ちゅぱお と ちゅぱみ と ちゅぱろう - へっぽこ父さんの育児日記 -

0歳児くんと兄妹のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

ちゅぱろうのお宮参り  


週末、おとさんの母さんが ちゅぱろうのお宮参り のために来てくれました。
膝の具合もよくないのに、遠いところを飛行機で飛んできてくれて、感謝しかありません。

せめて、迎える側の息子家族としてできることを精一杯しよう、と頑張りました。

金曜の夜に空港に着いた母さん。以前訪れたのはちゅぱみの七五三 (7歳) の時だから、
2013年秋だね。4年ぶりの来訪。70歳を超えた身で本当にありがたいです^^
確認すると、その前の来訪は3歳の七五三だったから、その時も4年ぶりだったんだね。
まるでオリンピックみたいだw

2002年10月 おとさんと父さん母さんの3人で、結納のため初来訪
2005年1月 大晦日に生まれたちゅぱおに逢いに来る
2006年9月 8月に生まれたちゅぱみのお宮参り
2009年11月 ちゅぱお5歳、ちゅぱみ3歳の初七五三祝い
2013年11月 ちゅぱみ7歳の七五三祝い
2018年1月 前年12月に生まれたちゅぱろうのお宮参り ← NEW

我が家ではちゅぱおが、「ようこそいらっしゃいディナー」 と、得意の肉じゃがを披露♪
このところ調子のよくない炊飯器もどうにか頑張り、美味しいご飯になりました^^

0128宮参り01

母さんにとっては11年ぶりの新しい孫。これまでの “ラスト孫” はちゅぱみだったもんね。
そんなふごふごの赤ちゃん、ちゅぱろうを満面の笑顔で抱っこする。
自分たちも久しぶりの赤ちゃんに嬉しい反面まごついてるがw それは母さんも同じようで、
なんだろう…なんか 懐かしい空気 に包まれる (初孫を抱いてもらってる感じ?w
一度通り過ぎて落ち着いていた、あの懐かしくも新鮮 (?) な感覚が、妙にくすぐったい。

ミルクを飲ませ、オムツを替え、ぐずってるところをあやし、寝かしつけてもらう。
その全部を喜んで笑顔でしてくれる母さん。でもさすがにお風呂だけは無理だったね^^

おばあちゃんと孫ちゅぱろうの初顔合わせ。おとさん、嬉しくてたまりませんでした。


翌日、土曜日はお宮参り前日の自由時間。午前中はのんびりと ビデオ鑑賞会。
ちゅぱおの小学校卒業&中学校入学、ちゅぱみの2分の1成人式や音楽祭、運動会など、
遠方でどれにも参加してもらえない分、いろんな子供たちを観てもらえて嬉しかった♪

お昼は海の見える場所へ。車で1時間走った先の観光地で、お刺身、天ぷら&おそば。
土産物ショップを覗いたり、和菓子屋で内祝いを買ったりと、楽しいドライブでした。

夜はちゅぱおとおとさんのカレー。だけど 隠し味のヨーグルトを入れ過ぎて、微妙な味にw
母さんがもってきてくれた東京土産をいただきながら、地産の緑茶でまったりタイム。
夜中は1時とか4時とかに、ちゅぱろうがワーワーしたので、ちゃんと寝れたか心配です^^;


翌日曜日、ちゅぱろうのお宮参り。
ちゅぱみのお宮参りの時も、七五三の時にもお世話になった、いつもの八幡さま。
このところの寒気と少々ぱらつく小雨で、なかなか寒い境内。でも他にも何組かいました。

次は11時に予約した写真館。まずは全員集合写真。そこまでは良かった…
その後、ちゅぱろうひとりの写真を撮る時が大変、大変>< もうワーワーの大ぐずりw
何度か “あやし名人” おとさんの出番があり、気持ちを変えさせながらの撮影。
また写真館のスタッフの上手なあやし方や、ちゅぱおが音の出るおもちゃを鳴らしたりして、
どうにか撮影完了。そして写真選びを済ませ、お宮参りの大仕事も無事終了~。

最後に我が家のすぐ近くのホテル内にある食事処へ。お宮参りの祝い御前での会食。
写真で見ていたのよりもすごく豪華でびびったw もちろん美味しかったです^^

我が家に帰り、ひと息。密かに昨日観光地で買ってきておいたモンブランでティータイム。
母さんがモンブラン好きなのは知ってる。だからこその 締めのスイーツ です☆


夕方の帰路フライト。空港へはおとさんとちゅぱおがお見送り。
羽田にはおとさん兄家族が迎えに来てくれるので、安心です。やっぱりLINEは便利だね~。

空港内でいろいろお土産を買ってキャリーに押し込み、母さんは笑顔で帰って行きました。

年齢や膝の具合、また東京からの距離を考えたら、もう来てもらうのは難しいかもしれない。
遠方で心配をかけてばかりの息子は、ちゃんと親孝行できただろうか…
母さんには本当に感謝しかない。ありがとうばかりの気持ちが、送り帰す気を阻害する。

母さん、ちゃんと楽しんでくれた? 母さん、何か物足りなかったりしてない?

もっとたくさんちゅぱろうの成長する姿を見てほしいし、欲を言えばちゅぱおやちゅぱみの、
日々のいろいろも見てほしかったりする。だから、この距離が時に恨めしい…
きっとこうして大事な親との時間を作るたびに、そうした童心の思いに駆られるんだろうね。

自分も我が子にとって、そういう親になりたい。

0128宮参り02

母さんが搭乗した飛行機が移動し、飛び立つまで、送迎デッキで親子で手を振りまくる!
窓際の席だったので確実に見えていると思って、最後の最後まで振ったのだけど、
あとで電話で聞いたら、機内が明るく外が暗かったので見えなかったそうw 

来訪してもらった時に毎回思う。今度は こっちが元気な笑顔を見せに帰る番だね、と。

早くおとさんの兄弟家族にもちゅぱろうを逢わせたいので、次は年末ではなく、お盆だね。
今年はお盆帰省を、6年ぶりに復活させよう! (最後は2012年の夏でした
おとさんは兄弟と酒を飲み、ちゅぱろうはたくさんの従兄弟たちに抱っこしてもらうんだ^^

この夏にステキな思い出を作りに行きますので、母さん、みんな、待っててね。



category: 再開 - 絆のちゅぱろう編

thread: 行事・イベント - janre: 育児

tb: --   comment: 2

2017年の奇跡  


ハッピーメリークリスマス!! 皆さん、今年のクリスマスはいかがでしたか?

我が家は、昨年のクリスマスの時には到底思いもしなかった、家族5人での初クリスマス。
5人家族…そう、5人家族なんです。10年以上も4人家族だったので、ものすっごい不思議w

1229年末01

先日、2週間健診がありましたが、その時に 黄疸の値が若干高い と言われたちゅぱろう。
場合によっては入院が必要かも…と言われた時には、
なんでしょう、もう ちゅぱろうがいない我が家はまったく考えられない と心から思いました。
入院して家にいないのがイヤなの。もう我が家にいなきゃならない存在だから。

我が家に来てから2週間ちょっと。ですが、ちゅぱろうはもうかけがえのない家族なんです。

そうして迎えたクリスマス。ビーフシチューにピザにチキンにポテトにスープにサラダ。満腹!
おとさん、久しぶりにおかさんとワインを嗜む。ああ…なんて幸せなんだろう。涙が出てくるわ。
ちゅぱおがアホほど食べる。ちゅぱみがダンスを踊る。んで、ちゅぱろうがふごふごグズるw

おとさんにとって、この5人家族でのクリスマスのひと時が、もうクリスマスプレゼントだよ。
サンタクロースに感謝したい。こんな魔法のような時間をくれて、本当にありがとう^^

感謝を贈りたい相手は、本物のサンタさんか? はたまた我が家の愛らしいサンタくんか?

1229年末02

また、今年はおとさんから、我が家の 女性陣 へ、特別に感謝のプレゼント☆

ちゅぱろうを生んでくれたおかさんには、back numberのベストアルバム 『アンコール』
念願のお姉ちゃんになれたちゅぱみには、『スクイーズ ランダムミックス 10個セット』
ふたりとも、どっちもずっと欲しがっていたものなので、すごく喜んでくれました^^

そんなback numberをBGMに、恒例のクリスマスビンゴ大会、そしてUNOで楽しむクリパ♪
ワインもぐぐっと進んでほろ酔い加減も良いが、それでも翌朝は 4時半起き が待っている。
ちゅぱみちゃん、26日~28日は、スポ少の冬合宿 なんですねー^^;
他県まで遠征する2泊3日の旅。…ああ、いない間はほんと寂しいんだよなぁ~><



仕事納めの、12月最後の週末。毎年この時期は 年末年始帰省 (夜ドラ) の大準備!
そして29日の夜に出発し、夜通し16時間ほど高速をひた走り、翌朝おとさん実家の関東へ。
通称 「夜ドラ」。それは我が子らが常に年間1位に選ぶ、一番好きなイベント☆

毎年、年末年始は実家で過ごす (ディズニーや明治神宮など、東京レジャーも兼ねてw)
のを欠かさず、今日まで12年ほど過ごしてきましたが、今年は例外。大特例。
ちゅぱろうがまだ 0歳1ヶ月 なので、こりゃー無理。16時間も車で移動などできません。

よって定番となっていた実家帰省を断念し、我が家、初! 我が家で年越しw
なんということでしょう! 簡単でもいいから、お正月料理を頑張らねばっ!!^^;
しかも大晦日はちゅぱおの誕生日! …あれ? それもこっちで初かな?



そうして、例年になく慌ただしかった2017年も、いよいよ幕を閉じる。

今年を振り返ると、あまりにも衝撃的な出来事が多すぎて、正直、頭がついていかない。
年の初め、どうしようもないほどの絶望があった。
ただし、諦めずに努力をし、希望が生まれ、奇跡が起こり、今、年の暮れに幸せがある。

ちゅぱみ出産から11年…。本当はちゅぱみの2~3歳差で考えていた、三人目。
でもそれは、ある出来事で叶わなくなった。厄災は全然遠くではなく、近いところにあった。
そこからどれほどの暗闇の中を歩き、どれほどの険しい坂を登ってきたことか…

それでも三人目への想いはずっとあった。おかさんは七夕の短冊で願ったり、
2012年暮れの絵馬 にも 2016年暮れの絵馬 にも、切望している想いを記し続けてきた。
そうして今年、10年を超えて授かった三人目。涙を止めることなどできない、奇跡。

ただ巡ってきた幸せではない。ただ指を咥えて過ごしてきたわけではない。

おとさんは大した人間ではない。しっかりした夫でも、立派な父親でもない。
でも、この世界中の誰よりも誇れるものがあり、間違いなく誰よりも一番のものがある。
それは、おかさんへの愛、ちゅぱおへの愛、ちゅぱみへの愛、ちゅぱろうへの愛。

おとさんは夫婦愛、家族愛だけは誰にも負けない。この寿命を全うするまで変わらない。
それくらいしか自慢できるものがない。でも、それだけは胸を張って自慢ができる。

ただ想うだけじゃダメ。想い続けたって、努力が伴わなきゃダメ。
人を想うことなんで誰にでもできるし、綺麗ごとなんて口がうまければ何とだって言える。
そんな中身の伴わない上っ面ではなく、具体的に、自ら行動を示すことが大事。
想うのなら、口にするのなら、行動だってできるはず。

口ばっかで調子よく喋るだけの人が嫌い。いい人ぶるくせに実際は何もしない人が嫌い。

だから、おとさんは自分の妻にも子供たちにも、自ら行動で示すようにしている。
その行動がどれだけ物足りなかったとしても、何もしない人よりは、確実に想いが伝わる。
そして、自分が嫌いな人間に、自分自身がならないように。自分を誇れるように。

世の中、当たり前というものは、きっと存在しないのだろう。

当たり前に人がいて、当たり前に物があり、当たり前の日常や生活、当たり前の会話…
だけど、それらは当たり前のようで、決して当たり前じゃない。
それ相応の努力によって成り立たせ、我が身に 「当たり前のように」 しているんだ。

誰もがそう。どこかで必ず努力をしてる。たとえ辛くてもしんどくても、努力をしてる。
嘆いてばかりの人は、自分に甘くて楽をすることばかりを考え、努力をしていないだけ。

人も物も、家も仕事も、明日も明後日も、未来に至るまで、得るためには努力が必要。
だから諦めずに誠実に努力し、当たり前のように過ごせるよう、日々を生きよう!

当たり前のように 「今年もよろしく」 と伝えたい相手がいてくれることに、感謝をしよう。

おとさんは来年も、さ来年も、いつまでだって家族を想い、家族に努力する。
自分を慕い、信じ、頼り、好きでいてくれる家族に、ずっとそう想っていてほしいから。

おかさん、ずっと傍にいてくれてありがとう。我が子ちゅぱろうを生んでくれてありがとう。
ちゅぱお、中学生に育ってくれてありがとう。頼れる存在になってくれてありがとう。
ちゅぱみ、お姉ちゃんになってくれてありがとう。家族に愛を注いでくれてありがとう。
ちゅぱろう、生まれてきてくれてありがとう。幸せを運んできてくれてありがとう。

おとさんは、あななたちのような家族を持てて、幸せ者です。


2018年。新しく生まれ変わった5人家族で、めいいっぱいの幸せを築いていきます^^
来年も 『 ちゅぱお と ちゅぱみ と ちゅぱろう 』 を宜しくお願いします。



category: 再開 - 絆のちゅぱろう編

thread: パパ育児日記。 - janre: 育児

tb: --   comment: 0

家族5人の生活が始まる  


12月4日に帝王切開で生まれた、ちゅぱろう。その直後から、GCU (継続保育治療室) へ。
自発的な呼吸が弱いため、全身にいろんな検査器を着け、数日、保育器の中で過ごす。

そのちゅぱろうに、ただ 「がんばれ」 としか言えない、頼りないおとさん…

1215兄弟01

GCUの隣りにはNICU (新生児特定集中治療室) がある。超低体重や細心の注意が必要な、
とっても小さな赤ちゃんたち、か細く灯る命たちが、生に向けて懸命にがんばっている。

こうして懸命に生きる赤ちゃんたちもいれば、世の中、命を軽んじ簡単に投げ出す人もいる。
人とは、命とは、人生とは…。そうした哲学的な思いが頭の中を毎日駆け巡った。

辿り着く結論は、いつもひとつ。
「ちゅぱろう、これからの人生を誰よりも幸せにしてあげるからね。だから、こっちにおいで^^」

そして、NICUの子もGCUの子も、みんながんばれ! 君たちの人生は今、始まったばかりだよ。


12月5日~7日は、おとさんしかGCUに入れず、写真や動画を撮っておかさんに伝えた。
その後、ようやく身体が回復してきたおかさんも入室許可をもらい、我が子ちゅぱろうと対面。
嬉しさのあまりに思わず泣いちゃったね。会えない日々が辛かったもんね、おかさん^^


12月10日、黄疸も落ち着きGCUを出て、ちゅぱろうはおかさんと母子同室になった。
「一日でも早く」 と、ずっと願い続けたちゅぱろうとの同室。おかさんの喜びようが可愛かった。

長かったGCUでの一週間。でもきっとその一週間が、この子の人生には必要だったんだ。
慌てず焦らず急かさずに、しっかり時間をかけたことで、元気にやってきてくれたちゅぱろう。
つい抱きしめる手に力がこもる。10年苦しんだ末の、奇跡の我が子が今、目の前にいる。

病室には小学生以下は入れないので、学校帰りに立ち寄るちゅぱみは、いつでも待合室。
ちょっと可哀そうだったけれど、他のたくさんの赤ちゃんのためには仕方がない。
なので、初めて家族5人が揃った場所はその待合室。そこが思い出深い場所になりました。


そこから、おとさんも付き添いで2晩泊まり、12月12日、母子ともに無事に退院しました♪
おかさんにとっては12日ぶりの我が家。ちゅぱろうにとっては初めての我が家。

1215兄弟02

初めての外の世界。初めての我が家。初めての5人家族。それら全てがいよいよ始まる。
きっと、天から我が家に舞い降りることをずっと願い続けた (はずw) の、天使ちゅぱろう☆
その期待に応えたい。人生をかけて、君の毎日が笑顔で溢れるよう、幸せにするからね。

そんなちゅぱろう。その顔はやっぱり姉弟。ちゅぱみの生後一週間くらいに似てます^^
下が退院後すぐのちゅぱみ。男子と女子の差はあるけど、目を開けるとさらにそっくりです。

1215兄弟03

兄上ちゅぱおにはそこまで似ていない。下は生後一ヶ月を過ぎているちゅぱお。むっちむちw
でもね~あやしたり抱っこしたりミルクあげたりとかしてると、すっごい既視感あるの。
新米パパママ当初の、あの感じ。全てが未知で、全力で相手をしてあげないと! って感じ。

全体的な雰囲気はちゅぱお似。顔立ちはちゅぱみ似。さすがは末っ子、弟ってところ^^
ちゅぱおなんてもう160cmいってるからね。大きくなったからね。ちゅぱろうも大きくなろう!

1215兄弟04

現在、我が家に来て一週間。産後のおかさんの負担を軽くすべく、父子ともに全力投球!
(※上の写真はちゅぱろうじゃないよ? 「ちゅぱお」 だからねw)

ちゅぱおもちゅぱみも、抱っこ、ミルク、おむつ替えをします。毎日必ずしてくれます。
ちゅぱみは憧れのお姉ちゃんになれ、ちゅぱおは初めての弟のために、お互いがんばろー。
あーでも、最初はう○ちのおむつにビビッてたよw 「まっ黄色って!」 ってww


仕事から帰宅後、夜~朝まではおとさんの出番。今はまさしく3時間おきの絶頂期!
3時間ごとに、ミルクをあげて、寝て、ミルクをあげて、寝て…。永遠の新生児黄金パターン。
夜11時、深夜2時、早朝5時。この辺りはガツーンとくるね。寝不足覚悟してます^^;

毎晩、夜中にグズる我が子を抱いて、真っ暗なリビングをぐるぐる歩き回るおとさん。
唄う歌は 「にんげんっていいな」 と 「さんぽ」 。これ、おとさんのあやしの定番ソングね♪
我らがちゅぱおとちゅぱみも、これを聞いて大きく育ちましたw

そうしてあやしながら、心の距離をぐっと近づけて、いち新米パパとして成長するのです!

それと大事な沐浴。新生児だから小さすぎる上、ひさびさ過ぎて、ちょっとびびっちゃったりw
それでもガーゼを胸にあてながら、ベビーバスに浸からせると、ほんわ~顔が拝めます。


我が家はミルクでの育児。最初は40~50mlぐらいしかミルクが飲めなかったちゅぱろう。
そこから日に日に飲めるようになり、現在80mlを完飲。ゲップの出もいい感じ。

あと入院中に買っておいたおしゃぶりが気に入ったようで、かなりかぶりついてます^^
ちゅぱおはおしゃぶりが苦手で、もっぱら自分の指をしゃぶってたねw (だからちゅぱおです 
だがしかし 「ちゅぱろう」 と名付けてるので、そのうち指もいくだろうな。間違いなく…

そんなちゅぱろうの手。はてしなく小さく、まだおとさんの親指ぐらいしかない、てって♪

1215兄弟05

君のこの手は、これからいろんなものを掴む手だ。夢やチャンス、幸せな未来だって掴めるよ。
まずは初クリスマスプレゼントを掴むところから始めようかw さーて何が貰えるかな?

ちゅぱろう、ようこそ我が家へ。君との毎日がとても楽しくて、おとさんは心から幸せだよ^^



category: 再開 - 絆のちゅぱろう編

thread: パパ育児日記。 - janre: 育児

tb: --   comment: 0

ちゅぱろう  


12月1日 (金)
午前10時、予定どおり、おかさん入院。ただし、病室は予定どおりとはいかず…
受け入れ態勢が整っているべき病院側が、なんと結構なパンク状態でバタついている上、
外来診療棟と第一病棟とのやりとりや、自分たちへの説明にも不十分があったようで、
病院内で期せずして “病室難民” となる (通された部屋は陣痛室。そこで半日も過ごす

そのうち医局長が出向くほどの迷走具合に^^; まぁなんと出産前に落ち着かないことw

その間、同時進行で診察、荷物の確認、麻酔の説明、手術の説明、などを受ける。
帝王切開は自然分娩よりも安全だと言われたけど、説明を聞くことで少々不安になる点も。
何より、おかさんの体調面。もう、何もないことをただただ祈るしかない…

12月2日 (土)
病室難民から脱したおかさん。だかしかしジプシーはまだ続き、本来は第二病棟なのに、
そちらの空きが無く、結果、未だ第一病棟の予備室 (産後の治療室?) を仮の病室に。
監視カメラなんかが付いている仰々しい部屋で、これまた落ち着かないw

実は、小学校・中学校と我が家とのちょうど中間地点 (通学路の途中) に病院がある。
なので子供たちは下校時にそのまま病院に立ち寄り、面会後に帰宅が可能。
だが、面会は小学生以下は病室に入れず。なので、ちゅぱみのみ待合室で面会になる。

ちゅぱおは落ち着いている、けれど、ちゅぱみは落ち着かない^^
甘えん坊のちゅぱみは、赤ちゃんへの期待よりも、おかさんがいない寂しさが辛いようだ。

12月3日 (日)
手術前日。昨日朝から晩まで一日付き添ったので、今日は日中はおかさん母に任せ、
おとさんは子供たちと我が家のあれこれをする。主に掃除、洗濯w
それと年末、そして第三子を迎えるために、散髪へGO! 親子揃ってさっぱりしました♪

おかさんをおかさん母に任せるというのは、若干不安要素がががが…
我が強く娘にもキツクあたる人なので心配だけど、さすがに出産前は優しい一択だよね?
ちゅぱおもちゅぱみも、もう分かってる。だから子供なりに心配してるみたい^^;

夕方交代して、おとさん、おかさん、ちゅぱお、ちゅぱみの、4人だけの時間を確保。
4人家族最後の団らん。デイルームでの語らい、赤ちゃんへのメッセージを動画撮影など。
楽しい時間が過ごせた。とても良い家族の時間でした♪

12月4日 (月)
出産予定は午後1時。おとさんは会社、ちゅぱおは中学校、ちゅぱみは振替休日で休み。
おとさん半日で帰宅し、ちゅぱみと病院へ。予定されたICU (集中治療室) の説明を受ける。

そして午後1時!! …だがしかし、お声がかからず…
どうもその前の手術に時間がかかっているようで、午後3時くらいになるかもとの事。
出産当日まで予定どおりにならないという、なかなかの賑わいぶりw

ヘンに待たされる分、余計な緊張やドキドキが増えるおかさん。
あまり顔にも言葉にも出さないけれど、きっとすごく不安だったんじゃないかと思う。
そして、自分の事じゃないのに心配でたまらない、意外と肝の据わっていないおとさん^^;
あれ? こんなに弱かったっけ?ww もう、おかさんが心配でならんわい…

待たされている間に、絶対に間に合わないと思っていたちゅぱおが到着! おおっ!
部活をお休みにさせてもらって、病院に直行したら間に合った。やったね長男♪
家族が揃ってよかった、おとさんもおかさんも共にそう思った^^

…で、結局、午後4時半まで待たされ、やっと手術室へと移動になりました。

帝王切開は、ほんと夫は力になれないね~。何もできない。手を握ってあげることすらも…
どのような手術も皆そうなのだろうけど、力になれない分、とてももどかしい。
おとさんは手術室前のベンチでひとり、ずっと安産祈願のお守りを握りしめて祈りました。

「神様仏様、どうかおかさんも赤ちゃんも、何もなく無事に、元気に手術を終えてください」



12月4日 PM 5:25 2604g

ちゅぱろう誕生。



1204ちゅぱろう



そう、男の子です。やっぱり最後の最後で、猛虎が豪快なタイガーショットを決めましたw
そんなちゅぱろうは、即GCU (継続保育治療室) へと移る。おかさんはまだ手術中。

GCUは “旦那さんしか入れない” という、有象無象は侵入不可の神の領域でした (誇張

いろんな不安要素が頭の中を駆け巡る…けれど、両手を徹底除菌して、いざGCUへ。
保育器の中に小さなちゅぱろうがいました。そこへGCUの担当医がやってきて…
「どこも異常は見られません。とっても健康な男の子ですよ」 とひと言。

おとさん、涙が溢れました。

おとさんもおかさんも、キミを待っていたよ。ずっとず~っと、本当に10年間待っていたんだ。
生まれてきてくれてありがとう。おとさんとおかさんを選んできてくれて、ありがとうね。

さらに続く担当医の説明の途中に、おかさんの手術が終わった知らせが入る。
おかさんがICUに移ったと…。慌てておかさんに会いに行く。

これまた不可侵領域のICU。…なんかもう集中治療室という言葉が怖いです…
手を消毒しマスクを着けて入ると、奥の個室に酸素マスクを着けたおかさんがいました。

涙が止まらなかった。おかさん頑張ったね、本当に頑張ったね^^
おかさんも泣いた。ふたりして泣いた。それだけこの出産への想いは強かったんだ。

そうして我が家は4人家族から、5人家族になった。我が家の新しい時代の始まり。


おかさん、ありがとう。ちゅぱろう、ありがとう。



category: 再開 - 絆のちゅぱろう編

thread: マタニティライフ - janre: 育児

tb: --   comment: 4

幸せを、その手に  


12月1日、おかさん出産前の入院。そして 12月4日、帝王切開手術。第三子の誕生。


もうすぐです。ほんと目の前です。きっとその日は、あっという間にやってきます。
10年という長く辛い期間を夫婦共に乗り越えてきての、その日です。

多分、いや間違いなく、おとさんは泣くだろうなぁ~^^; おかさんと競い合って泣きそうw
ちゅぱおは感極まるけれど、泣くまではいかないだろう。熱い男だからね。
ちゅぱみはきっと泣くw 最初の報告でも大泣きだったしね^^

幸せのための数々の険しい試練。でも諦めなかったその先にあった、愛と奇跡の結晶。

幸せはやってくるのを待つもんじゃない。自らの手で掴み取りに行くもの。
そして誰かに任せ、誰かのせいにするんじゃない。自分の責任で、自分で行動するものだ。

おとさんは様々な覚悟の上で、自分で掴み取りに行った。そして掴んだ。

この先、10年、20年、30年先に目を向け、夫婦で語り合った約束、我が家の未来予想図。
生涯を賭けた心の誓い。それが夫婦を、そして家族の絆を、より強くする。

1122紅葉01

おかさんは今、出産前でマタニティーブルーに苛まれ、またホルモンバランスも乱れて、
しばしば優れない。自分の体調面を考えれば考えるほど、不安にもなるのだろう。
理由もなく悲しくて泣いたりするが、でもそれは特別ヘンなわけじゃないよ。

自分を悪く思っちゃいけない。後ろ向きの感情に支配されないよう、しっかりと前を向こう。

そうして声を掛け励ますおとさんは、仕事に振り回され、いろいろと奮闘している。
今が頑張り時だと思うからこそ、その時期を見失わず、大黒柱としてちゃんとしなければ!
もちろん子供たちも忘れてはいない。我が家の秋は走る季節。毎朝一緒に走ってるよ^^

走ることに関して言えば、ひとつ大きな目標を立てた。近い将来の2年後に向けて…

ちゅぱおも頑張る時期。部活でひとつふたつ失敗を繰り返し、また友人関係も少々難あり。
ティーンエイジャーとはそういうもの。良いも悪いも重なり、迷い、錯綜させる。
だけどひとつの殻を破り、持ち前のチャレンジ精神で前へと繰り出す。意地でも前進する。

道を切り開いて進む長男らしく、ちゅぱおは今、学生時代を喜怒哀楽、謳歌している。

そのお兄ちゃんに負けじと、ちゅぱみも戦う。スポ少での自分と他人との関わり方、
小学校での音楽祭や持久走大会。いろんな場面で協調性を学び、上級生として成長する。
男の子よりも複雑で難しい女の子の友達事情。どんなところにも悩みは尽きない。

また下の子が生まれるけど、でもまだ甘えたい年頃。そうした心もおとさんは分かってる。

1122紅葉02

家族がそれぞれ、今考えること、今できること、今頑張ることを、今やっている。
後でもできることは後でいい。順番を履き違えてはダメ。今は何が大切かに気づかなくちゃ。
そしてそれを今するからこそ、のちの後悔を生まないようにもできるんだと思う。

何だってどんなことだって、悪く思うことはできる。落ち込むことなんて簡単だ。
そうして人の心は惑わされ、振り回され、いつの間にか道を踏み外してしまうことだってある。

でも逆に、どんなことだって良く思うこともできるはず。
下ばかり向かず、または後ろばかりを見ていないで…、顔を上げて元気よく前を見よう!
人生はいつでもポジティブシンキング。そうした心が幸せを引き寄せる。

おとさんは家族に、今年の秋は 「家族みんなが頑張る秋」 だと話した。
家族でひとつ乗り越える山がある、それは決して緩やかでも楽でもない山だよ、と話した。
だけどそれを登りきり、越えた先には、きっと素敵な景色、幸せな時間が待っている。
だってそこに向かって頑張っているんだもん。そうじゃなきゃイヤだ^^

そうして共に信じ、支え励まし合い、一歩一歩、歩んできた秋は、もうすぐ終わる。


望む未来はすぐそこ。大丈夫。心配ない。任せろ。きっと幸せにするからね。



category: 再開 - 絆のちゅぱろう編

thread: マタニティライフ - janre: 育児

tb: --   comment: 0

三度、謝罪文  



当ブログをご覧になる皆様へ。




先月、当ブログにて 第三子ちゅぱるん (仮名) が女の子と診断されたとご報告し、

その後、秋の夜の家族会議で 名前決め まで行なったというのに、

これがまた、知らずしらずの誤情報だったかも? という可能性が急浮上しました。

三度、この場をお借りして関係各位、皆様方に深くお詫び申し上げます。

本当に、申し訳ございませんでした。




我が子ちゅぱるんへ。

ねぇ、ちゅぱるん。君は女の子? それとも男の子なのかな?

先月の診断でも、先々月の診断でも、「9割がた女の子」 と言われていたのに、

ここにきて突然 「男の子でしょう」 だって! 隠れていたものが見えちゃったん?w

診断する先生が変わるたびに性別が変わるって…、どんなマジックなんよ^^;




よって、「ちゅぱるん」 という表記に変えたけれど、また 「ちゅぱろう」 復活か??

さすがは日向。出産直前まで粘って最後にタイガーショットを決める気だなw




あと3週間くらいってところまできているので、あとはもう天に任せよう♪

男の子でも、女の子でも、とにかく元気が一番!

どっちでもいいの。君が、我が家の大切な絆なのは、何も変わらないのだから。




おとさんは君に会えるのを、ずっと心待ちにしているよ^^





category: 再開 - 絆のちゅぱろう編

thread: 育児日記 - janre: 育児

tb: --   comment: 0

謝罪文、再び  



当ブログをご覧になる皆様へ。




先日、12月に出産を予定している 第三子ちゅぱろう (仮名) に関しまして、

これまで当ブログ内で数々の誤情報を流してしまっていたことが、発覚いたしました。

知らずとはいえ、全ては管理人であるこの私、おとさんの責任によるものです。

この場をお借りして関係各位、皆様方に深くお詫び申し上げます。

本当に、申し訳ございませんでした。




そして、我が子ちゅぱろうへ。

日向ちゅぱろうとか、今まで間違ったことばかり口走ってしまって、ごめんな。

おとさんもおかさんも、本当に知らなかったんだよ…




よって、「ちゅぱろう」 という表記は只今を持っで終了とさせていただきます。

短い間でしたが、ご愛読いただき、誠にありがとうございました。




なお、次回からはちゅぱろう改め、ちゅぱるん でお送りさせていただきますので、

今後とも宜しくお願い申し上げます (^^








三人目も女の子でしたw やったねー♪



category: 再開 - 絆のちゅぱろう編

thread: 育児日記 - janre: 育児

tb: --   comment: 0

日向ちゅぱろう  


我らが 日向ちゅぱろう。 標準的なサイズを維持しながら、すくすくと育っております。
おかさんのお腹、ぐーんと大きくなってきてるよ。ぐーーーん、と♪

現在、妊娠8ヶ月目に突入。もうそんなになるんだねぇ~^^

出産予定は12月中旬。現在、普通分娩か、帝王切開かを検討中。
希望の無痛分娩がなかったんよ~>< (ちゅぱみの時に無痛分娩でとっても楽でした)

今年の12月に生まれると、ちゅぱおとは13歳差、ちゅぱみとは11歳差になる。
ちょいと歳が離れている分、考えてあげることがたくさんあるね。

まず、自分たちがもう一度、新米パパ、新米ママ の意識で丁寧にいこう、という点。
子供をふたりも10歳まで育ててると、いい頃、慣れ が生じる。これが良くない。
ベテラン気取って知ったかぶるのが一番ダメ。そういう人、多いよね^^;
改めて学び直すことや、気を付けること、そうしたものを今のうちから頭に入れておこう。

上のふたりとは歳が離れているから、ある意味では ひとりっ子 のような感じにもなる。
お兄ちゃん、お姉ちゃんと、同じタイミングで学校に通えないからね。
当り前だけど、ランドセルを背負って並んで歩くことはない。そこも意識してあげなきゃね。
兄妹がいるのにそれって、やっぱり寂しいはず。他の子の兄妹とか憧れちゃうかな?

寂しさを感じさせない心くばり、いつも兄妹は一緒だよという想い。伝えることはたくさん。


そんな中、ちゅぱおはちゅぱおで、またちゅぱみはちゅぱみで、いろんな悩みを抱えている。
少々の失敗、思い違い、我儘、悪い行ない、で、親や先生、友達などに怒られることも…

人生なんて苦労の連続。そんなことは分かってる。失敗なんてあって当たり前。
でもね、人様に迷惑をかけちゃいけない。お調子に乗って迷惑をかけるなんて以ての外。

もしそうしてしまったときは、身勝手な主張を繰り返すのではなく、反省反省アンド反省。

その上で、ただ嘆いたり、文句を言ったり、ふてくされたり、しょげたりするのではなく、
悪かったところを認め、そこからどう切り替え、どう挽回し、どう認めてもらうか。
口ばっかりで100回謝ったところで、反省からの1回の行動にはかなわない。態度で示そう!

それこそ、マンガ 『キャプテン翼』 の翼くんの永遠のライバル、日向小次郎 のように、
何でも突破する直線的なドリブルと、ここぞで決める圧倒的なタイガーショットで、
自分の悪いところをふっ飛ばして諸問題をクリアーし、胸を張れる未来を切り開くんだ!

そういった意味では、これから生まれる日向ちゅぱろうに、突破力を授からせてもらう?w


…なーんてことを考えていたら、一昨日、突然おかさんの お腹の張り が強くなった。
え? 切迫早産?? なんて若干の懸念を抱きながら、急いで総合病院へ。

エコー診断や血液検査など、いろいろと見てもらい、早産や他の不安要素も無く一安心。
ちゅぱろうや、いくら突破力があっても、まだ早いぞ。 まだまだ寝てなさい♪

あれだね、おかさんがストレスを抱えるような状況は控えないとね^^;
おとさんですら、現在いろんなストレスと戦っているんだもん。お互い注意をしなきゃね~。
大丈夫。家族が同じ方向を向き、お互いを支え合えれば、きっと大丈夫。


乗り越えるべき山は見え、また乗り越える時期も分かっている。
あとは 一歩一歩、自分の足で着実に、しっかりと登って行くだけ。そして越えるだけ。
その先で待っているのは、必ず、なだらかで美しく、暖かく、幸せな景色さ^^


category: 再開 - 絆のちゅぱろう編

thread: 日々のつぶやき - janre: 育児

tb: --   comment: 0

ニヤニヤが止まらないw  


おかさんのお腹のお子 (やはり便宜上、ちゅぱろう と命名) の超音波検診に、
付き添ってみた。6ヶ月め、だね~♪

只今のサイズ、450gほど。おおよそミニペットボトルくらいの大きさなんかな?
だけど、エコー診断での映像を見ると、ちゃーんと人なんだよね^^
しかも、もにゅもにゅもにゅもにゅ動いてんのw
もーこれ、見てるだけでニヤニヤが止まんないわーーww
ずーっと見てても飽きない。ずーっと見ていたい、ずーーっと^∀^

なんと言うか、おかさんはお子の胎動でその存在、生命を直に感じているのだけれど、
おとさんはそれがない分、ちゅぱろうの生を分かってあげられないから、
ちゃーんともにゅもにゅと動いている、生きている姿 を見ると、本当に胸がこみ上げる。


もー早く出ておいでーーっっ!! (バカw


心臓その他臓器に異常なし、手も足もちゃんとしており、何の心配も無いそうです。
めっちゃ小っちゃいのに、頑張ってるんだね、ちゅぱろう^^

かつて、ちゅぱろうの愛称を冠した我が子 (ちゅぱみ) は、その当時 (妊娠5ヶ月め) 、
黄金の国ジパング奇跡の怪物と呼ばれたほどの逸材! → モンスターと呼ばれた男
…男って言うか、女だったんですけどねww

まぁ大きいと言ってもミニペットボトルくらいだったんでしょうけど…^^;

我が家の第三子 (現ちゅぱろう) は、ジャイアントベビーではなく標準的な大きさだそう。
それでもエコーで心臓がどくんどくんと拍動しているところを見ると、もー愛らしくて、
やっぱり、早く出ておいでと思っちゃうw

きっとこの子は、天から我が家をよく見て、その上で我が家に来たいと思ってくれたんだ。
「こんなお父さんのところがいい!」 と… (父親冥利に尽きます…TT

だったら、おとさん! 生まれる前からめっちゃ幸せにしてあげなきゃダメだろう!
今からおかさんのお腹に向けて叫んでおこう。 「大丈夫、おとさんに任せとけ」 ってw

…いや、実際には 「こんな優しいお母さんのところがいい」 だろうな♪
もしくは 「こんな電車好きのお兄ちゃん、漫画好きのお姉ちゃんがいい」 だったり?
だっておとさん、怒ったら鬼パパだからね、そりゃもー地獄の魔王パパだからねw


さて、次回。いよいよ性別が判明するっ!
孤高のイケメンストライカー日向ちゅぱろうは、本当に熱き血潮の男児なのかっ!
それともちゅぱみ同様、逆転錬成陣により 我が家最大のヒロインとなる女児なのかっ!

続報は、寝て待てっ!! (違う?


category: 再開 - 絆のちゅぱろう編

thread: パパの育児 - janre: 育児

tb: --   comment: 0

暑中お見舞い申し上げます  


お久しぶりですっ!! 去る3月31日に定期更新を終了してから、はや4ヶ月…
皆さんお元気でしたでしょうか? …ということで、


2017年、夏っ!  暑中お見舞い申し上げまーーすっ!!


今年の夏、始まってますね~♪ もちろん夏休みも、突入してますねぇ…^^;
手を焼くお子さんをお持ちのパパママ。毎年、夏休みは休みの無い戦いですよね~ww
我が家も例に漏れず、エネルギッシュにバトる毎日。

今年は初の 中学生のいる家庭。 いっちょまえに生意気言っちゃって、まぁ大変。

この春、いろいろありました。中学生になったちゅぱお、さっそく クラス委員長に立候補!
それに飽き足らず、4クラスある1学年の 学年代表 にも立候補!! (おいどうしたw

新入学時から、クラス委員長に学年代表って…、これはいずれ 生徒会長への布石か?

いきなり目立つ男。たしかに何でも前向きのやる気マンだが、こう出るとは思わなんだわ^^;
まぁ何でも経験か。うまくできなくて当たり前だから、体当たりで頑張っていこーぜ!

部活は、幼稚園時代からかれこれ8年も続けてきた水泳かな? → 水泳部に入らず…
毎年おとさんと各マラソン大会で鍛えてきたから、陸上かな? → 陸上部が存在せず…

そして、まったく未経験・未知数の 卓球部に入部!! そこにいくかーっ!!
おま、全部がサプライズじゃねーかww でも、それが我が子ちゅぱお。だから面白い^∀^


ちゅぱみは小学5年生に進級。最近、ポニーテールがお気に入り☆

そうそう、前から憧れていたそうで… 今年の運動会の応援団に入団!!
あれですよ、赤組と白組の応援合戦で、全校生徒の前でパフォーマンスするやつ。

スポ少では兄ちゅぱおが卒団したので、今年からはちゅぱみひとりで挑戦!
もちろん 68kmも歩く 地獄 真夏の徒歩合宿 もあるぞ! へこたれずにできる?

あと小学校の 運営委員会 にも参加。運営委員っていろいろ忙しいお偉いさんだよね?
兄も兄なら妹も妹で、どっちもチャレンジ精神旺盛^^ めいっぱい学生時代を謳歌せいや!

まぁそんな感じで、春から我が子たちは燃えに燃えております♪


0801報告01


さて、我が子の報告はこんなところで…、実は今回はこれだけではなくてですね…
とびっきり特大のご報告が…ww

なんと、今春3月末に当ブログを終了 (定期更新終了) した我が家ではございますが、
急転直下の展開で、この夏より ブログを再開 しようか、と考えている次第であります。

え?なんで??どしたの!?? と思われる方もいらっしゃることでしょう^^;

え~当ブログは 「育児ブログ枠」。…うん、その枠でのブログが必要になったのです♪
育児ブログをご利用の皆さんは、もうお分かりですよね?




はい、3人目の赤ちゃんを授かりました^^




0801報告02


いきおいで、母の日に 10年ぶり に たまごクラブ 買っちゃったww

4月末、仕事帰りに電話でその報告をおかさんから受け、おとさん、車内で号泣しました。
3人目についてはずっと前から考えてはいたけれど、おかさんの体調のこともあり、
もしかしたら望めないかも…と思っていたので、ふたりして悲願の懐妊だったのです。

それでもまだ妊娠検査薬での判断だったので、その後、産婦人科に伺い、正式に確定。
5月始めに、我が子たちに報告。ちゅぱみ、大泣きの大泣き喜びでした^^


新たに小さな命が我が家に来てくれたことがとても嬉しい。本当に本当にありがとうねv


現在は5ヶ月目に入り、先々週の土曜日。無事、戌の日の安産祈願 もしてきました。
いちお安定はしてきましたが、まだまだおかさんの体調が心配な時期。

ですが、かつてちゅぱおやちゅぱみの時は、おとさんがひとりフル回転でしたが、
今では 大きくなったちゅぱおとちゅぱみが、本当に頼りになる!
ちゅぱおは夕飯の支度ができるし、ちゅぱみはおかさんのサポートができる。

人手が必要な時に信頼のおける人手があるというのは、何者にも代えがたい安心感。
これから親子揃って、おかさんとこの小さな命を守っていきます!

んで、便宜上、ブログでは赤ちゃんをどう書き記して行こうかな…と、
これはまさか10年の時を超え、伝説のちゅぱろう 復活か? (懐かしいネタ だなw

まだ性別は判明していません。さんざんちゅぱろう呼びしておいて、
前回のちゅぱみのときのように 「実は女の子でした」 という可能性もあるでしょう…^^;
でも男の子でも女の子でも、どっちでもいいよね。とにかく元気であれば♪


以上、この夏のホットなご報告でした^^ 

それにしても ウルトラCクラスの奇跡の復活劇 になってしまいました。
ちゃんと綺麗に締めくくった育児ブログなのにねw (また12年続けるのか?w

あまり頻繁にブログの更新はできませんが、頑張って週一ぐらいはしようかと思います。
それではあらためまして、これからもヨロシクお願いしまーす!!



category: 再開 - 絆のちゅぱろう編

thread: 育児日記 - janre: 育児

tb: --   comment: 8

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー