ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

20歳の君へ  


我が息子、ちゅぱおが10歳になり、ひとつ大人になった。
あの指ばっかり咥えて甘えていた子が、ちゃんと10歳になれたことを心より嬉しく思う。

さて、この育児ブログ 「 ちゅぱお と ちゅぱみ 」 を更新するのも あと2年。
もとから “ちゅぱおが小学校を卒業するまで” と決めているので、小6 (12歳) で終了だ。
すると、当たり前のことだが、我が子が 「成人式」 を迎える頃には記事を書いていない。

この育児ブログはそもそも、自分らの若かりし頃の育児生活と、我が子の成長の記録を、
後々、大きくなった我が子と一緒に読み返すためにつけ始めたものだ。
その読み返すタイミングはいつか? 中学? 高校? やっぱり成人式を迎えた頃かな?

であれば、今から10年後の2025年、成人式を迎えた我が息子ちゅぱおのために、
今の年齢、今のおとさんの思いを、言葉にしてここに記しておこう。

我が娘ちゅぱみは今8歳だから、その頃は18歳。高3乙女まっしぐらだな。
それぞれ自分の考えを持ち、自分の意思で、自分の生き方を歩き出していることだろう。

もちろん家族は仲良くしていると思うけど、時には考え方の違いや衝突もあるだろうね。
だけど、おとさんが思っていることは 今も昔も変わらない。ずっと同じ考えでいるから^^

そんな 2025年のふたり に、2015年のおとさん からのメッセージ。


***********************************************************************


ちゅぱお…、いや息子よ。
今現在は2分の1成人式な君だが、そっちでは無事、立派に成人式を迎えたかな?
20歳になり、ちゃんとした大人の仲間入りをした今の感想はどうだい?

よく子供の頃は 「大人はいいなぁ~早くなりたいなぁ~」 って言ったりしたけれど、
大人は大人で大変だろ?w 子供のままでいたかったとか思ってないだろうな^^

恐らくおとさんの事だ、20歳になった君にもちゃんと聞いているだろうけど、
20歳になった抱負とか目標とか、目指していること、頑張っていることはあるかな?
何だってそうだけど、それ相応の努力が無ければ、簡単に願う目標なんて達成できないし、
望んでいるものは得られないよ。人生、失敗続きのときなんてザラにあるものだ。

もしかしたら今、何かしらの “人生の壁” にぶつかってはいないかい?
悩み迷い苦しいのに、答えが出せず、人にも言えず、ひとりでもがいてる…かもしれないね。
でも、決してヘコたれるなよ。自分に自信を持って、心は負けるなよ。

おとさんが思うに、贔屓ではなく、君は周りの子より “ひとつ先” が分かる子だと思う。
難しい漢字が読めるとか計算が早いとか、そういう一元的なものではない、
賢さ…かな? 知恵や知識、経験則からその場にあった言動・対応が他の子よりもできる。
もちろん偉ぶってひけらかすことじゃないぞw 能ある鷹はなんちゃら、だろ?^^

だから壁を乗り越える術は必ずある。もしも今は無かったとしても、きっと見つけられる。

それと君は、自分の “心のスイッチ” を切り返るのがとても上手だ。
どんなに嫌なことがあっても、怒られたりしても、すぐに気持ちを切り替えられる心の強さ。
あとにズルズル引かないで前を向けるその性格は、きっと君の財産になる。
明るい性格はそれだけで利点だ。殻に塞ぎ込むことのない、天性の良さ=才能だよ。

ね、だから君は大丈夫! どんな難局だってきっと乗り越えられるさ^^

それでも、もしダメになったら、深呼吸し、視点を変え、立ち位置を見直し、気持ちを改め、
出来なかったこと、出来なかった理由、まだ試していないこと、その中で出来ること、
そうしたものをひとつひとつ考えてごらん。思わぬところに糸口はあるものだ。

出来なかったことを 「出来なかった!」 と声高に叫び、嘆いても何も変わらない。
出来なかったことやダメだった現実を、ちゃんと自身で受けとめて、
そこから考えを “どうすればいいのか” に転じて行かないと、物事は前に進まない。

悪いことばかり、嫌なことばかりを指折り数えて、暗いため息をつくのではなく、
ちょっとしたことでもいいから、良いことや嬉しいこと、楽しいことを、指折り数えてみてみ。
ちゃんと気づいていないだけで、君の周りにはハピネスがいっぱいあるんだよ♪

そんな君はおとさんと一緒で、ひとつの事に熱中してハマりやすい性格だね。
あまりに熱を入れ過ぎて、他のものが見えなくなり、つい疎かになりやすいのも同じ^^;
熱を入れ過ぎるからこそ、それがうまくいかなかったときの反動は大きい。

でも、何かがうまくいかなかったからといって、身勝手に周りの人に当たっちゃダメだ。
そういうときこそ深呼吸して、冷静になってから、ちゃんと周りを見てごらん。

その失敗は君の人生の全てでなく、その苦悩は君の人生を左右することでも、なんでもない。
たとえどうしようもなく辛い出来事があっても、君の未来は動じない。それを忘れないで、ね。

別に失敗したっていいんだ。失敗から学ぶことは多いし、そこにこそ知恵が要求される。
やめることも選択肢のひとつ。それは恥でも罪でもない。前進するためにただ道を変えるだけ。
君にはたくさんの選択肢があり、道があり、無限に可能性があることを忘れるなよ。

うまくいってるときも、うまくいってないときも、することは同じ。足もとに気を付ける。
うまくいってるときは何かに足もとをすくわれて躓かないように注意し、
うまくいってないときは自分の行動の何がよくないのか、歩き方を見直してみるといいよ。

それと、君は物に固執するクセがある。男ならではの収集癖とはちょっと違い、
物に思い出を重ねて何でも大切にする…いや大切に保管しすぎると言った方が正しいかな^^;
それは優しくピュアな心を持っている証拠。別に悪いこととは思わないよ。
だけど程度により、時にそれが良くない方向に転がることもあるから、ほどほどになw

そして大人になったら、しっかり自分で責任を持たなければならない。自己責任の意識だ。
時には難しい選択もあるだろう。それでも、自分自身を信じて決断すればいい。
まじめに、正直に、誠実に、真摯に、そして筋を通す立派な男、立派な大人になってくれ。

10歳の君はまだまだ甘えんぼだけど、おとさんと一緒で、嘘が嫌いな立派な子だぞ♪

折に触れ、おとさんがいないときに我が家を守るのはちゅぱおだぞ、と教えてきた。
誰よりも大切な家族を力強く、また優しく守るのは、男の仕事。
君がおかさんや妹ちゅぱみの力となり、助けとなることで、おとさんも安心できるんだよ。

そのうち将来、君が心から守りたいと思う女性もできることだろう。
そのときは、それまでに培ってきたものをその大切な人に傾けてあげればいい^^
君はいい男だ。君を好きになった人はアタリだねw きっと明るく楽しく幸せな家庭になるよ。

大人になるにつれて、考え方の違いも生まれ、時には親子で意見の衝突だってあるだろう。
それでも、おとさんとおかさんはずっと君の一番の味方であり、変わらず大好きだ。
親として、立派に育った君を尊重しつつも、まだ伝えられることがあったら助言をしような。

いつまでも家族は一緒だし、お互いを想う心は常にひとつ。

そしておとさんは、我が息子と一緒にお酒を飲むのを楽しみにしているw
それと車で日本一周旅行だよな^^ 今はまだおとさんが運転で君はナビ役だけど、
いつかはちゅぱおが運転して、おとさんがナビ役で旅をしようぜ。

ちゅぱお、成人式、おめでとうな。


***********************************************************************


ちゅぱみは18歳か。
いよいよ高校も3年生。めいっぱい輝くような学校生活をエンジョイしているかな?^^

我が娘は照れ屋さんで泣き虫で少し消極的だけど、でも社交性はバツグンに高いし、
誰とでも友達になれるし、明るく優しいし、気遣いさんだし、努力家だし、運動力まである。
ちょっとしたスーパーガールなんじゃないかな、と思うけど、自分ではどうかな?w

礼儀正しく、素直な言動で、物事をうまく立ち回ることができるけれど、
世の中では気が利きすぎることで、逆に失敗することもあるから気を付けるんだよ。
そういったときは笑顔を忘れない。常に思いやりと笑顔が最大の武器だ^^

おとさんは男だから、年頃の女性の悩みはうまくアドバイスができないけれど、
恋愛にしても友達関係にしても、“我が強すぎる” のは角が立つ。
角が立つってことは他人とぶつかりやすいってことで、揉め事や悩み事の原因になる。

角ばってトゲトゲしい感じよりも、丸くてふわふわで優しい感じの方が良くない?
キャッチボールで考えてみて。どっちのボールを投げる人とキャッチボールをしたい?^^

相手の立場で考えるのは難しいけど、自分に置き換えて考えたら分かりそうだよね。

今、そうした悩みや問題を君が抱えているかどうかは分からないけれど、
学生時代ってのは何かとあるもんだ。良きにせよ悪しきにせよ、他人が干渉してくる。
うるさいなー!と思うときもある。分かってるって!と言いたいときもある。
そうしたときにこそ角を立てずに、まる~く収まるように心がけると、何かとうまくいくよ。

そんな君は、愛情深く家族のことをいつも一番に想っているね^^
おとさんもおかさんも、君には愛情をめいっぱい注いできた。不足しない様に、ねw
時に、いつか将来おとさんおかさんを失う事を恐れて、君は泣くことがある。
おとさんやおかさんが年齢や老いの話しをするたび、ぷんぷん怒る姿がとても愛らしい。

家族の大切さ、親への想い…、それが君の中でどれだけ大きいのかがよく分かるよ。
おとさんおかさんは、その気持ちだけで胸がいっぱい。ありがとうね^^

よく 「結婚するならおとさんみたいなしっかりしている人がいい」 と言ってくれたね。
何物にも代えがたい言葉であり、言われるたびにおとさんはいつも嬉しかった。

でも、世の中は広い。いろんな男性がいて、いろんな人生を歩んで生きてきており、
そうした中で、ひとつの縁があって君と出会う人もいるだろう。
おとさんなんかよりも、もっともっとしっかりした考えの男性なんていっぱいいる。

ただひとつ大事な点は、その人が君に対して “誠実であるかどうか” 。
君に対して素直で、君に対して正直で、君に対して偽りなくいてくれるかどうか。

おとさんは決して立派ではないし、何でも出来るわけでもない、むしろ不器用だ。
それでもおとさんが絶対履き違えないでいることは、自分にとって一番大事な人は誰か?
それはおかさんであり、ちゅぱおであり、ちゅぱみだ。

最近思う。おとさんは我が子の為なら命を賭けられる、と。
バカなことを言って…と言われるだろうけど、それだけ君たちが大事だってこと。
自分にとって何が大事か、誰が大事か、それを間違えちゃいけない。
だからこそおとさんは、我が家族に対して、筋を通して誠実に生きているつもりだ。

筋を通し、まじめに真摯に生きていれば、その言動は周りの人に認められる。
逆にいくらあれこれ言葉を並べても、筋が通らず不誠実であれば誰にも認められない。

信じる信じないは、語り手が決めることではなくて、聞き手 (受け手) が決めることだよ。
いくら 「信じてよ!」 と言ったところで、相手に不誠実なら信じてもらえない。
信頼とは、長く関わり培った歳月で形作られる。おいそれと生まれるものではないんだ。
そして、そうした信じられる相手と出会い育んでいく日々が、己の人生となる。

生きていく中で自分の選択眼をしっかり持っておかないと、へんな男に捕まるぞw

小学生の君は、大人になったらキャンピングカーを買って、
家族をキャンプに連れて行くのが夢、と語っている^^ とても楽しいキャンプだろうね。
おとさんは今のうちに君に “生きた経験” をいっぱいさせてあげようと思っている。
海に行くのも山に行くのも、四季折々にいろんなイベントをするのも、全部そのため。

何かで見聞きした知識をひけらかしたり、口ばっかりの頭でっかちな人間にならず、
自らがその場に足を運び、または自らが体験して学ぶことで、理解する。
それは君の発言力・行動力・判断力を高め、いろんな場面で選択肢を増やすはずだ。

「知っている」 ことと、「したことがある」 ことの差は大きい。
もちろんおとさんがしてあげられることなんて限りがあるけれど、でも、その中で、
出来る限りいろんなことをさせてあげようと思い、日々、君たちを育てている^^

いずれちゅぱみも大人になり、好きな人が出来て、結婚して家庭を築くだろう。
その中で、我が子に対して “一体どうしたらいいのか分からない” 瞬間が、きっと訪れる。
そうした時のために、今、いろんなことをたくさんしてあげているんだよ。
それを記憶の引き出しに仕舞い、いつか必要な時にそれらを出して行なえればそれでいい。
自分が子供の頃にしたこと、親と一緒に楽しんだこと、が、きっと助けてくれるよ。

引き出しの多さは人間力の深さ。大丈夫、可愛い上に聡明なお母さんになれるさ♪

父親としては、女の子は何かと心配。だからこそ、今、何かと口うるさいかもしれないw
それでもその根底には深い愛情があり、君の幸せしか考えていないことを、
それとな~く分かってなw おとさんもずっと仲良くできるように、努力するからね^^

進学、就職、いずれにしてもしっかりしている君だ。ちゃんと考えもあるだろう。
迷うことなく、自分が信じた道を歩みなさい。きっとうまくいくよ。


***********************************************************************


…書いてて思ったが、なんかこれ 遺言 みたいだなww
なんかやだなー、ちゃんとおとさん、2025年もバリバリに元気なんだろうなぁ~^^;

恐らく、10年後にこれを読んだちゅぱおとちゅぱみに、
「ちょ、何言ってんの?w」  「何こっぱずいこと書いちゃってんの?ww」 と、
言われているかもしれないなw いや、10年後の自分もそう言って笑っているだろうw

だけどね、これがさらに5年、10年と経ち、または君たちが結婚して家庭を持つと、
また 違った感じ に伝わるんだよ^^ 妙に心に響く言葉だったりするんだ。
おとさんも、自分の父さん (おじいちゃん) と同じように子供を持ち、同じ年齢になって、
いかに自分の父さんが凄かったのか、よく頑張っていたのかが、分かった。
やんちゃな男四人兄弟を、よく育ててくれたなぁ~と、あらためて両親を尊敬するよ。

今現在はちゅぱお10歳、ちゅぱみ8歳。まだまだ小学生時代、子供まっしぐらだが、
この子供の頃に得たもの、経験したことは、生涯の宝となってきっと君たちの力になる。
だから、今できること、子供の今でしかできないことを、めいっぱい楽しみなさい^^

おとさんとおかさんが、愛情いっぱいアメい~っぱい (もちろんムチもあるよw) で、
君たちを一人前の大人に育ててあげるからね。今からこれを読む10年後が楽しみだ♪



category: 育児 - 2025年の我が子へ

thread: 二人の成長&育児 - janre: 育児

tb: --   comment: 6

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー