、そりゃあ幼児だもの、
親を取られた という完全な 嫉妬 からの意識だ。

しかし、大事にする存在 という感覚もなんとなく持ち合わせているよう。
親が大事にしている姿を目の当たりにしているから、邪険にしようとはしない。

ベッドで横になっているちゅぱみを、ちゃんと避けるようにするちゅぱお。
間違っても乗っかったり、踏んづけたりしないように、気配りをしている。

ちゅぱみが泣き叫ぶときは、駆け寄って様子を見るときもある。

親のマネをして、ほ乳ビンをちゅぱみの口に持っていったりもする。
すでに飲み終えて空になったほ乳ビンを、だ。

2歳児なりの心配り。決して親は邪魔をしちゃ行けない。

それでも、ベッドに放置していた自分の大好きな車のおもちゃなどを、
たまたまちゅぱみが手にしたりすると、それを取り上げてしまう。

自分の大好きなおもちゃが、取られた と思うのだろう。

おとさんは、そういった場面を見かけたとき、いつも同じことを言う。

「ちゅぱお、そうだね、ちゅぱおの大事なぶーぶーだよね。分かってるよ。
 だけど、ちゅぱみも遊びたいって。楽しいぶーぶーで遊びたいんだって。
 だからちょっと貸してね、ちゅぱみはちょっとでいいよ、すぐ返すからね。
 ちゅぱおのぶーぶーだもんね。すぐ返すから、ちょっとならいいよね?」


すると、素直に貸してくれるのだ。
それが自分のだと分かってくれている、だから貸してあげてもいい。
…と考えるのだろうか。本心のところは正確には分からない。

さらにそれだけじゃなく、おもちゃ箱から他の車のおもちゃを持ってきては、
「ん! ん!」 と、いっぱいちゅぱみに渡してくれたりもする。

優しいお兄ちゃんで良かったね、ちゅぱみ。

20070207114151.jpg

ちょっとくれすぎ、だけど…ね (^^

ちゅぱみにちょっとだけ遊ばせた後 (遊ぶと言っても大して遊べないが)
「ありがとうね」 ってちゅぱおにちゃんと車を返してあげると、
「ありっと」 とヘタな会釈付きで、ありがとうを言ってくれるちゅぱお。

本当にいいお兄ちゃんで、おとさんは嬉しい。


category: 育児 - ちゅぱおくん編

thread: パパ育児日記。 - janre: 育児

いないいないばぁっ!  


先日の日記にも書きましたが、
ちゅぱお、『いないいないばぁっ!』 にとてもハマっています。
もうダントツでこの番組が気になるらしく、
Woooの画面を録画リスト画面に切り替えると、すぐに画面を指さして

「あ! ないない! ないないばっ! ないないば、だね~」

と、他の番組を許さない勢いで 『いないいないばぁっ!』 を求めます。
もう録画されていて、いつでも見れることが分かっているんだね (^^

20070207114137.jpg

だから、違う番組を再生すると、たまに癇癪を起こします (苦笑
ホントに好きなんだね~ 『いないいないばぁっ!』 が。

中でも 「ぐるぐるどっかーん」 のコーナーがお気に入り。
頑張ってちゃんと踊るところを見るのは、親ながら楽しいです。

そうして子供と一緒に見てあげたり、歌ってあげたりすると、
やっぱり自然と自分たちも覚えてしまいますよね。楽しい歌だとなおさら。

歌詞や振り付けなどは、もちろんちゅぱおよりも早く覚えるし、
覚えた分、お風呂や寝るときなどにも歌ってあげられる。
ちゅぱお、歌ってあげると喜ぶんですよ。寝ながら踊るんです (爆

「こうして歌ったりしていると、あらためて親なんだな~って思うね」

と、この間、おかさんが言っていました。まったくもって 同感
おとさん、一緒に踊ってあげている時点では、ちゅぱおと同類です。
だって楽しんでいるもの。

いやぁ~こども番組、侮れないです。結構ハマります (笑
細かいコーナーや歌の選曲など、その良し悪しまで気になります。

電車や車など、乗り物を題材としたネタが続くとちゅぱおが喜ぶので、
今度、乗り物特集 などをやってほしいなぁ~とまで思う今日この頃。

他番組では 『ピタゴラスイッチ』「アルゴリズムたいそう」 も好き。
ちゅぱお、この振り付けも一生懸命に頑張ります。

ひとりでできる体操じゃないから、ちゅぱおが振り付けを覚えたら、
一緒にやってみようかな、と思います (^^


category: 育児 - お家でいろいろ

thread: パパ育児日記。 - janre: 育児

アムロ、ガンダム行きまーす!  


久々に 『劇場版 機動戦士ガンダム』 3部作を一気に鑑賞しました。
やっぱスゲーよ! 僕もあの人に勝ちたくなっちゃったよ (誰に?

ガンダム (ファースト・ガンダム) 世代のおとさんにとって、
当時この3部作は、それこそ熱を入れて繰り返し見たものです。

今回見たのは、もちろん “劇場版3部作 オリジナルバージョン”
当たり前でしょ、これしかないって。

かつて、2000年に発売された3部作のDVD “特別版” を見た際、
あまりのあまりのあまりで、思わず 卒倒 しそうになったおとさん。
5.1ch用にサウンドリニューアルを施したというシロモノではあるのだが、
…いや、コレに関しては何も言うまいて。こいつは 黒歴史 なのだから。
※Amazon等で検索してレビューを読むと、よ~く分かります (感想はどれも同じ

しかし変わるもんだよなぁ~、あの傑作をよくもここまで…(謎


オリジナル版は鳥肌が立つほどイイ!
そりゃそーだよ、何度となく見たもの。脳にすりすり刷り込んだもの。

ジャブローには哀戦士、脱出にはめぐりあいだよな (全国民賛同!

この後、ホントにいろいろと 「ガンダム」 の名を継ぐシリーズが出来るけど、
どれひとつとってもファーストを超えたものはないように思う。

後発のシリーズ群は、とにかくただ “ハデ” なだけだった。

ストーリーもキャラクターもデザインもサウンドも、細かい演出に至るまで、
どれも敵わない。日々映像、音響、編集技術が進化してるのに、だ。

近年のガンダムなどは、それこそ見るに堪えない。

やっぱりガンダムは、ここ (めぐりあい宇宙) で綺麗に完結しているんだよ。
ぐだぐだと続けるべき作品じゃなかったんだよな、ホントに。

…と、個人的に思いました (笑

まぁ欲目というのも多分にあると思います。世代の違いもあるでしょう。

ファースト世代じゃない人には 『Z』 が全てかも知れませんし、
『ZZ』 が一番だという人だっているでしょう。いや 『W』 が最高かも…
もしかしたら 『G』 なんて言ったりして。『V』 なんてどうだろうか?
近年ガンダムにハマった人は、やっぱり 『SEED』 なのかな…

まぁとにかくガンダム作品は山のようにあるのですが、個人的に、
未見の人には、ガンダム3部作 (オリジナル版) をオススメします。

だって、これがなければ、その他の作品は存在しなかったのだから。
ガンダムの全てが凝縮されているので、お腹いっぱいになりますよ (笑

おとさんにオリジナル版を提供してくれた、旧友に大感謝!


貴様は3階級特進、大尉に任命する!


category: 雑記 - 映画やゲームなど

thread: 日記 - janre: 育児

大こども番組時代が始まる!  


早起きが始まったちゅぱお。
すると、これまでは夕方に稀に見るだけだったテレビの こども番組 にも
なにやら朝から興味を持ち始めたよう。

これまで、もちろんこども番組など見ていなかったおとさんとおかさんは、
基本的に朝の出勤時間帯はフジ系の 『めざましテレビ』 を見ていた。
んで、『とくダネ!』 が始まった頃に 「いってきまーす」 と出かける。

これは、結婚してからずっとそう。

ちなみにおとさんは、独身時代は日テレ系の 『ズームイン!! 朝!』 だった。
(※ 現在は 『ズームイン!! SUPER』 )
見ていたのは福留さん時代。実家で徳光さん時代の同番組を見ていたので、
その影響から、ひとり暮らしでも 「ズームイン!」 に起こされていたなぁ~。

そして今年からはNHK。大こども番組時代の幕開けである。


主だったこども番組は、朝7時から9時までの2時間に凝縮されている。

7:10 『からだであそぼ』 (15分)
とにかくケイン。ケインが得意の運動能力を駆使して、子供たちと遊んでいる。
筋肉系の番組で見かけなくなったと思ったら、こんなことしてたのね (笑
ちゅぱお、今ひとつ反応がない。というか、この時間帯はグズっている…

7:25 『アニメ・ブルーナのえほん ミッフィーとおともだち』 (5分)
ミッフィーの立体アニメ。5分番組だが、ほのぼのしていて良い。
オープニング時には 「あっ!」 と興味を示すちゅぱおだが、
わずか5分番組なのに集中力が持続せず、すぐに抱っこして状態に…

7:30 『てれび絵本』 (10分)
2本立ての絵本読み語り。1本目のワニくんシリーズが可愛くて良い。
ただし2本目は小難しい (絵的にも可愛くない) ものが来ることもある。
これもちゅぱおは大して反応しない。まだ分からないのかな?

7:40 『えいごであそぼ』 (10分)
白いのとホコリまみれのふたりが、アップ&ダウンやロング&ショートなど、
簡単で見た目にも分かりやすい英単語を使って、いろいろと教えてくれる。
中でも 「Dancing Days」 のノリの良さがお気に入り (おとさんが)

7:50 『アニメ ぜんまいざむらい』 (5分)
頭にぜんまいをくっつけたちびっ子が、大江戸を舞台に活躍するアニメ。
いろいろと面白そうなキャラクターがいて、ちゃんと見れば楽しいのかも…
しかしちゅぱお、まったく興味なし。少しは見なよ…

7:55 『クインテット プチ』 (5分)
パペットによる音楽番組 『クインテット』 のショートバージョン。
キャラクター自体はあまり可愛くはないが、朝からクラシックは悪くない。
割とテレビの前に立ち、釘付けになるちゅぱお。そこそこ好きそうだ。

8:00 『にほんごであそぼ』 (10分)
方言による詩の朗読や野村萬斎の狂言まわし、「じゅげむ」 の読み聞かせなど、
確実に幼児向けの番組じゃない。『えいごであそぼ』 よりも難度が高い番組。
だが、ちゅぱおは可愛くないKONISHIKIの 「コニちゃん」 が好きみたい。

8:10 『ピタゴラスイッチ ミニ』 (5分)
何をおいても 「ピタゴラそうち」 の凄さが際だつ。これがうまくできてんのよ。
「アルゴリズムたいそう」 や 「10本アニメ」 など、良さげな企画が多い。
ちゅぱおもよく見ている番組。しかしノリはもうひとつかな?

8:15 『いないいないばぁっ!』 (15分)
ちゅぱお贔屓の番組。オープニングから 「いないいないばぁ」 と歌うほど。
「ぐるぐるどっかーん」 も好き。振り付けだって頑張ってしちゃうぞ (^^
わんわんはちゅぱおのお気に入り、ふうかちゃんはおかさんのお気に入り。

8:30 『プチプチ・アニメ』 (5分)
5分程度のミニアニメ。曜日で放送されるものが異なるが、総じてシュール。
どうも短いうえに、曜日で替わるからか印象が薄く、ちゅぱお人気は低い。
おとさんは金曜のクレイアニメ 「ナッチョとポム」 のノリが好き。

8:35 『おかあさんといっしょ』 (25分)
こども番組の大御所。ちゅぱおは 「ぐ~チョコランタン」 が好きみたい。
おかさんは、ゆうぞうお兄さんの笑顔はなんかウソくさい、と言っている (謎
「ぱわわぷたいそう」 は楽しそうだけど、ちゅぱおはまだ覚えられない。


この後も、『ざわざわ森のがんこちゃん』 やら 『バケルノ小学校』 やら、
いろいろあるけれど、今はまだ 『おかあさんといっしょ』 までのよう。

このごろは録画しておいて、ちょこちょこと再生してあげるようにしている。
何度も見聞きすることで、お馴染みになる → 覚える → 好きになる、からね。

誰が (どのキャラが) ちゅぱおの心をいち早く鷲掴みにするのかなぁ~♪
でも、さすがに コニちゃん だけはカンベンしてくれ (苦笑


category: 育児 - お家でいろいろ

thread: パパ育児日記。 - janre: 育児

只今、早寝作戦実行中  


ウチはこれまで 夜更かしスタイル でした。

以前のおとさんの仕事上、早く帰って来るということがほとんどなく、
終電に近いタイミングでの帰宅となるので、そこからご飯だ、お風呂だとなり、
寝るのは 夜0時過ぎ、1時や2時なんてのもザラにありました。

そんな生活スタイルでいると、やはり子供も夜更かしになりますよね。

まだ1歳やそこらの幼児が、夜遅くまできゃっきゃっと騒ぎ、
平気で日付が変わるまで起きているのは、感心できることではありません。

これは改善しなければ! と、夜更かしの我が子ちゅぱおを思い、
昨年も折を見ては、早寝ミッション を何度となく試みました。

…が、これがどうにもうまく行きません。

やはり根っこのところでおとさんとおかさんが 夜更かし人間 なので、
“寝かしつける感” がバリバリに出ているのでしょうね。
ちゅぱおにとっては “寝かしつけられる感” を敏感に感じ、拒否する、と。

これはダメだ。本腰を入れなければならん!

ちゅぱみが生まれた今、ちゅぱみだけ早く寝かしつけても、
ちゅぱおがキャーキャーと走り回ると、結局は起こしてしまう。

元凶である 魔王ちゅぱお を寝かさないと、根本の解決にならないのです。

で、出した結論は、一緒に寝る です。

騙し騙し寝かそうとしても、寝てくれないのは、自分たちが寝ようとしないから。
「いっしょにねようね~」 がウソの言葉だと分かっているからだと思う。

であるなら、これはもう寝るしかない。
騙しもウソも何もない、本当に一緒に寝るのだ。もう マジ寝ちゃうのだ!

現在、いくら遅くなっても夜7時には帰宅できる。
そこから晩ご飯を一緒に食べつつもお風呂を沸かし、夜8時。
ちゅぱみ、続いてちゅぱおをお風呂に入れ、寝る用意を済ますのが夜9時。

テキパキと動けば、夜9時過ぎには寝室に入れるはず。
全ての電源をOFFにして、真っ暗にしてしまえば、もう寝るしかない。

おとさんもおかさんも寝る。場合によっては先に寝落ちするぐらいの勢い。
民放やWOWOWで見たい番組があっても、WoooでREC これでOK!


今年に入ってから実行していますが、なかなかいい感じで寝ています。
やはりちゃんと一緒に寝る、という覚悟の効果は大きいようです。

早寝をするから早起きもできる。

もともとおとさんは 遅寝早起き派 なので、早起きはへっちゃら。
ちゅぱおもちゅぱみも 早寝早起き で、これは身体にイイ!

しかしおかさんは 遅寝遅起き派。早く寝ても遅く寝ても遅起き。
も、もしかして…ウチの元凶は…おka…(黙


category: 育児 - お家でいろいろ

thread: 育児日記 - janre: 育児

我が家に桃鉄がやってきた  


おとさん、年明け早々どーしてもおかさんと遊びたくなったので、
『桃太郎電鉄』 を衝動買いしてしまいました。

桃鉄はずーっと昔にSFC時代に遊んだ以来、今まで買っていませんでした。
だから、新しい桃鉄ってどんなんだろう、と気になったのがきっかけです。

それにしても、知らないうちに、やたらめったらシリーズが出ているなぁ~。
昨年末にもシリーズ最新の16作目が発売されたみたいだけど、
でも、おとさんが欲しかったのは 『桃太郎電鉄12 西日本編もありまっせー!』

全国編と西日本編の2つのマップが楽しめるってところに、心惹かれました。
これだよ、これ。一家にひとつ なら、これしかない!

しかし、これがまた年末年始は桃鉄が一番売れる時期のようでして、
どこもかしこも売り切れ続出。なかなか手に入りません。
やはりみんな、年末年始は桃鉄を遊ぶよう。これは日本の定番なのだろうか…

ちなみにおかさんに 「桃鉄って遊んだことある?」 って聞くと 「あるよ」 と即答。
これは期待できそうだ。桃鉄はCOM相手ではなく人との対戦が何よりも面白い!

おかさん 「一番最初のを遊んだことあるよ、ホラ、桃太郎のロープレのヤツ」


それ、『桃太郎伝説』 ですから!!!


ロープレって言ってる時点で違うじゃん! ボードゲームの話をしてるのに (苦笑

と、言うことでおかさん、桃鉄未経験 であることが発覚。こりゃ面白くなりそうだ。

で、やっとこさ発見して即購入。シリーズの中でも人気作だけに苦労しました。
早速、家に帰ってプレイヤー2人とCOM2人の4人対戦モードで、プレイスタート!

いやぁ久々に遊ぶとやっぱいいですね、桃鉄サイコー!
こんなカードあった、あったと、おとさんは昔を思い出しながらの懐かしプレイ。

キングボンビー、さらに凶悪に進化してやがった…。やっぱりイヤな野郎だぜ!
さらにハリケーンボンビーなんてのも登場。農林系の物件 まで吹き飛ばします!
その 聖域 を破壊するのは無しだろう! とおとさんビビリまくりでした。

初めて遊ぶおかさんは、無双系とは違った2人同時プレイのゲームをじっくりと堪能。
どうやらコタツに入り、まったりと遊べるところが気に入ったようです (^^

おとさんも、最初はいろいろと親切にレクチャーをしていましたが、
もともとが難しいシステムのゲームじゃないので、おかさんすぐにコツを掴み、
今では 総資産120億 対 69億 で、倍ぐらい差をつけられてしまいました (爆

こりゃヤバイ、俺もそろそろ本気を出すか! (お決まりのセリフ

まだ、10年とか20年とか、短い期間の設定でしか遊んでいないので、
そのうち、ドカッと99年プレイでもしてみようと思います。

でも、何百億単位の差をつけられたら、さすがに 故意 にデータ消去だな…ニヤリ。
その罪は ちゅぱおにでもなすりつけよう。勝手にリセットしたんだと…(悪

そう、彼はリアルキングボンビーなのだ!


category: 雑記 - 映画やゲームなど

thread: 日記 - janre: 育児

年賀状奮闘記  


年賀状作成は、毎年12月に入ってからバタバタと始めます。

子供を持つ家庭 は、どこもだいたいそうだとは思いますが、
やはりウチも例に漏れず、インクジェット用ハガキに自分で印刷を掛けました。
そう、親バカ年賀状 ってやつです (笑

最近撮影した子供たちの画像 (フォト) データを全て見直し、
年賀状に相応しい写真はどれか? ブレがなく可愛く写っているか?
など、あれこれと入念にチェック をしたのち、ベストな一枚を選びます。

昨年の年賀状は、一昨年の12月に出かけた富士山旅行の写真を採用しました。
我が息子ちゅぱおの、はっきりとした笑顔の写真。
それに富士山と山中湖の写真を組み合わせ、戌年の一文字を加えました。

こんな感じです (^^

20070111192700.jpg

昨年はちゅぱみが生まれた年なので、ある意味 ちゅぱみが主役 ではありますが、
それではちゅぱおの成長が見せられなくなってしまいます。
すると、採用写真のベストは 最高のツーショット ってところでしょう。

しかし、それを気にして秋~冬と、何度かツーショット撮影をトライしましたが、
ことごとく失敗

結局、それぞれ別々の写真を選び、中央に 2007 A HAPPY NEW YEAR と入れ、
ひとつの絵にまとめました。まぁ上々の出来です (笑

が、しかし喜びも つかの間

いざプリントアウトしようとすると、どうもプリンターの調子が悪い。
まともに印刷できず、あれこれ調整しつつ印刷するも、もう刷り上がりはグダグダ
年賀状10枚はムダにしましたよ (涙

どうやら、ちゅぱおが日頃ちょこちょこといじっていたのが原因のよう。
いや、手の届くところに設置していたおとさんが悪いのです…ぐすん…

で、にっちもさっちも行かず、結局、近くの家電量販店で診てもらうことに。
だが、ここに大きな落とし穴が!

店に持ち帰ってから一週間経過。その間、なんの音沙汰もない
もう12月も10日を過ぎた…。おいおい、ちゃんと間に合うんだろうなぁ。

そこで気になってこちらから連絡を入れる。相手はウチに対応した営業担当者。

担当曰く 「メンテ担当には、すぐそちらに連絡するように言っておきます」 と。
大丈夫なんだろうね。見積りがうんぬん言っていたけど、まずは迅速な対応を頼むよ。

しかしてさらに一週間。なんの音沙汰もない…。でたよ、でましたよ

で、おとさん、辛抱たまらず店舗へと 直接おどり込む
営業担当者発見! 聞くと想像を超える 予想ガイ の返答が!!

なんとその量販店では、現在診てもらっているウチのプリンターのメーカー、
HP (ヒューレットパッカード) の商品は扱っておらず、
対応できないので、東京にある日本ヒューレットパッカード本社へ郵送したとの事

こちらに何の連絡もなく、勝手に送るのが一般的な対応か?

で、メンテ担当者が送ったっきり 何も対応をしておらず今連絡 をしたところ、
向こうも年末は忙しくしているそうで、帰ってくるのは 年明けになるだろう…と。

おいおいおいおい! どーしてそーなっちゃうの!!

だったら、最初にウチのプリンターを見た時点で、メーカー送りになるとかどーとか、
もちっと初期対応でその後の展開など、いくらでも読めるだろうに!

しかも、あらためて見積もった修理費が、約 1万7千円 なり…(涙

プリンターなど、一般家庭でフル稼働するのは年末くらいしかないですよ。
年賀状作成ですよ、それが ヤツの仕事のほとんど ですよ!

すっかり熱も冷め切った年明けにひょっこり戻ってきて、
しかも1万7千円 + 新規のインク代を合わせて2万近くも払うなんて…。

そんなのできっか!!

ということで家電量販店で 直談判

「おい、その店頭に並ぶCANONのプリンター。使い勝手良さそうだな、それくれ」
「不手際があったんだからまけろ。どうせ払う2万なら新型がいい。いいよな?」
※もちろん文章は誇張しております。

というゴタゴタがあって、初号機HPは廃棄処分に。
弐号機CANONは、PIXUS MP600
量販店の年末セールサービスに、担当者の 誠意ある サービス (?) が加味され、
ピッタシ2万円で購入となりました

それが12月23日。年賀状はクリスマスまでに投函すれば、元旦に間に合う!
そこからは突貫工事です。新型のプリント速度を十二分に生かし、無事に完成!

20070111193416.jpg

そんなこんなでバタバタした、今年の年賀状でした。


category: 育児 - 恒例イベント … 冬

thread: パパ育児日記。 - janre: 育児

おてんばちゅぱみちゃん  


ちゅぱみはよく喋る。

ぷぎゅるぅぱぎゅるぅあきゃきゃきゃきゃー! 的な理解不能な言葉ですが、
まぁよく喋ること、喋ること。

ちゅぱおがこの頃くらいの時よりも、断然に喋っている感があります。
ひとり目よりもふたり目の方が、成長が早いともいいますし、
やはりお兄ちゃんが傍にいることが、成長を加速させているのでしょうか?

寝起きとかも非常に機嫌が良く、やっぱり いつの間にか喋ってます (^^
わんわんと泣いて起きることの方が稀です。

おしゃぶりをくわえるのも上手。だから寝入るときには助かります。
ちゅぱおは全然ダメでした。おしゃぶりはすぐ ペッ! ってしちゃう子だった。

ちゅぱみはあらためて我が家に、おしゃぶりの大切さを教えてくれました (爆

また、このごろはちゃんと両手を使って遊ぶようにもなり、
ベビーチェアに備え付けるおもちゃに興味を示しては、ガチャガチャとやってます。
これで遊び出すのは、ちゅぱおよりもひと月くらい早いのではないだろうか…

20070110125338.jpg

ご機嫌がいいと足を高速でバタつかせるのは、ちゅぱおと同じ。
お風呂に入れるときなどは、湯船の中でおとさんのことを ガンガン蹴ります

なかなかわんぱくだぞ、この子 (笑


ですが、そんなちゅぱみもひとつだけ、まだ成長できていないことがあります。

それは 寝返り

ちゅぱおは、3ヶ月目の終わりの頃にはできていました。
夜中の寝返りによるうつ伏せ寝には、それはもう気をつけたものです。

しかし、ちゅぱみは来週で満5ヶ月になるのに、未だ寝返れません。

できそうで、できない。…というのではなく、
寝返ろうとしない というのが正しいような、あまり寝返りに挑戦しません。

両手をちゅぱちゅぱ、服の袖をちゅぱちゅぱ、掛け布団の端をちゅぱちゅぱ。
んでもってお喋り、ぷぎゅるぅぱぎゅるぅいっぱいお喋り。それに夢中です。

まだまだ、その気は無さそうだ (^^

寝返りをする前にお座りをした、という育児話を人から聞いたこともある。
赤ちゃんそれぞれ、成長の仕方が違って当たり前だよね。

ちゅぱみにはちゅぱみの “寝返りたいタイミング” があるのだろう。
それを温かい目で、のんびりと見守ってあげることにしよう。


…それにしても、よく喋るなぁ (苦笑
将来、お喋りな女の子 になりそうな予感が、ビシビシと伝わってくるぞ!

おとさんも負けないように頑張ろ、っと。


category: 育児 - ちゅぱみちゃん編

thread: パパ育児日記。 - janre: 育児

お正月祭り  


今年の年末年始は、3泊4日の実家帰省旅行から始まりました。

12月30日に実家へフライト。羽田着15:00。実家着17:00。
しかし、到着30分後にして早々におとさんとおかさんは、
それぞれの友人たちとの忘年会が予定されており、
ちゅぱおとちゅぱみは、いきなりおじいちゃんとおばあちゃん任せ に (鬼

まぁしかしおじいちゃんは、今回、孫娘ちゅぱみと初のご対面。
ずっと会いたかったことでしょうから、これはいい時間作りなのです!(苦笑

ちびっ子ふたりとも、機嫌良くしていたらしいので良かった、良かった (^^

高校からの腐れ縁な “Let’s ダチ公” たちとの久々の飲みは、とにかく面白かった!
多分ヤツらとは死ぬまで付き合っていくんだろうな (笑


それはさておき、翌日31日はちゅぱおくんの 満2歳 の誕生日。
ちゅぱお、自分で2本のロウソクの火を吹き消しました~♪ エライ!

この頃、ちゅぱおは本当に言葉の数が増えてきて面白い。
しかも語尾は決まって 「~ね、~だね」 と可愛らしいのなんの (^^

「あ、ぶーぶーね、ぶーぶーきたね~。あかだね、あか。きゅうきゅうた、ね~」

知ってる言葉をめいいっぱい使って喋る我が息子は、とても微笑ましいです。

ただ、やっぱり思うのは、大晦日の誕生日は、ケーキと年越しそばがセットなので、
微妙に 食べ合わせ は良くないような気がします。どっちも美味しいんだけどね…

20070106213158.jpg

年を越してすぐ地元の神社へ、親子三人で初詣。
ちゅぱみはまだまだちびっ子なので、家でお留守番です。

甘酒を飲みましたが、あれはどうにも好きになれません。
ビール、日本酒、焼酎、ワインなど、酒類は全般好きなのですが、あれはニガテ。
おかさんのをちびちびと貰いましたが、う~んもっと旨い甘酒はないもんかなぁ~。


さて、一眠りしてお昼は、おとさん家系が一同に揃う、恒例のお正月祭り
兄夫婦の長男 (7歳) は小学生になってしっかりお兄ちゃんでしたが、
ニンテンドーDSにハマリ中で、それはもう遊びまくりでした (笑

長女 (0歳7ヶ月) はウチのちゅぱみと同い年。
ちゅぱみより3ヶ月早く生まれましたが、ちょっと伸びた髪を結わって女の子らしい!
3ヶ月違うと、こうも差がでるのかぁ~。ええの~可愛いの~♪

弟夫婦の兄弟は、長男 (3歳4ヶ月) と次男 (1歳8ヶ月) のワンパク盛り。
ただいま電車に夢中で、500系だ700系だと叫び、南海ラピートや東武スペーシアなど、
まぁ詳しいこと詳しいこと (爆) おもちゃの電車を兄弟で取り合っていました。

自分が男4人兄弟で育ったからかもしれないけど、男同士はやっぱり賑やかで楽しい!
育てる方は大変なんだけどね…^^; ウチの親にはホントーに頭が下がります。

そしてウチのちゅぱお (満2歳) とちゅぱみ (0歳4ヶ月) も加わり、
それはそれは賑やかなでお正月でした。

お正月はみんなの成長が見れて、ホント楽しい。みんな大きくなれよ!


ちなみに、ちゅぱおは基本的に良い子でしたが、お風呂だけは 警戒 していました。
ウチのお風呂は大好きですが、知らないお風呂はどこでも怖がります。
おとさん、超抱っこモードで入れてあげました。じゃないと大騒ぎするので (苦笑

ちゅぱみはおばあちゃんに任せたけど、お風呂に入ってもそれほど大騒ぎせず、
いい経験をおばあちゃんにさせてあげられたのではないでしょうか (^^

20070106213338.jpg

なお、無事3泊4日の正月旅行を終え、家に帰ってきた晩は、
ちゅぱお、これまでにないほどの 大興奮 でぜんぜん寝ませんでした。

ベッドの上でどったんばったん! 有り得ないほど騒ぐちゅぱおを見て、
この帰省は息子にすごく影響があったんだな、と思いました。

それはそうです。飛行機に乗り、電車に乗り、おじいちゃんおばあちゃんに会い、
馴染みのないおもちゃで遊び、お風呂に入り、夜中に外を歩き、寝室で寝て、
そのうえ、従兄弟たちと一緒に遊んだり、新しいおもちゃを貰ったりしたのです。

小さな頭の中で、いろんな出来事、経験が目まぐるしく駆け回っているのでしょう。
興奮しないワケがない。それだけ息子には 盛りだくさん だったんですよね (^^


翌日、ちゅぱおの言葉がまた増えていました。

「こうきね~、ひこうき。ぶーぶーいっぱいね~。きーんね、ひこうきだね~」

ひとつ成長した息子を見て、また微笑ましく思うおとさんでした。


category: 育児 - 盆と正月の帰省旅

謹賀新年  


あけましておめでとうございます。

本年より FC2 ブログ に引っ越してきました、おとさんです。
宜しくお願いします。

え~引っ越し前のブログ (ドリコム) でも、父親視点の育児日記を書いておりました。

当ブログの主人公は、タイトル名にある、
長男 ちゅぱお (満2歳) と、長女 ちゅぱみ (0歳4ヶ月) の
まだまだちびっ子な、ふたりの我が子です (^^

指をちゅぱちゅぱと口にくわえる姿から、ちゅぱお、ちゅぱみと名付けました。
※もちろん本名ではありません。

稀に、私おとさんの趣味や仕事のこと、その他雑多な日記を書いたりもしますが、
基本は育児日記ということで、ジャンルはちゃんと 「育児」 にしました。

ふたりの我が子の成長を、喜怒哀楽を込めて書き記していこうと思いますので、
皆さん宜しくお願いします。



category: 雑記 - 当ブログに関する事

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー