ちゅぱお と ちゅぱみ - へっぽこ父さんの育児日記 -

愛すべき息子と娘のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

明るい未来へプラス!  


我が家の愛車 フリードハイブリッド。 実は先日のスキーが、最後の遠出ドライブでした。
はい、いろいろと検討を重ねた結果、初車検前に車の買い替え を決めたのです!

0226フリード01

フリード ハイブリッド / ジャストセレクション+ / 平成26年式 1.5 FF (DAA-GP3)


先代のフィットの8年間に比べたら、わずか3年という短い期間ではあったけれど、
おとさん実家への 年末年始1,000kmの帰省ドライブ に必要不可欠な存在だったフリード。
その年イチの長距離移動もあってか、3年間で走行距離は45,000kmに達していました^^

2014年の年末から3年連続、家族で本当に楽しいドライブ、楽しい時間を共有できたよ。
君と言う存在があってマイカー帰省に踏み切り、16時間のロングドライブが成立できたんだ。
夜ドラの歴史はフリードと共にあった。あのワクワクドキドキの長旅はずっと大切な宝物。

また子供たちは両面スライドドアや3列シート、2台の自転車を乗せてのサイクリングなど、
とっても実りある小学生時代を過ごさせてもらった^^ 全部フリードのおかげだよ。


愛車歴 / 2014年2月~2017年2月 3年間 (約1,100日) / 総走行距離45,145m

さよなら、そして、3年間ありがとう、フリードハイブリッド^^

0226フリード02

そして我が家は、もう一歩前進する。さらなる新しい我が家の時代を作るため…

2017年2月26日。 愛車フリードハイブリッドとさよならをし、同時に新車を 納車 しました。

0226フリード03

フリード+ (プラス) ハイブリッド / G・SENSING / 平成29年式 1.5 FF (DAA-GB7)


ボディカラーは我が家伝統の “薄いブルー” つまり水色w ブルーホライゾン・メタリック。
フィットから受け継がれてきた水色。フリード自体のイメージカラーでもあるよね。
でも同じ水色でも、今回のフリードプラスは先代フィットと二代目フリードのほぼ中間みたい。
二代目よりもビビットな色合いで、ちょっと濃いかな?…とも思ったけど、もう慣れたw

昨年10月にフリードの点検でホンダに伺った際に、初見学 → フリード+(プラス) 見学
なかなか良かったけれど、まだ初車検すらしてないし、まぁ数年後かなぁ~と思ってた。

でもその後、話をしていくと、車検後は下取り額が下がるが、今ならかなり高く下取れる?
下取り額で残債を完済できるし、長い付き合いだから新車値引きもめいっぱい頑張る?
各種オプションの希望も含め、毎月の支払額を変えないまま、新しいフリードに乗れる?

ホンダさん、頑張る頑張るw でも悪い話じゃないので熟慮を重ね、11月から12月へ…

で、いろんな思いを経て、年明け1月に決断。二代目のフリードを決めた時と同じ想い。
初心に還り、努力を怠らず、家庭を盤石に、力強く歩む! 新車は 明るい未来への象徴。

0226フリード04

これまでのフリードの全長が4,215mだったのに対し、フリードプラスの全長は4,295m。
ちょっとだけ伸びた (w) けれど、「This is サイコーに ちょうどいい Honda」 は健在なり。
フロントは二代目よりもマッシブな感じだね。なんか力強く、イケイケで濃いめの印象w

車番の4ケタは フリードと同じナンバー を希望。フィットから継がれる伝統のナンバー♪

そして、今回フリードプラスを選んだ最大の理由は、その 荷室の圧倒的な広さ。
二代目フリードの3列目シートは、常時折り畳んで、席として利用することはほぼ無かった。
だったらフリードスパイクという選択肢もあったんだけど…、ボディーカラーがね^^;

フリードプラスは3列目を排除し、大空間を確保。さらに2列目がフラットに畳まれることで、
もうなんか 寝れるw キャンプ好きの我が家に沿った、車中泊も可のクルマなのである。
きっと、よりアクティブに新しい体験ができ、ステキな時間を演出してくれるだろう^^

中学入学を迎える今年。新しい車での新しい時代。プラスになることを増やしていこうぜ!


納車時、二代目フリード三代目フリードプラス を並べての 最初で最後の記念撮影。

0226フリード05

二代目、今までありがとうね、楽しかったよ♪ そして弟、三代目! これから宜しくね^^

ちゅぱおとふたり。 「三代目だね」  「うん、三代目って響きがイイ。三代目JSBみたいw」
「だったら 「J」 じゃないだろ。フィットやフリードの魂を受け継いでいるから 「F」 だなw」
「三代目 F Soul Brothers! やべぇーーキタコレ!!w」

期せずして、ここに 『三代目 F Soul Brothers』 爆誕ww



スポンサーサイト

category: 育児 - 愛すべき my CAR

thread: ある日のできごと - janre: 育児

tb: --   comment: 2

フリード+(プラス) 見学  


愛車フリードハイブリッドのオイル点検 (安全点検) にかこつけて、NEWフリードを見学♪
ちなみに同行者はちゅぱお。デジカメで撮影する気満々でやってきたw (撮影:ちゅぱお

1010ホンダ01

気になっているのは7人乗りが可能なフリードではなく、5人乗りのフリード+(プラス) の方。
今乗ってるフリードも、結局3列目はほぼ使わないで畳んでいるので、そこの使い方だよね。

1010ホンダ02

2列目がべったりと畳まれ、フルフラットになれる! これまでのフリードにはなかったカタチ。
実際に見てみるとイイね~。コレ、うちだと年末年始のロングドライブに活用できそうだわ^^

1010ホンダ03

ラゲッジスペースが縦に伸びて、すんごく長いw 寝床の下にこれだけの空間を作るとは!
ここに荷物を突っ込めば、上に布団を敷いて寝れるわ。車中泊ラクショーだわ。憧れるわ。

1010ホンダ04

点検だっただけで別に買い替えるわけではないw でも、新しいのを見ちゃうと乗りたくなる。
パンフも貰ってきたが、フリード+は我が家の理想のクルマに限りなく近くてとても良かった。

1010ホンダ05

現在フリードの走行距離は約38,000km。前のフィットの時は10万km直前で買い換えたから、
今回も同じくらいが目安かな? でも以前より年末年始の帰省ですごく距離稼いじゃうなw

1010ホンダ06

新車を商談したわけでもないのに、NEWフリードのおまけを貰っちゃった^^ (しかも2個も
いずれ買い替える時はフリード+ (か、その後継車) が最有力でしょう。楽しい未来です☆


category: 育児 - 愛すべき my CAR

thread: ある日のできごと - janre: 育児

tb: --   comment: 0

フリード、納車!  


2014年2月28日。 我が家の愛車フィットとさよならをし、同時に新車を 納車 しました。

0228納車01

フリード ハイブリッド / ジャストセレクション+ / 平成26年式 1.5 FF (DAA-GP3)


ボディカラーはやはり原色ではなく “薄いブルー” プレミアムブルーオパール・メタリック。
フィットのイメージカラーを踏襲し、我が家にはやっぱりこのくらいの色合いがいい^^
同じ薄いブルーでも、フィットは緑系に寄り、フリードは赤系に寄った感じ。群青色っぽい。
(※納車時間が仕事上がりだったので暗いですね^^; 色わかりづらくてすいませんw)

フィットが、8年間愛用して走行距離が99,000mを越えたことが大きいけど、それ以外にも、
法定12ヶ月点検の予定がこの3月だったり、消費税8%の導入が目前に迫っていること、
また子供たちがこれから小学校高学年、そして中学・高校と育っていく成長期であることや、
結婚11年目を迎えたからこそ、我が家はもう一歩、前進していかなければならないこと…
そういったいろんな要因・思いが、おとさんを 車の買い替え に踏み切らせた。

初心に還り、努力を怠らず、家庭を盤石に、力強く歩む! 新車は 明るい未来への象徴。


次はフリードか、フリードスパイクか、ステップワゴンか…と、その辺りに絞っていたけど、
実際にディーラーで試乗・検討・交渉したのは フリード ハイブリッド でした。
なぜハイブリッドか? それはこのボディカラーが “ハイブリッド専用” だったからですw

これまでのフィットの全長が3,845mだったのに対し、フリードの全長は4,215m。
絶妙な車輌サイズのミニバン。まさしく 「This is サイコーに ちょうどいい Honda」 だね。
フロント…というか顔がカッコ良すぎ! 見れば見るほど惚れ込む美しいスタイリング☆
そして憧れの両面スライドドア。子供たち狂喜乱舞の両面スライドドアww

車番の4ケタは フィットと同じナンバー を希望しました。フィットの心を受け継ぐのだー♪

ハイブリッド車、いわゆる巷で噂の エコカー という新時代な車に突入したわけですが、
はたして本当にエコれるのか? こやつの燃料は電気かガソリンか未知のエネルギーか?


そんな納車時、兄フィット弟フリード での、新旧の愛車が揃った 最初で最後の撮影。

0228納車02

納車直前に、フィットの自分たちの席だった場所のドアガラスを、自分たちで拭いてあげた。
何度そのドアから乗り降りし、何度そのガラスからいろんな景色を眺めたことか。
そしておとさんはフロントガラス、ちゅぱおはリアガラスも丹念に拭きあげてあげました。

別に大したことじゃないけれど、でも 「今までありがとう」 の感謝の気持ちを込めて…

0228納車03

ちゅぱみは、泣きました。 「これでもうフィットとばいばいなんて…、イヤだよぉ…TT」
大好きなフィットとのお別れが悲しくて、寂しくて、泣いちゃいました。
うん、モノには心がある。フィットにも心があり、だからこそ簡単にさよならなんてできない。

おとさんも思わずもらい泣きしそうになるという…、大人はしっかりせーや! 状態^^;
だって、思い入れが強いんだもん。長年連れ添ってきた分、情が移ってるんだもん><

だけど、自分の心にも言い聞かせながら、泣いているちゅぱみに伝えた。
「いつまでもフィットって言っていたら、新しく家族になったフリードが困っちゃうよ^^」
フィットより大きな体だけど、ちゅぱおとちゅぱみの一番下の弟でもあるんだから。
我が家にやってきた弟くんを気持ちよく迎え入れてあげないと、フリードも悲しんじゃうぞ。

ちゅぱおは、さすがに泣きはしないものの、フィットとの別れを惜しむかのように、
自分のデジカメでフィットを何枚も何枚も撮影していました。
その気持ちよーく分かるよ^^ 写真としてでもいいから、たくさん残しておきたいもんね。
おとさんも一緒に撮りまくりでした。ディーラーの人を待たせてたって平気さw


フィットを大好きだった分、これからはフリードをめいっぱい好きになってあげようね^^
その気持ちは無駄じゃない。愛車になったフリードは、きっと素敵なドライブを演出するよ。
これから 新5人家族 で、いっぱいいっぱいお出かけしようね、フリードくん♪


そんな納車後は、フィットへの感謝の気持ちと、フリードへのいらっしゃいの歓迎を込めて、
回るお寿司でお祝いしました~^^  …ちょ、食べすぎじゃね?ww

0228納車04

でも、ふたりにいつもの笑顔が戻ったww  お寿司とっても美味しかったね^^



category: 育児 - 愛すべき my CAR

thread: ある日のできごと - janre: 育児

tb: --   comment: 4

さよならフィット  


2月最後の日曜日に家族でお出かけをした。行き先は8年前の あの場所。
愛車フィットで “初ドライブ” をしたルート。最初の目的地に決めた、初春の日本海。

そこは初心に還る場所。そして、これが 家族とフィットとの、最後のドライブ。

0228フィット01

どんなドライブにしようか考えたけれど、行き先だけは最初から決まっていた。
他に選択肢は無い。我が家のフィットにとって、ここ以外に相応しい場所など無いのだから。

8年前、ちゅぱおは1歳3ヶ月。まだ幼すぎて、断片的ですらも記憶には残っていないだろう。
過去のアルバムを眺めながら 「初めて行ったとこって? どこ? どの写真??」
と、さっぱりきっぱりワカラン状態だったw まぁ何だって最初は分からないもんさ^^

でも、だからこそ、9歳になった今、我が過去を遡り 同じ道を辿らせてみる のも面白い♪
同じ道…というか、同じ場所で同じポーズだけどねww

0228フィット02

0228フィット03

どう? 前回の記事 (8年前の写真) と見比べて、経過した時の重さを感じますか?w
観光地なので人が多く、わりと撮影するタイミングが難しかった^^; 奥のフィット見える?

まだ肌寒く荒れる日本海を怖がり、また海風に吹かれてぎゃーぎゃーうるさい鳥を恐れ、
大べそかきっかきだったちゅぱお。道の駅の駐車場でよたよたと歩いた、我が家の長男^^

あれから8年、おとさんとおかさんが愛情深く育ててきたちゅぱおは、今はこんな感じww

0228フィット04-2

おいお前、いい加減にしろよなwww
何度、「8年前の自分との比較写真なんだから、海を怖がる顔して~」 と言っても、
調子にノって白目をむきやがるww 一度スイッチが入ったらもうダメ。笑いっぱなし^^;

でも、あの当時、海を怖がってぎゃんぎゃん泣く我が子を抱き上げて、
「まだまだだろうけど、海を好きになって欲しいね~^^」 なんて夫婦で話したけれど、
今では夏になると、ちょっとした強い波でも恐れず、ざぶざぶと海に入る子になったわw

強く大きくなったね、ちゅぱお^^

あれからずっとずっと一緒で、本当に大好きだった青ブーブー。青フィット。
そのフィットとの別れで、ちゅぱおの心に去来する思いは、一体どんな感じなのだろうか…

ドライブ中に、助手席にちゅぱおを座らせ、運転中のおとさんのハンドルに手を添えさせた。
軽く走っているようで、ずっしり重たいハンドリング。フィットの挙動を強く感じただろう。
「え、いいの!? 握っていいの?」 と驚いてたけど、すっごい嬉しそうな顔をしてたw

まだ9歳、小学3年生。車の運転はあと10年くらい経たないと出来ないけれど、
走ってる車のハンドルを君が初めて握ったのは、我が家の初の愛車、大好きなフィットだよ^^
自分に自信を持つのが苦手な子だけど、でも、こうしたひとつひとつの体験で、
自分に自信を持ってほしいと願う。 大丈夫、君には何だってできる力があるんだから!


そして、8年前はまだおかさんの “お腹の中” で、生まれていなかったちゅぱみ。
だけどちゅぱおに負けないくらい、フィットにはたくさ~んの思い出があり、大好きだ☆

0228フィット05

ちゅぱみは、今回の最後のドライブを決めた時や、その前日に用意をしている時、
「ばいばいするのは寂しいけどさ、最後のドライブ、フィット喜ぶだろうねぇ~^^」
と言っていた^^ うん、その感性はとてもとてもステキだと思うよ♪

よく “モノには心がある” と伝えている。だからモノは大事にしなきゃね、と教えている。
フィットは車だ。だけど ただの車じゃない。 一緒に走れば喜ぶし、別れは悲しむのだ。

道中、フィットが我が家にやってきた時は、まだちゅぱみの生まれる前だったという話から、
「ちゅぱみにとってフィットは、実はお兄ちゃんだったんだね~^^」 と語ると、
「じゃあ、僕にとっては弟だ! 次男だ」  「え、お兄ちゃんはふたりだったの?w」
なんて話になった。車も家族の一員。どこに行くにも一緒で、たくさんの思い出を紡いできた。

我が子たちの心にも、きっと強く色濃く鮮やかな思い出として、ずっとずっと残るだろう。


そんな最後のドライブは、いろいろと 席替え を楽しんだ。運転をおかさんに代わってもらい、
まず運転席の後ろ (ちゅぱおの席) に座って、ちゅぱおは助手席に移動してドライブ。
次に助手席の後ろ (ちゅぱみの席) に座り、ちゅぱみは助手席、ちゅぱおはおとさんの隣り。
どちらも10分程度しか走っていないけど、子供たちのいつもの視点を堪能できてよかった^^

そして運転席に戻り、助手席にちゅぱお。先ほど上に書いた 男の運転講座タイム。
すると、後部席ではおかさんとちゅぱみが 秘密の女子会トークw どっちも楽しかったね。


まだ2月だけれど春のような暖かな陽気に恵まれ、どこまでも広がる 空と海のブルー が、
“我が子” フィットのようで、とても美しく気持ちの良い、最後のドライブとなりました^^

0228フィット06

愛車歴 / 2006年3月~2014年2月 8年間 (約2,900日) / 総走行距離99,265m

さよなら、そして、今まで心からありがとうね、フィット^^

0228フィット07



category: 育児 - 愛すべき my CAR

thread: 家族でお出かけ - janre: 育児

tb: --   comment: 4

愛車  


2006年 (平成18年) 春、3月。それは我が家に フィット がやってきた、記念すべき春。

0222フィット01

ホンダ フィット / 平成18年式 1.5W FF (DBA-GD3) クリスタルアクア・メタリック


夫婦揃ってホンダ車好きだったので、マーチやヴィッツに心を奪われず、フィットを愛車に。
ボディカラーは白や黒といった定番色ではなく、水色。 おとさんもおかさんもこれは揃って即決。
飽きのこない色合い。ちょっとした個性の主張。そして何よりも、圧倒的な爽快さ。

新婚であり、長男出産の後、新天地に引越し…、そうした “人生の岐路” に立つ我が家にとって、
可能性が無限に広がる空や海のようで、かつ、くどくなく爽やかに主張する水色の車体が、
きっと 潜在的に適している と思ったのかもしれない^^ 結婚式を挙げた場所も 沖縄 だしねw


フィットは乗り物大好きのちゅぱおにも気に入られ、ぶーぶー、青ブーブー、青フィット
と呼ばれ愛され続けてきた。そんな我が家の、我が家族の、初めての愛車。
時に、ちゅぱおは 1歳3ヶ月 のちびっこ。ちゅぱみに到っては おかさんのお腹の中 でしたv

最初に家族3人で “初ドライブ” をしたルート。最初の目的地に決めた、初春の日本海。

0222フィット02

0222フィット03

0222フィット04

フィットの快適さ、日本海の荒々しさ、家族3人の時間、そしてまだまだ海を怖がるちゅぱお^^
そのどれもがつい先日のように蘇る。それがフィットとの始まりのエピソード。
それからというもの、我が家の青フィットは幼いちゅぱおにとって、たまらなく憧れる存在だった。

「ほんとは青じゃなくて水色だよね~」 と言ったのは、ちゅぱおが幼稚園児になってから。
黄緑色、橙色、灰色…、さまざまな色を覚えていく過程で、我が家の車が 水色 だと知った。


以降、愛車フィットは、平日はおとさんの通勤の足として、共に毎日休まず軽快に走ってくれた。
おとさんの “唯一” と言っていい 個人の時間 である、通勤タイム。
時には好きな曲を流し、時には静かに耳を傾け、さまざまな苦労や苦悩を、全部包んでくれた。

個人であって個人じゃなく、孤独であって孤独じゃない。常にずっと傍にいてくれた存在。

また休日は、お出かけ大好き! の我が家。西に東に、海に山に、家族とその笑顔を運び、
いくつも季節を越えて、ナビには溢れんばかりに四季折々の目的地と 思い出 が記録された。
公園、キャンプ場、ビーチ、温泉宿など…、どれも幼い我が子たちと楽しんだ場所ばかり^^

我が家はこの愛車に、どれだけ癒されたのだろうか。 どれだけ育てられたのだろうか…

0222フィット05

0222フィット06

0222フィット07

時にはぶつけたり傷つけたこともあった。時にはパンクに困らされたこともあった。
ちゅぱみが生まれたときに迎えに行ったのも、 『赤ちゃんが乗っています』 を付けて走ったのも、
ベビーシートやチャイルドシートを装着したのも、結婚5周年そして10周年を駆け抜けたのも、
我が家に寄り、家族を見守り、どこへでも連れて行ってくれたのも、このフィットだった。


相棒であり、友であり、我が子であり、5人目の家族であった、我が家の愛車。


いろんな事情を踏まえ、子供の成長や家庭の在り方など、この先の10年を視野に入れて検討し、
出逢ってから満8年。この春、我が家はフィットと別れることにした。 フィットからの卒業だ。




つづく



category: 育児 - 愛すべき my CAR

thread: ある日のできごと - janre: 育児

tb: --   comment: 0

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。