FC2ブログ

ちゅぱお と ちゅぱみ と ちゅぱろう - へっぽこ父さんの育児日記 -

1歳児くんと兄妹のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

光のおとさん  


先日、WOWOWで初めて、『 劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん 』 を観ました。
良かった。素直に面白かった。というか感動して、最後涙腺が緩む事態だったw

作品自体は昨年の6月に劇場公開しており、その時期には作品自体は知っていたのだが、
やはり中学生2人 (うち1人は受験生) に1歳児のわんぱく坊主までいると、
なかなか映画館に足を運んで観るというのは難しく。我が家はもっぱら WOWOW 初視聴派♪

おとさん映画大好きなので、話題の映画は WOWOW初放送時 に、全て視聴します^^
それ以外にも、懐かしの旧作や子供たちと観るアニメ映画、また隠れた名作なども楽しんでます。
他には、これもなかなか行けないアーティストのライブや演劇も、欠かさずチェック!

最近では、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』 『ザ・ファブル』 『劇場版 おっさんずラブ』
『ワンピース スタンピード』 『空母いぶき』 『アルキメデスの大戦』 『見えない目撃者』
『ジュラシック・ワールド 炎の王国』 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
 などなど…
気になるものは全部WOWOW! なのでレンタルDVDとか一切利用しませんw

ライブも、TUBEやラルク、DA PUMP、バックナンバー、ウーバー、三代目JSB、セカオワなど、
あれこれ贅沢に観ちゃいます♪ せっかく加入しているのだから、有効に使わなきゃね。

…と、少し話題が逸れましたが、光のお父さん、観て良かったです。これは家族揃って観ました。
オンラインゲーム内で、自分のキャラクター同士で会う、父と息子。 まず設定で笑えるw
ネットに疎い父と達者な息子。そしておとさんもよく知っているファイナルファンタジーの世界。

仕事一筋だった父が、いろんな壁 (?) にぶつかりながらも、オンラインゲームを楽しむ姿が、
妙に微笑ましく、妙に懐かしく、また妙に嬉しくさえ思えてしまう。この謎の視聴感w
ネットやオンラインゲームを知る我が子たちも、「マジかw」 と大笑い。年齢問わず楽しめました。

0630光のお父さん

実はおとさん、FFのオンラインゲーム (MMORPG) を遊んでいた過去 があります。
今回の映画のモデルとなっている 『 XIV 』 ではなく 『 XI 』 。FF14ではなくFF11ですね。
2004年、ちゅぱおが生まれる前の話。しかもPS2版でおとさん、PC版でおかさんの “夫婦でFF” です!

この時おとさん、MMORPGをするのは初めてでした。この映画に既視感ありありw
おかさんとふたり四苦八苦しつつ、またはおかさん友人からのサポートを受けつつ、楽しかったな~。
そんな思いから、この映画の光のお父さんが、妙に近しい存在に感じたのよね^^

それと、引っ越した後の2008~2009年くらいに、学生時代の友人たちと始めたオンラインACG、
『 ダンジョンズ&ドラゴンズ オンライン 』。これは、それこそ遠方の友人同士で、
時間を決めてログインし、いろんなダンジョンを攻略するアクションゲーム。熱中して遊びました。

まぁネットばかりオンラインゲームばかりはどうかと思う。それはある意味ダメ人間 (言い過ぎw)
リアルでの仕事や勉強、家事や育児、そうした生活においての不可欠な事柄をこなし、
その先での余白時間、息抜きや気分転換のためにゲームを楽しむのは今の時代、大事だと思う。
でも、大切なことをおざなりで後回し、あるいはまったくやらずにゲームは、これはダメ人間でしょw

都合のいい言い訳に逃げず、やらなきゃいけない大事なことは、頑張ってちゃんとやりなさい。

ちゃんとやるべきことをやっているのなら、面白そうじゃない、親子で遊ぶオンラインゲーム♪
我が家では3DSの 『 モンスターハンタークロス 』 で、擬似オンラインプレイというか、
室内での ローカル通信プレイ で親子4人で遊んだりしますが、MMORPGとはやっぱり異なりますよね。

確かに映画と過去の自分を重ね合わせ、今回のFF14に興味は沸いた。…けど、ハードルが高い。
我が家にPS4はなく、PC版を買ってもひとりでは意味がない。とても一緒に遊べない。
う~ん、こりゃあ先送りかな?w いつかはチャンスがある…だろう^^



category: 再開 - その後 : 雑記など

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

tb: --   comment: 0

夏の気配  


5月末、未だコロナ禍の世界ではあるけど、日本においては緊急事態宣言が解除されました。
久しぶりに、登下校の時間帯に学生の姿を見る。ああ、日常が帰ってきたんだな…

もちろん以前の生活に二度と戻れない状況、状態となった人、家族、店舗や会社などはとても多い。
日本では1万6千人もの方がコロナに感染し、そのうち800人を超える方が亡くなった。
とんでもない数字だ。本当にこんなことは二度とあってはならない。

全世界での累計は、感染者数600万人、死者数35万人。まさしく世界規模の大事件である。
それでもどうにか状況は下降線を辿ってきたようで、日本がその模範とされている。

散々だった今年の春。お花見、春休み、卒業や入学、GW…、日本の春は例年のそれではなく、
新型コロナの感染拡大を防ぐため、ただひたすらに辛抱し、我慢の日々だった。

そして、そんな華やかとは無縁の爪痕を残した春が過ぎ去り、日本に夏がやってくる。

5月下旬の週末。天気がいい。快晴だ。緊急事態宣言が解除され、自粛状態が緩和されたから、
ちゅぱみとちゅぱろうを連れ、久しぶりにお散歩をした。
強くなってきた日差し、気持ちよく流れる風、青々としだした緑の匂い。夏の気配。

もう経済を上向きにしていかなければならない。もう日本を動かしていかなければならない。
感染の第2波には要注意だし、再び自粛になることもゼロではないだろうけど、
止まったままじゃ社会がダメになっちゃう、もうみんな限界なんだ。

0530散歩01

人が外に出だした。もちろんマスクは欠かせない。気持ちが緩み過ぎないように…
しかし心は春から夏へ。開放的な季節に期待を膨らませ、例年の夏模様 を頭に思い浮かべる。
明るく楽しく、恋しい夏。花火大会や夏祭りは難しいのだろうけど、それでも夏は夏。

今年の夏は、緩み過ぎない中で、楽しむようにしていこう!

諦め過ぎない、塞ぎ過ぎない、辞め過ぎないで。きっと楽しいこと、笑顔になれることがある!
立ち止まらざるを得なかった春は通り過ぎました。さぁ、歩きだしましょう!
何かを意識し、言葉を紡ぎ、行動に移し、何かを得ましょう。この夏の “何か” を得ましょう!

世界では35万もの人々が全てを失い、数百万もの人々が様々な悲しみに打ちひしがれました。
幸運にもその悲劇を避けられた人々は、この夏、何かを得る運命なのかもしれません。

1学期がほとんど休校となった学生たち。そのしわ寄せは各々、夏休み以降に反映されるため、
学校によっては夏休みが短縮され、またいろんな大会が中止になるでしょう。
ちゅぱみの中学校も夏休みは 2週間だけ になりました。部活も未だに再開となっていません。

3蜜 を避けるため、運動会や文化祭を中止にする学校もあり、また修学旅行も中止や延期に。
全国高校野球も各種インターハイも中止になりましたね。いろんな余波が出ています。
青春の全てを賭け、相当な努力を重ねてきた人たちは、その集大成を発揮できずに終わるのか?

悔しくて悲しくて、全国でやるせない思いがあふれ、本当に残念でなりませんが、
でも、それでも 自分たちは元気にここにいる。それは 何よりも大事なこと。
いるからこそ次がある。いるからこそ何かができる。元気でいればこそ、なんです。

0530散歩02

短い夏休み、いろんな制約がある中、我が家はどのように楽しもうか、今から考えます。

世間ではネットを介した オンライン〇〇 で盛り上がっておりますね~ (盛り上がってるのか?)
オンラインゲームはもちろん、オンライン会議やオンライン飲み会は “まだ” 分かります、
中には、オンライン宿泊 (いや泊まってないし!)、オンライン帰省 (いや帰ってないし!)

気分を味わうだけ っていうのは分かるけど、ちょっと無理がありませんか?^^;

んじゃあうちは、オンラインで海に行っちゃおっかな~♪ 題して、オンライン海水浴!
水着姿で浮き輪とビーチボールを膨らませ、PCのモニターでただ海を眺める… シュールすぎw

オンラインも大事だけど、どこに行くにも何を食べるにも、やっぱりリアルがいい。
ずっと家に籠っていたから、散歩するだけでも気持ちがイイね。ちゅぱろう、すっごい喜んでた♪
天気のいい日に籠っていられないよね~。どこでもいいから出かけたいよね~^^

夏休みは短いし、部活の予定とかもあるけれど、どこかで1回くらいは海に連れてってあげたいな。
8月はちゅぱみの誕生日 もあるし、こういう時こそ楽しもうと思わなきゃダメダメ。
2020年の夏が通り過ぎてしまわないよう、いろいろと考えよー!


category: 再開 - その後 : 雑記など

thread: ある日のできごと - janre: 育児

tb: --   comment: 0

世界中で非常事態  


新型コロナウイルス感染症。本当にとんでもないことになってますね。末恐ろしい非常事態です。
現時点のコロナ感染者数は、世界全体で300万人を超えてます! とんでもないっ!

昨年11月に、中国・武漢で最初の症例が確認されたコロナウイルス。12月には集団感染も確認。
さらなる感染拡大を防ぐため、武漢の都市封鎖。そんなショッキングなニュースが流れた。
でも、インフルエンザみたいなもの? テレビの向こう側で感染病が流行ってるらしい…くらいで、
意識的には、まったく対岸の火事。危機感なんて感じていなかった。

今年1月に入り、ダイヤモンド・プリンセス号の話題が上ると、エライもんが来たなと思ったけれど、
でもやっぱり身近には感じない話題で、他人事のようにニュースを見ていたと思う。
しかし、2月には感染者が世界で万単位で増え、日本でも100人を上回る感染が確認され始めた。

3月上旬、新型コロナへの影響で自粛が始まり、ちゅぱおの中学卒業式がどうなるのか不安だった。
世界の感染者数が10万人を超える中、それよりも意識を向けていたのは子供の学校行事。
…が、3月29日に志村けんさんが亡くなった報道が入り、突然、コロナを恐ろしいものに感じた。

そして日本全国の学校が臨時休校という異例の事態になり、事の重大性が我が身に降りかかった。
大変失礼だけれど、正直な話、ここでやっと真剣に危機感を感じたように思う。
ついには政府の緊急事態宣言。不要不急の外出自粛要請

インフルエンザと同じ感覚で、ピークはもうすぐ過ぎるだろう、3月中には落ち着くだろう…と、
まだどこかでは考えていたかもしれない。もうすぐ元の生活に戻るだろう、と。

だが、2月末の時点では8万人だった感染者は、3月末にはなんと80万人になっていた。
そして4月末、その数は世界で300万人にまで膨れ上がり、亡くなった方は20万人という数になった。
日本でも感染者は1万5,000人、亡くなった方もすでに400人に達している。

何と恐ろしい事だろうか。何だろうこの事態は。こんなこと誰も年明けの時点では思っていなかった。
令和の新年を迎え、誰もが 「今年は良い年でありますように」 と願ったはずなんだ。
それが、世界全体で20万を超える死者。とても信じられない状況。

だが、まだ終息していない。この状況はまだ途中でしかないのだ。
一体、いつもの日常はどこにいったんだろう。あの平凡な毎日は、平和な日々はどこにいったの?

いつの間にか感染し、熱にうなされ苦しみながら自宅待機。検査も待たされ病床も待たされ、
中には自宅待機中に急変し、亡くなる方もいる。病院に行ったきり、家に帰って来れなくなることも。
先週は普通に元気だった人が、わずか数日で亡くなってしまう恐ろしさ。
PCR検査も必ずしも正確ではないらしく、陰性と判定されても決して安心できるとは限らない。
陽性で亡くなった方はまだ菌が残っているからと、遺族が触れることも看取ることできずに火葬に…

何だろう、この底知れぬ怖さ。そして圧倒的な悲しさ。

新型コロナウイルスがいつ終息するのか分からないが、きっと、いつかは終息してくれるだろう。
だけど、もういつもの日常は戻らない。もう当たり前の日々は戻らないよね…
廃業となった店舗、倒産した会社、離散された家族、そして亡くなった方々。もう元には戻らない。
誰も予期しなかった不況、負債。ずっと続くはずだったお店、仕事。未来描いた人生設計。

世界中でいろんなものを、大切な人を、平和な日々を失ったこの悲しみ、嘆き、憤り、そして怒りは、
どこに向かえばいいの? これは天災なの? 原因は何なの? 発端はどこなの?
このとんでもない出来事を、とんでもない犠牲を、とんでもない世界を、誰がどう責任を取るの。

遠くないいつか、この事態終息はもとより、世界各国一丸で原因の徹底究明を望む。

そして今、自分の住む県でも感染者が出て、学校は休校、外出自粛により自宅待機でGWに突入。
大人もそうだもん、子供が抱えるストレスは殊更に大きいよね。
それでも何よりも大事なのは命。命よりも大事なお出かけや遊びはない。とにかくステイホームだ。

ネットでは、いつ感染し、急変し、そしていつ亡くなってしまうか分からない事態だから、
学校の休校や仕事の臨時休業などで、夫婦や親子、家族で過ごす時間が多く、長く持てている今は、
もしかしたら天がもたらした “大切な時間” なのではないか、という声すらある。
日々の忙しさですれ違いばかりだった夫婦や親子。そんな大切な人と見つめ直す、貴重な時間…

見つめ直すだけならいい。これが 「最期の時間」 とならないよう、意識しないといけない。

うちはまだ結婚17年目。子供たちには華々しい未来があり、一番下の子なんて2歳になったばかり。
個人で、家族で、やりたいことが山ほどある。考えていることがいっぱいある。
まだまだまだまだ、一度きりの人生を謳歌していないんだ。

だからこそ今、気をつけよう。神経質すぎるくらいがいい。GWなんて無かったものと思えばいい。
今は非常事態であり、異常事態なんだ。誰もが楽観視なんてしていたらダメ。

そんな周りまで意識できない、他人まで気を回せない、注意も気遣いもできない…って人でも、
自分と大切な家族の人生に、後悔を生まない行動だけは、最低限心がけよう。
きっと、そのひとつひとつが大きな結果に結びつくと信じて。



category: 再開 - その後 : 雑記など

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

tb: --   comment: 0

R2の夏、到来!  


次々と感染症にやられ、高熱、咳込み、鼻水、お尻かぶれと…さんざんだったちゅぱろう。
けれど、どうにか… どーにかっ 踏ん張り、なんとか… なんとかっ 落ち着いたよ…
熱にうなされ、保育園に行けず、連日、小児科預かりのちゅぱろう。
おとさんにもうつり、喉をやられ、止まらぬ咳とガラガラ声、そして自前の偏頭痛でぐったり。

もちろん一番大変なのはちゅぱろう。7ヶ月のちびっこが、どんだけの苦難に合ったことか。
ほんとよく頑張ったよ。なんだかんだ子供たちも力になってくれて、ありがとうね^^;

しかし不運というのは重なるもので、おとさんの仕事は厳しい状況、子供たちは大ゲンカ!

そして前から不調ぎみだったおかさんのスマホが、このタイミングでオダブツに…
ブツブツ切れるのを我慢し、だましだまし使って来ての3年4ヶ月。まぁ長持ちした方…かな?

よって今夏始め、docomo AQUOS ZETA SH-01G から新型へと機種変更を行いました!
(我が家のスマホは、だいたい3年周期で買い替えてるな)

なんか 明るい材料 が欲しかったん。心を上向きにする “何か” を欲してたんよ~^^

0715R2.jpg

その名も docomo AQUOS R2 SH-03K こやつはRではない、R2 だっ!!
左は先代SH-01G、右が新型R2 SH-03K。液晶が6.0インチの大台に! 長いっ、長すぎるっ!!

R2を選ぶ直前までは、毎月1,500円割引が付く 「docomo with」 シリーズのAQUOSスマホ、
docomo with series AQUOS sense SH-01K にしようとも思っていたんですが、
どうせ替えるのなら現行最新機種か? と検討に検討を重ね、R2獲得へと踏み切りました。

おとさんは プレミアムブラック、おかさんは コーラルピンク にしました。

OSは、Android 8.0。CPUは、Snapdragon 845 (SDM845) オクタコア、4x2.6GHz+4x1.7GHz。
内蔵メモリは、ROM:64GB UFS、RAM:4GB (LPDDR4X)。バッテリー容量は、3130mAh。
液晶ディスプレイは、TFT (IGZO) 6.0インチ WQHD+(1440×3040)。VoLTE (HD+) も対応。
そして、デュアルレンズカメラ 「AQUOS twin camera」 を搭載。AQUOS初の2眼カメラ!
動画用カメラは1630万画素、静止画用は2260万画素、さらに正面のインカメラも1630万画素。


この高解像度で、動画を撮りながら同時に写真 (静止画) も撮影できるとか、マジやばい。
さすがは今夏のフラッグシップ機! さすがは現行のハイエンドモデル!
2014年秋冬のハイエンドモデルからの機種変としては、これ以上ない最上位替えでしょう♪

まぁ兎にも角にも、AQUOS。 我が家は 2002年 から シャープひと筋!
参照 : 2011年11月の記事 1、2、3でスマホ! 及び、2015年3月の記事 スマホ。メガ進化!
そう、我が家は 「目の付け所がシャープ」 なのですっ!

2002年からmova、FOMA、ZETAと、他社機に浮気せず、シャープシャープと乗り換えて16年。
そろそろ シャープからお中元が届いてもいい頃だろw

シャープさん、気長に待っています。いつまでも^^



category: 再開 - その後 : 雑記など

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

tb: --   comment: 0

WiiU受難  


我が家は今、ふたつの祭り…というか、ふたつの嵐 に見舞われております。

ひとつはもちろん話題のあの子、ちゅぱろうという名の幸せの嵐!
そして、もうひとつは…、WiiUという名の娯楽の嵐w
このふたつのハリケーン、目下最大風力で、大いにリビングを席巻しております♪

ちゅぱろうは言わずもがな、新生児のいる家あるある そのままに、てんやわんやなので、
そこは今回は軽めに報告。ミルクをよく飲んで、お腹ぽこんって大きくなってきたよ^^

一ヶ月健診を終え、もっぱら最近の寝かしつけは、語りかけ ですw

真っ暗な寝室で、隣りでおしゃぶりを咥えて 「ふごふご」 と唸っているちゅぱろうに、
「ミルク飲んでお腹いっぱいだね。おむつも替えてすっきりしたし、さぁねんねしようか^^」
と、寝ながらこそこそ話で語りかけるのです。これがなかなか良いらしく、
最初、暗い中で語りかけるおとさんを ガン見し続ける ちゅぱろう (軽く怖いw) ですが、
だんだん瞼が閉じていき、寝ます^^ 毎晩10~20分は語っているんじゃないかな?

元から寝静まった真っ暗な寝室のベッドの上なので、寝る環境は十分出来ているから、
あとはいかにこっちが 余裕を持って優しく (根気よく) 語り続けるか ですw
どれほど眠くてもここが肝心。おとさんは真夜中、こうして人知れず戦っているのだ!
それが23時、2時、5時の三戦ね^^; おとーさん頑張るぜい!

でも抱っこして部屋中を歩かなきゃ寝ない…とかじゃなくなったので、少しラク♪
稀に語りかけながらおとさんが寝落ちして、ちゅぱろうがいつ寝たのか分からない時もw

0110ちゅぱろう

さて、今回はもうひとつのWiiUの方がメインのお話し。
WiiU面白い。面白いけど、これ ふたりプレイすんの大変だなっ! (カミナリ風

現在、我が家にはゲームが4本。基本的には個人ではなく家族で遊べるソフトを選んでいる。
WiiU本体と同時に買った 『スプラトゥーン』
ちゅぱおがお年玉で買った 『無双OROCHI2 Hyper』
ちゅぱみがお年玉で買った 『スーパーマリオ 3Dワールド』
おとさんがお正月に買ってあげた 『Nintendo Land』

0110WiiU.jpg

家族仲良くみんなでワイワイ、それが主題。だからひとりプレイのRPGとかは買ってない。
だがしかし、このWiiU。多人数プレイが簡単に出来ないっ!!
もうね、うちのメイン機PS2と同じ感覚でいたから、ふつーに2コンでやれるだろとか思ってた。

本体付属のゲームパッド以外にWiiリモコンを揃えたのに、Wiiリモコンプラス を要求されたり、
PROコントローラー なるものを要求され、…へ?何それ状態^^;
あと センサーバー とかね。WiiからWiiUに以降した人たちはすんなりいけるのかもだけど、
うちはWiiUスタートなので、なんもかんも足りない><
「無双がふたりでプレイできないっ!」 これは我が家の歴史的にはありえない状況でしたw

そんなこんなで買い足して、どうにかまともに家族で遊べるようになった、我が家のWiiU。

Nintendo Landはマリオの追いかけっことか、リンクの冒険とか、ミニゲームたくさんで大騒ぎ。
スプラトゥーンやマリオ3Dワールドも、口ゲンカしながらも一緒に遊べて楽しいw
そんで無双OROCHI2…、これが一番だねっ! やっぱウチは無双だわ。
しかも画面上下2分割ではなく、ゲームパッドとテレビに分かれての協力プレイ。マジ楽しい♪

あーこれ、お正月に実家に持って行ってたら、きっと従兄弟同士で楽しんだだろうなぁ~^^
(今年はNintendo Switchでボンバーマン大会をやったそう。参加したかった!><)

特に無双は、これまでPS2のソフトでおとさんおかさんが遊びまくり、使用可能な武将を増やし、
それらを育て上げたもの (つまり遊びやすくお膳立てされた状態) から遊んでいたが、
今回はまったく1から。好みの有名武将もいなければ、使える武将もレベル1で弱いのばっか。

それらを自分たち親子で育て上げていくのが楽しい^^ ホント無双はいいゲームです!


…ですが、そう遊んでばかりもいられません。今月末に おとさん母 が我が家にが来るのです。
はい、ちゅぱろうのお宮参り ですね。関東から遠路はるばる来てくれるので、
我が家、特に心配ばかりかけている次男坊 (おとさん) としては、最大のおもてなしをしたい。

よって、大掃除じゃああああーーーっっ!! (これ、毎回の恒例ね^^;

先週と今週の土日をかけて大掃除をする我が家。出来る限り綺麗にし、気持ちよく迎えたい。
母さん、久しぶりの孫 (赤ちゃん) と、良い時間を過ごして下さい^^



category: 再開 - その後 : 雑記など

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

tb: --   comment: 0

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー