ちゅぱお と ちゅぱみ と ちゅぱろう - へっぽこ父さんの育児日記 -

0歳児くんと兄妹のわんぱく日記。 でも、稀に趣味日記も書きますよ^^

保育園とかウイルスとか  


ちょっとワケあって、今月、保育園にお世話になることになった、我らが次男ちゅぱろう。
生後7ヶ月目で、いきなり 人生初の保育園ライフが始まった!

前から予定していたわけじゃなく、突発的だったにも関わらず、市役所の学童課を通して、
すんなりと預かってくれる話しが進んだことは、本当に良かった^^

今回おとさん、初めて 「保育園」 という場所を訪れた。
ちゅぱおの幼稚園入園の時とは違い、園にいる子が圧倒的に小さい^^ (当たり前だね)
1歳児未満の子はちゅぱろうと、あと2~3人くらい。
他に1~3歳くらいの子が20人はいたかな? 教室は2クラスのようだったので、40人前後?

幼稚園とは違い、お部屋には ベビーベッドが並んで置いてありました^^

園には、赤ちゃん布団とおむつ数枚、それと着替え用の服を持ってくるように言われ、
ミルクや離乳食などは、全て園の方で用意するということでした。そういう感じなのね~♪

さて初日、2日目あたりは問題なく、園では積極的に離乳食を食べているとかw 強い子w
…が、3日目にして問題発生! なんとちゅぱろう 発熱 で園をお休みに。

ちゅぱろう、熱が39℃まで上がる! 初めての発熱、小児科で 突発性発疹 との事><

突発性発疹に関しては、初めての我が子ちゅぱおが生後8ヶ月くらいの時にかかり、
その時に新米パパなりに、いろいろ調べて学んだものだ。無知は罪なり!

生後6ヶ月くらいから、母親からの免疫が切れたところでかかる、初めての熱病。
「神様がくれた教科書」 とも言われ、赤ちゃんはもちろん、新米パパママも一緒になって、
数日かけて、赤ちゃんの病気、容態、仕草、サインなどを学ぶのである。

熱があっても機嫌は良い。でもそれに騙されず、ちゃんとお熱を測り、様子を見てあげるの。

初めての保育園に、初めての発熱、初めての小児科預かり。と、忙しいちゅぱろう。
なので、週末はのんびりまったりとリラックスさせてあげましょうね^^


…といった対応で一旦は落ち着いたが、数日後、再び38℃を超える熱に冒されるちゅぱろう。
しかも今回は 鼻水 のオプション付き。どちらも目に見えて酷い様子。
そして再び保育園を休んで小児科へ。そこで判明したのは、RSウイルス感染症。

RSウイルス感染症
飛沫感染もしくは接触感染から体内へと侵入する、呼吸器の感染症。
生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の乳幼児が感染すると言われている。

2~8日の潜伏期間を経て発熱、咳や鼻水などの上気道症状が起こり、
次いで数日の後に、感染が下気道に及ぶと、喘鳴や多呼吸などの症状が現れる。

初めて感染する乳幼児の約7割は軽症で、数日のうちに軽快するが、約3割は咳が悪化し、
呼吸困難により細気管支炎、肺炎へと進展することあるので注意が必要。

しかし現在このRSウイルスには有効な抗ウイルス剤がなく、まず適切な水分補給などの、
対症治療 (症状をやわらげる) を行い、保湿を意識しながら安静に過ごす。
もしも重症化した場合には、補液 (点滴) や、酸素投与による呼吸の管理しかないそうだ。

感染力が非常に高く、一方では免疫のでき方が弱いために、繰り返して感染しやすい。
ただし回数が増えるほど軽くなり、2歳以上では 「鼻かぜ」 程度で済むとの事。


ふむふむ、大事なのは乳幼児の初回感染だな。この対応をちゃんとしなければ、だ。
きっと最初の発熱の時点でコイツに感染していたのだろう…、経路としては保育園、かな?
でも不特定多数の子が集まる場所は、往々にしてそういうものが付いてくる。

それにしてもほぼ100%の乳幼児がかかる感染症…、ちゅぱおやちゅぱみもあったっけ?
突発性発疹、ロタウイルス、ヘルパンギーナ、水疱瘡、インフルエンザ、嘔吐下痢症など、
いろいろかかってきたけど、RSウイルスは、記憶にも記録にも無いなぁ~^^;

これまでにない熱や咳や鼻に大変なちゅぱろうを、少しでも早くラクにしてあげたい!
それと 下痢による脱水も怖いので注意。水分補給は入念に。
現在、ミルクを飲んだ直後から下痢。小児科から量を減らして回数を増やすよう言われた。
菌を含んだ下痢が続き、お尻は真っ赤っか。ほんと痛々しいほどのお尻ちゃん…

とにかく飲み薬 (こな薬)、塗り薬、解熱剤など、処方されたものを駆使して、
家族一丸となって、ちゅぱろうをサポートしていきます! がんばれちびっ子、ちゅぱろう。

0720ちゅぱろう



category: 再開 - 絆のちゅぱろう編

thread: 病気 - janre: 育児

tb: --   comment: 0

夏至の夜の波  


夏至の夜。 とても穏やかで過ごしやすいので、今宵はキャンプテーブルとイスをくり出し、
我が家恒例、バルコニーでのディナータイム。そして、その流れで今年も キャンドルナイト~☆
家中の全ての電気を消し、幻想的なキャンドルのともし火だけで、まったり過ごそう。

バルコニーに流れる音楽はジャズ。ちょっと大人なオシャレBGMで、いい雰囲気を演出♪

なんか、どこぞの南国の夜のレストラン (のオープンテラス) 風? で気分もサイコー!
さらにここがビーチサイドで波音など聞こえちゃったりしたら、もうトリップしちゃうところだけど、
生憎、町の中。バルコニーの向こうは家屋、マンション、ビルandビル…の、その先に港w

0622キャンドル01

さーて、我が家の夏至の夜のスイーツは、マシュマロを竹串で刺し、キャンドルの火で炙って、
アイスクリームにディップして食べる、なんちゃってフローズンスモア風アイスフォンデュ。

手間何もなし。ただお皿にマシュマロを盛り、ただアイスを盛り、ただ炙ってつけるだけ。
本気でお手軽なんだけど、この雰囲気によって 何だか高級スイーツを食べてる錯覚ww
子供たちも我先にと喜んで食べてくれるので、嬉しい限りです^^

おとさん&ちゅぱおの皿よりも、おかさん&ちゅぱみの皿の方が減りが早い!
ちゅぱみ曰く、「女子の方ががっついてる! これが肉食系女子かw」 それは違うだろ。

0622キャンドル02

最近、ばたばたしてお疲れだった家族。おとさんも 胃カメラ なんか飲まされちゃって、
幸い悪性のものではなくひと安心。心労祟ったけど、まぁいい時もあれば悪い時もあるさ^^;

誰の体にも心にも波がある。良い時の波、または悪い時の波。人はいつも揺れ動いている。
でもね、アクの強い悪い波にばかり心を囚われないように、ね。

それは基本じゃないから。標準じゃないから。普通じゃないから。いつもじゃないから。
その波は決して自分の人生、全てを決定づけるものなんかじゃない。きっと必ず良い波が来る。
だから慌てずに、じっくりまったり一歩ずつ、波を乗り越えていこう^^



category: 再開 - その後 (恒例イベ)

thread: 行事・イベント - janre: 育児

tb: --   comment: 0

ベビーサインを始める  


ベビーサイン。 それは、まだうまく喋ることができない赤ちゃんと 「お話し」 をする育児法。
思っていることを手話やジェスチャーで伝えてコミュニケーションをとろう! というもの。

ちゅぱおやちゅぱみを育てている時も、そういうものがあることは少し知っていたのですが、
我が家では実践には至らなかった。でも、同時期の育児ブログでしている人はいましたね。

赤ちゃんとの普段の生活、普段の話し掛けに、ジェスチャーを加えて、意思の疎通を図る…
でもこれって、実は誰もが知らずしらずのうちにしていたりするんですよね。
いただきますの時に手を合わせる、お礼を言う時に頭を下げる、バイバイの時に手を振る。
そういったことは自然としていて、簡単なことならみんな普通にやっているものです。

それをもっと発展させ、もっとサインの数を増やし、もっと思っていることを伝え合えたら…
それがベビーサイン。まだ喋れない赤ちゃんと 手でおしゃべり ができたら、きっと楽しいね^^


だもんで、我がちゅぱ家。いよいよ魅惑の ベビーサインに着手するっ!!


日本ベビーサイン教会によると、生後6ヶ月頃から 始めるのがサインの適齢時期だそうで、
ちゅぱろう、ちょうど生まれて6ヶ月。ドンピシャど真ん中ストライクのピッタシ男!
そう、ちゅぱろうは満適齢期なのだ! 時は来たっ! いざコミュニケーションの大海原へ!

まずちゅぱろうの日常で優先事項を考えると、基本中の基本であり、毎日の絶対回数が多い、
「ミルク」 が圧倒的に最上位だ。 これはもう他の追随を許さない、神の領域。
我が家のちゅぱろうは 完全ミルク育児。 3~4時間おきに飲ませるので必須事項だ。

流れで、「もっと、もう一回」 のサインや、「おいしいね」 のサインなども考えてはいるが、
最初からあれこれやっても分からなくなるので、まずはこのミルクを優先して覚えさせていこう。

で、そのミルクのベビーサインは、
片方の手で 「グー」 と 「パー」 をゆっくりと繰り返す (グー、パー、グー、パー)

これは簡単! ミルクを飲ませる前に必ずこのサインを見せて、それから飲ませればいい。
おとさんだけじゃなく、おかさん、ちゅぱお、ちゅぱみにもこのサインを覚えさせ、実践させる。

赤ちゃんがサインを覚え、実際にしてくれるようになるまでは 3ヶ月ほど かかるそうなので、
成果が出てくるのは秋の始め頃かな? まぁのんびり気長に教えていこー♪


そんなちゅぱろう。寝返りができるようになった …のだが、柔らかなベッド上ではできても、
和室に移動して畳の上に毛布を敷いてやらせると、途端にできず大癇癪^^;
こちらもじっくり頑張っていきましょう。何だって慌てちゃダメ。焦らずのんびりと、だね~。

0615寝返り



category: 再開 - 絆のちゅぱろう編

thread: 育児日記 - janre: 育児

tb: --   comment: 0

最近のできごと (新着)

全記事のカテゴリー分け

2007年1月 ~ 現在まで

ちゅぱ家ブログカレンダー